2005年 02月 04日 ( 1 )

「優れたエンジニアの育成に向けてできることから着手する」を読んで

ITプロフェッショナルの「優れたエンジニアの育成に向けてできることから着手する」を読んでいて、
== 一部引用 ==
個々のエンジニアは研究を続けながら,SEと一緒に客先を訪問し,技術的な問題を抱えているプロジェクトを支援する。社内や協力先のITエンジニアの教育も行う。客先に出向き,実際のプロジェクトにどれだけ貢献したかを評価ポイントとしている点が,他の多くの研究所と異なっている。
== ここまで==
というのは、興味深いなぁ。
人材派遣会社は、今後スキルの高いスタッフを抱えることで他の会社との差別化をしていく必要ありそうだから、下記のようなサービスをスタッフに対して提供できればよいのだけど。

1.人材派遣会社に登録されているスタッフの中から、ある条件を満たした人を選抜して、リーダー/プロジェクトマネージャーとする
 ↓
2.彼/彼女を含めたチームを編成して、顧客企業から、業務委託から取り付ける
 ↓
3.人材派遣会社では、リーダー/プロジェクトマネージャー候補から現場レベルで生じている様々な課題について定期的に情報を取得する
 ↓
4.リーダー/プロジェクトマネージャー候補になりそうで、かつ、そのような意欲がある人に対して、現場レベルで生じる様々な課題をどのようにすれば解決できるのかを学べる場を、付加価値のある教育サービスを提供する

でも、「現場レベルで生じる様々な課題をどのようにすれば解決できるのか」というのを行う人材を人材派遣会社内で確保できるかどうかわからないから、これが一番の課題かな
[PR]
by h5y1m141 | 2005-02-04 17:32 | 業界動向