タグ:sports ( 3 ) タグの人気記事

何故、かれらは走るのか?

ケニア! 彼らはなぜ速いのか
忠鉢 信一
文藝春秋
売り上げランキング: 1304

マラソンなどの長距離陸上種目においてのアフリカ選手の速さの秘訣として

「脂肪を効率よくエネルギーに変えることができる」
「身長に比べて、膝から下が細く長いので、無駄なエネルギーを使わずに済む」

などと、色々な理由があるのかもしれませんが、何故速いかというのは遺伝というのはあまり関係がないようで、
何がランナーを走らせているのか(P.222より)
という部分を理解するのが大切であり、彼らにとって走ることは、夢であり希望でもあるという部分を認識すると共に、彼らが本来持っている「競争意識」というメンタリティーをしっかり理解することが大切なようです。

冷静に考えると、いったい何のために、マラソン選手は走っているのかというのを理解するのは、簡単そうで、実は難しいのかも。

一流選手になれば、金銭面でそれなりの待遇を得られるかもしれないけど、その待遇を得るために、日々節制しなければならず、しかも、まだ年齢が若いような場合だと、まわりは遊んでいたりするのに、自分はあえてそういう状況とは違ったことをしなければいけないわけで、一流の選手になるには、肉体的な優位性以上に、それ相応のメンタリティーを備えている必要があるんでしょうね。

そうそう、個人的には
速さの秘密はメンタリティーにあるという自分なりの結論を私は気に入ってもいる
〜中略〜
スポーツが異なるメンタリティーを持った人間が競い、ぶつかり合う姿だと見ればどうだろうか。オリンピックの魅力が増してくる。スポーツの面白さに深みが増してくる。(P.277より)
という箇所がとても印象に残ったのですが、本書は、ケニアの選手の速さというものに迫る内容で、マラソンに関する記述になっているのですが、他の競技にもこの考えは通じるように思えて、あくまで個人的な意見ですが

・オランダサッカーの強さ/弱さの根底にあるもの
・日本が団体競技においてそれほど優秀な成績を残せない一方で、個人競技においてはまぁまぁの成績を残せている
・アメリカ、中国といった大国のスポーツに置ける強さ

というのは、各国の人達が持っているメンタリティーの違いが影響しているんじゃないかなぁー

※偶然かどうか著者はこの本以外にも、「オレンジの呪縛」(会社のブログでこの本について触れたので気になる人はこちらのエントリを)の監修もつとめており、このメンタリティーというのは、何か本質的な部分が共通するように思う
[PR]
by h5y1m141 | 2008-11-22 18:48 | 読書メモ

4-2-3-1―サッカーを戦術から理解する

勉強会の準備におわれながらも、がんばって読んだ本についてのアウトプットもしなければという使命感のようなものを感じながら、4-2-3-1―サッカーを戦術から理解するの書評を、今朝おおまかにまとめていました。

サッカーを見るのに、3バックとか4バックという論争がおきがちですが、そういう視点にとどまらず、もっと深い所でサッカーの戦術を理解するのに役立つ本ですが、個人的にはサッカーに限らない所で役立つようにも感じました。

例えばですが、05-06シーズンのバルセロナとセビージャ(セビリア)の試合で、セビージャの戦術で、ロナウジーニョを無力化することに成功して、セビージャがこの試合ものにしているのですが、この時のキーポイントの解説が本書でも詳しく書かれていました。(もっともこれは、著者の方にかぎらず、オシム監督も引き合いに出していたような気もしますが)

この話が印象的だと感じるのは、サッカーは攻守が裏表の関係になるため、攻撃の得意な選手を止めるための守備を強化するというアプローチがオーソドックスなのかなぁと素人考えでは思っていましたが、ロナウジーニョのように攻撃が得意だけど守備が苦手というエリアからどんどん攻撃をしかけることで、ロナウジーニョの攻撃力を無力化するという戦術論はなかなか面白く、相手の強い所を違った視点で責め立てるというのは、なんとなくですがビジネスの戦略をかんがえる時にも何かヒントになるように感じられました。

サッカーをもう少し奥深く視点で見たいという人や、サッカーの戦術論を語りたい人には、この本はおすすめかもしれませんね。

4-2-3-1―サッカーを戦術から理解する (光文社新書 343)
杉山 茂樹
光文社
売り上げランキング: 228
おすすめ度の平均: 4.5
5 戦術、布陣、日本のサッカー界とファンへ一石を投じる一冊
2 反面教師
4 賛否分かれてよい戦術論の基本書
5 「番狂わせ」は起きるコトではなく、起こすモノ!監督の采配の重要性が良く分かる
5 サッカーは布陣でするものだ!

[PR]
by h5y1m141 | 2008-04-11 23:27 | 読書メモ

NHKスペシャルのミラクルボディーの一回目見たかったなぁ

この前、NHKで、ミラクルボディー第2回 泳ぐ〜世界最強・最速スイマー マイケル・フェルプス〜というのを見ていて、スーパーカメラ(?)というのかわからないけど、超スロー再生の映像などを交えながら、色々な角度で、泳ぐということにおいてどうすれば速くなるのかという核心に迫るような番組をやっていました。

見終わった後に走るとか跳ぶなど、他のシリーズの紹介もされていて、走る編をみたいなぁと思っていたら、ミラクルボディー第1回 アサファ・パウエル〜史上最速の男〜ですでに放送し終わっていたみたい。。。

しかも今日の日経の夕刊で
ミラクルボディー第1回 アサファ・パウエル〜史上最速の男〜が無茶苦茶面白かった。超スロー撮影、MRI(磁気共鳴画像装置)など様々な先端技術を組み合わせ、パウエルの爆発的な加速の謎を実証的に解いてゆく。
〜中略〜
爆発力の秘訣は足裏全部を着地させ、その反発力を加速に変える腱のバネ。その力を、そのまま早い回転にする骨盤内の筋力の異常な太さこれらで可能になる最大速への到達時間の短さなどを、おのおの特徴を駆使した映像で見せ、他の選手と比較して圧倒的な視覚の説得力を作る。
TVウォッチ 夏目房之助
と書かれていて、このコラム読むと余計にこの番組見たかったなぁ。
[PR]
by h5y1m141 | 2008-03-27 21:13