人気ブログランキング |

<   2005年 02月 ( 33 )   > この月の画像一覧

自分自身の興味範囲を広げる努力

sanonosa さんのこちらトラバ元も共感を覚えましたが、sanonosa さんの

== 一部抜粋 ==常日頃より自分自身の興味範囲を広げる努力をしていないと井の中の蛙になってしまいます。
== ここまで ==

というのは、よくわかります。

4,5年前までは、IT系の書籍ばっかり読んでいて、なんとなくこのままではいけないなぁと、ふと気づき、その後はビジネス系の書籍を読むようになり、ここ1,2年は仕事に直接関係ないような本(農家で禁止農薬を使ってしまった事件の背景について書かれている本やら、国際情勢関連、若年層の失業問題などなど)読むようにしてから、どんどん興味の範囲が広がり、「知る喜び」というのを実感しています。
by h5y1m141 | 2005-02-10 14:06 | 業界動向

路上工事検索

東京23区内の国が管理する国道上の工事のみを対象にした、不人気投票の結果がこちらのページの下のほうにある不人気投票結果へのボタンからみることができます。

「不人気投票の声って、結局そのまま放置されて、その後の対応って何もおこさないんじゃないの?」と思ったのですが、こちらを見る限りでは、工事実施方法等の改善を工事実施者に要請したらしい。できればどのような不満があったのかと、その不満に対しての改善要請も公開すればよいのに・・・

おまけ
「路上工事Gメン」っていうと、なんだかものすごく胡散臭い人を想像してしまう。(路上工事Gメンやられている方、ごめんなさい)
by h5y1m141 | 2005-02-09 12:54

どんな言葉が使われているのか

やっとヌーベルブログ再開した。そして、「政治を知るためにITができること」というエントリの中で紹介されていたこちらのサイトでは、スピーチの中でどのような言葉がよく使われているのかというのを知ることができるようである。

これを読んでいて、なんか似たようなことを最近テレビで見たなぁと思って一生懸命思い出したら・・・バク天の「「金田一少年の事件簿」全27巻中どの単語が一番多いか数えてみました。だった。いい歳して、これを思い出すのに一生懸命頭をつかって、ちょっと情けない・・

P.S.
バク天にたまにでてくる芸人の猫ひろしはかなーり下らなく、訳わかんないネタのオンパレードで、一押しです。猫ひろしのネタはこちらで見れます
by h5y1m141 | 2005-02-08 23:11

手抜き中

転職活動をしていてちょっと精神的な疲労が蓄積していたみたいで、あんまり料理作る気にならなかったので金曜日の夜はうちの奥さんと近所のお蕎麦屋で、軽くつまみながら、日本酒を飲み、最後に蕎麦でしめて帰り、翌日の夜はオムライスと海老入りマカロニグラタンを半分づつ食べて最後に自家製プリンを近所の洋食屋さんで食べていたりしたので、週末はほとんど料理しなかった。

まぁたまには、手抜きするのもいいなぁと思った。
by h5y1m141 | 2005-02-08 22:51 | 読書メモ

内定ゲット

ここでチラッと触れたけど、IT系の方を対象としたキャリアカウンセラーへの転職を志して一次、二次、三次と面接を受けていたけど、本日人事の方から内定の案内をもらった!!やったー!

一応、大学では心理学専攻だったけど、カウンセリングと名のつくものにまったく興味もなかったし、大学出てからのPCオペレーター→DTPオペレーター→社内ヘルプデスク→ネットワークエンジニア→ネットワーク系のプロジェクトマネージャーというキャリアーを振り返るとまさか、そういう道を志すとは夢にも思わなかったので、なんだかちょっと不思議。(というか心理学科出てからIT系の仕事をしている時点でかなり不思議だったりするのだけど)

後はいつから新しい会社で働くのかという日程面の調整が必要。

でも、それ以前に手を付けないといけないのは、うちの営業を通じて東○のIS部門の方が、「xxx(うちの会社)さんのPC運用管理をどのようにしているのか、参考までにお伺いさせてほしい」というリクエストを受けたので、東○のIS部門の方にするプレゼンの資料作り。

(ものすごく緊張しそうだけど)一度よその会社にいって、プレゼンしたかったので辞める前にこの機会をもらえてちょっと感謝
by h5y1m141 | 2005-02-08 22:38

PSPで動画を見る方法

うちには無いのであんまり意味無いけど、こちらでPSPで動画をみる方法が書いてあったのでメモ
by h5y1m141 | 2005-02-08 14:49 | メモ

「優れたエンジニアの育成に向けてできることから着手する」を読んで

ITプロフェッショナルの「優れたエンジニアの育成に向けてできることから着手する」を読んでいて、
== 一部引用 ==
個々のエンジニアは研究を続けながら,SEと一緒に客先を訪問し,技術的な問題を抱えているプロジェクトを支援する。社内や協力先のITエンジニアの教育も行う。客先に出向き,実際のプロジェクトにどれだけ貢献したかを評価ポイントとしている点が,他の多くの研究所と異なっている。
== ここまで==
というのは、興味深いなぁ。
人材派遣会社は、今後スキルの高いスタッフを抱えることで他の会社との差別化をしていく必要ありそうだから、下記のようなサービスをスタッフに対して提供できればよいのだけど。

1.人材派遣会社に登録されているスタッフの中から、ある条件を満たした人を選抜して、リーダー/プロジェクトマネージャーとする
 ↓
2.彼/彼女を含めたチームを編成して、顧客企業から、業務委託から取り付ける
 ↓
3.人材派遣会社では、リーダー/プロジェクトマネージャー候補から現場レベルで生じている様々な課題について定期的に情報を取得する
 ↓
4.リーダー/プロジェクトマネージャー候補になりそうで、かつ、そのような意欲がある人に対して、現場レベルで生じる様々な課題をどのようにすれば解決できるのかを学べる場を、付加価値のある教育サービスを提供する

でも、「現場レベルで生じる様々な課題をどのようにすれば解決できるのか」というのを行う人材を人材派遣会社内で確保できるかどうかわからないから、これが一番の課題かな
by h5y1m141 | 2005-02-04 17:32 | 業界動向

ラクガキボード

残念ながら、Exciteブログでは、JavaScript 使えないから設置できないけどラクガキボードというものがあって最近この存在をしったのだけど、これを開発した会社はかなりユニーク。

@IT で代表の方のインタビューが掲載されていたので気になって「カヤック」という会社がどういうところなのか見てみたらなんとオフィスは、鎌倉じゃないですか。

しかも、オフィスの場所みたら、海がすぐ目の前で、滑川河口~坂ノ下のサーフィンのロングボードに最適なポイントが近い。

@ITのインタビューでも触れていたけど「生活スタイルから仕事を選ぶ」というカルチャーを掲げて、実際にそれを実行されているようで、うらやましいなぁ。
by h5y1m141 | 2005-02-03 14:56 | 業界動向

白菜料理

昨夜つくった白菜料理アップし忘れていたので、本日アップしました。
a0033832_22495897.jpg

ちなみに、野菜はすべて、近所の畑で育てていた野菜たちなので、ほぼ自給自足状態。

左奥:豚肉と白菜の蒸し煮
右奥:ねぎ醤油
手前:にんじん炒め

<作り方>
・豚肉と白菜の蒸し煮

1.白菜を葉の部分と白い部分とにそれぞれ5cm四方程度の大きさに切り分けておき、豚肉も同様に5cm四方程度の大きさにきっておく
2.深めのお皿を用意して、白菜、豚肉、塩少々、白菜、豚肉、塩少々・・・という順番に重ねていく
3.2.のお皿を蒸し器にいれて、お酒大さじ1程度を振りかけてから、15分ほど蒸す

~ 蒸している間に ~ 

・ねぎ醤油
1.ねぎ2本を粗みじん切りにする
2.フライパンにごま油(orサラダ油)を熱して、中火~弱火程度でねぎをいためる
3.ねぎに焦げ目がついてきたら、フライパンを火からはなして、みりん大さじ2杯、しょうゆ大さじ2杯入れる。
4.再度火にかけて、煮汁がフツフツとしてきたら味見をして薄いようだったらしょうゆを適宜たして完成

・にんじん炒め

1.にんじんは千切りにする
2.フライパンにサラダ油を熱して、にんじんをいため、塩、胡椒をすこし強めにしてしんなりする程度までいためる
3.いため終わったら、ゴマを振りかけて完成。

白菜と豚肉の蒸し煮に、ねぎ醤油をかけて食べたけど、適当に作った割りには、かなり好評だった。
by h5y1m141 | 2005-02-02 23:00 | 読書メモ

評価のむずかしさ

@IT会議室で「プログラマなんて選ぶんじゃなかった」というスレッドがあったけど、どうもよくよく読み返してみるとその職種が嫌という訳ではなくて、会社の評価基準がこの方にとって納得いくものではないらしいから、たぶん、プログラマーという仕事が嫌とは思えない。

また、青色発光ダイオードの発明対価を巡る裁判で一時期テレビ、新聞などでたくさん報道された中村修二さんが、Tech総研のエンジニアに向けて語るという所で下記のようなことをおっしゃっていました。

== 一部引用 ==
私は仕事の評価はお金だと思っています。もちろん人間の評価は全く別で、素晴らしいスキルをもった人が進んでボランティアに参加しているケースもあります。しかし、生活のためにする仕事の評価は、金額だと思うのです。私が一貫して主張してきたのは、「きちんと評価をしてほしい」ということです。
== 一部引用 ==

これらを読んでいてふと思ったのは、双方(評価する側、される側)納得いく形の評価基準を決める難しさなのかなと。

近いうちにIT系の方を対象としたキャリアカウンセラーへの道へ進もうとしている自分としては、これからたくさん会うであろう方たちが抱いている承認欲求(「何で」認められたいのか)を掘り下げて聞き出すことができるようにならないといけないのかも
by h5y1m141 | 2005-02-02 15:51