タグ:読書メモ ( 186 ) タグの人気記事

超熟ヒットの理由

基本的には私は朝はご飯を食べるので、”飽きない食事”といったらやっぱり白いご飯とみそ汁にプラスおかずっていう組み合わせになるのですが、人によっては朝はパン派という方もいると思います。

そんなパン派な人に「飽きないおいしさ」というのをイメージに超熟というパンのブランドが出来上がるまでが書かれている超熟ヒットの理由という本を読みました。

超熟の製法は、湯種製法というものを使っているそうですが、小規模なパン屋さんなどならまだしも大量生産となると品質にバラツキがでやすいそうで、
この製法はパンづくりに従事する者なら誰しもが知っていたが、どのメーカーも手を出さないアンタッチャブルな領域だった。
超熟ヒットの理由 P.23より
ということで、この製法を取り入れるのはなかなか勇気がいるそうなのと、実際にこの製法を取り入れて、無事に商品完成して、一安心というわけではなく、その後のオペレーションが実は大変のようです。

どういうことかというと、安定した品質を維持するために、
本来やるべきことを手を抜かずにやる。その一言に尽きる。計量、温度管理など、単純な各工程で正確さが求められる。単純であるがために、ひとりが手を抜けばそれがダイレクトに品質に影響する。この当たり前のことを365日、繰り返すということが実は容易ではない。
超熟ヒットの理由 p.114より


超熟の誕生前の敷島パン時代には、地元の名古屋では有名な会社だったが、全国規模で見ると、業界最大手のヤマザキの2番手という位置づけが続いていたが、2番手争いも混沌とする中で、危機感を感じた所から、この超熟が生まれるきっかけになったのですが、超熟に関わる人達みんなが、「超熟」というブランドを大事に大きく育てていこうとしていく過程において、志が1つになり、その結果、それ以前には、組織の中にただよっていた閉塞感が打破されていったというのが本書から読み取れた内容でしょうか。

プロジェクトX風な感じで、あっという間に読めるので、そういうジャンルが好きな人や、パン好きな方にもオススメです。

超熟ヒットの理由―「食パン」から学ぶブランドNo.1物語
品川 雅彦
幻冬舎メディアコンサルティング (2008/01)
売り上げランキング: 82968
おすすめ度の平均: 4.5
5 基本の徹底がブランドを産みます。
5 製造業のブランディングの大切さを実感でき、その確立メソッドを体感できるビジネス指南書です。
4 商品が牽引するブランディング

[PR]
by h5y1m141 | 2008-03-11 10:49 | 読書メモ

リコール学の法則

起業不祥事が出る度に、ちょっと過度に騒ぎ過ぎなんじゃないかなぁと、個人的には思っているのですが、失敗学で有名な畑村さんが書かれたリコール学の法則でこんなことが書かれていました。
人身事故が起こるような危険性のある工業製品のリコールと、賞味期限切れのものを売ったという類の食品リコールが同列で扱われるのはおかしいし、そうした社会は不健全だと、私は考えている。
こうした傾向は、世の中全体が形式主義に流れているということにほかならない。形式主義の上に乗っかりそこから少しでも外れたものをヒステリックに批判することに終始するのは、天に唾するようなもの。やがては、その形式主義は翻って自分の首を絞めることになる。
リコール学の法則 P.118より


このリコール学では、リコールは決して悪ではなく、責任追及をするのではなく、同じ過ちを繰り返さず次の技術革新につなげることが大切であると説かれています。

リコールの仕組みが整っている自動車業界については、日本とアメリカとではそれぞれの国においての車との関わり方の違いがあるとはいえ、アメリカではリコールによって品質が良くなり、ユーザから信頼が得られるというポジティブな捉え方がされているそうですし、”人間のミスの見本市”と本書で書かれていた自動車の生産現場の教訓を他の業界でも十分に活かせるようにも感じられました。

事実、

・毎日繰り返される人手作業
・回数が多い
・作業密度が濃い

という病院での事故の多い作業というのは、本質的に生産現場でのそれと共通するものということが書かれているし、これは病院に限らず、自分の今の仕事であるサービス業でも、同様のことが起こるように思っています。

ページ数をメモし忘れたのですが、メーカーとユーザとそれぞれの言い分をちゃんとお互いにぶつけることが大切というようなことが書かれていたのですが、インターネットの登場やブログの定着により、ユーザ側からのポジティブ/ネガティブなフィードバックが得られやすくなっていると思いますが、失敗があったとしても、ありきたりだけど、こういうフィードバックをきちんと組織内部に取り込み、教訓として次に活かす姿勢が大切なんだと改めてこの本を読んで思いました。
リコール学の法則
リコール学の法則
posted with amazlet on 08.03.02
内崎 巌 畑村 洋太郎
文藝春秋 (2008/01)
売り上げランキング: 30055
おすすめ度の平均: 5.0
5 リコールされた車は高いか、安いか

[PR]
by h5y1m141 | 2008-03-02 22:07 | 読書メモ

チョコレートの真実

チョコレートって、普段は特に何も意識することもなく食べていて、しかも、もうすぐチョコレートメーカーの戦略の1つであるイベントも迫っていることもあって、世の中では多種多様なものが売られていると思うのですが、こういった所はチョコレートの甘味の部分というか、食べた後の幸あわせな気分がどことなく反映されているのかなぁとふと思いました。

一方で、チョコレートの苦味とか、その濃い黒という部分については、特に意識することもないと思うのですが、チョコレートの真実を読んで知ったのですが、現実には、チョコレートの原料であるカカオの生産、流通を巡って、”闇の部分”が存在しています。

チョコレートがこれだけ安価に入手できるというのは、どこかに”歪み”があるからこそ成り立っているのかなと思い、

・安価な商品を求める消費者の国
・消費者の要求に応えるために、原材料価格を一定の水準で安く抑えようとするチョコレートメーカー
・チョコレートメーカーに大量に供給をして、儲けを生み出したいカーギルのような企業
・商品価格の安定や生活向上という表向きの理由とは裏腹に実際には私利私欲のために腐敗が蔓延しているカカオ生産国の政府

ということがあるために、安価な労働力を得るために、まだ幼い子供が人身売買によって、周辺諸国から集められて、危険な状況での労働を強いられていたり等と、カカオ生産者の搾取につながっているように感じました。

チョコレートの”闇の部分”を知ったからといって、特別何ができるとは正直思いつかないですが、少なくとも、こういうことが事実あるということだけでも知っておくだけでも、世の中の見え方が違うかなぁと思います。

この本と一緒に、食糧テロリズム―多国籍企業はいかにして第三世界を飢えさせているかも読むことで、こういった問題に対してより深くが理解できるかと思うので、興味ある方はそちらも読んでみてはいかがでしょうか?

チョコレートの真実
チョコレートの真実
posted with amazlet on 08.02.11
キャロル・オフ 北村陽子
英治出版 (2007/08/27)
売り上げランキング: 494
おすすめ度の平均: 5.0
5 なんだか涙がでる。
5 私達に出来ることへ
5 「苦いチョコレート」

[PR]
by h5y1m141 | 2008-02-11 12:39 | 読書メモ

牛丼一杯の儲けは9円―「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学

a0033832_2324340.jpg

最近、チョコレートの真実という中々読み応えがある本を読んでいて、ちょっと口直しというか、軽いのが読みたくなったのもあり、タイトルに引かれて牛丼一杯の儲けは9円―「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学買って読みました。

今の時代に、”対前年度売上120%”みたいな一見すると景気の良さそうなことをうたっている会社があったとしても

・仕入れコストが実は高くついていないか?
・仕入れコストは変わっていなくても、飲食店のような場合だと商品を提供するまでの時間や、商品を片付ける部分までも含めた、全体のオペレーションコストが煩雑だったりして、時間のロスをしていないか?

という観点で見ると、粗利の割りに営業利益や経常利益はたいしたことがないという会社もあると思うし、そういう会社の人にとって

「そもそも儲かるというのはどういうこと」

ということについて著者の本業であるバイヤーという視点から、ある種の問題提起をしているのが本書のポイントかと思います。

バイヤーという人の感覚が伺い知れた本なのですが、自分の仕事はある側面では、バイヤー的な感覚が必要だと前から感じており、
売り買いは知的ゲームです。失敗するも成功するも、ゲームをどれだけ把握しているかにかかっています。商品を知らないのは、ルールすら知らないようなものなのです。

牛丼一杯の儲けは9円 P.137より
という箇所は、自分も似たようなことを考えていたので共感できました。

というのも、いまの自分の仕事って、求職者の信頼をどれだけ得られるかがまずは大切であり、そのために、上記引用箇所でいう所の”商品”に該当するのが、”業界知識”であったり”ITに関する知識”ですが、これらを知らないというのはルールを知らないと等しいことかなぁと思っているからです。

ルールをまずは知った上で、その上で
交渉の最後では、あえて引いて、相手に考える時間を与える

牛丼一杯の儲けは9円 P.132より
のような多少駆け引き的なことも、意図しているわけでないですが、結構普段からやってしまっていて、逆にこちらとしては相手のことを考えての結果として、上記のようなあえて引くという行動をしたほうが、結果的にはプラスになることが多いと思います。

そうそう、肝心のこの本のタイトルにある牛丼の儲けだったり、(たぶんドトールのような)カフェのコーヒーの儲けの構造についてもあれこれ書かれていて、雑学満載でそういう好奇心も満たしてくれるので、お得感があって、比較的カジュアルに読めてオススメですよ。

牛丼一杯の儲けは9円―「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学 (幻冬舎新書 さ 5-1)
坂口 孝則
幻冬舎 (2008/01)
売り上げランキング: 224
おすすめ度の平均: 5.0
5 娘に読ませます
5 タイトルに惹かれました〜
5 女性が読んでおきたい書

[PR]
by h5y1m141 | 2008-02-06 23:03 | 読書メモ

デンマークという国 自然エネルギー先進国

少し前になりますが、東洋経済で、「北欧」はここまでやる。 格差なき成長は可能だ!
という特集が組まれていて、北欧各国の取り組みについての紹介があり、もうちょっと深く知りたくなって、関連する本がないか図書館で探して、以下の本に出会いました。

デンマークという国 自然エネルギー先進国―「風のがっこう」からのレポート
ケンジステファンスズキ
合同出版 (2006/02)
売り上げランキング: 122207


本書のタイトルにある自然エネルギーですが、オイルショックで自国のエネルギー危機という状況に直面して、エネルギー資源を国外に頼らないようにするために風力発電に活路を見出し、海の上に、風力発電機をまとめて設置した洋上ウィンドファームというものを構築していくことになったそうです。

自然まかせな風力発電では供給が不安定になるかもしれず、補完的な位置づけのエネルギー源が必要になり、それが家畜糞尿などを利用した、バイオマスエネルギーになるようですが、バイオマスの導入については、他の課題解決という側面も持っているそうです。

どういうことかというと、デンマークの国土の特徴として、山や大きな川が無いために、「水」を地下水を頼らないといけない状況にあるため、大気と水を汚染させるというのは、国民の健康を脅かすことにつながり、特に国土の半分以上を占める農地に対してはかなり規制が厳しいようですが、そこで、家畜糞尿が地下水の汚染にかなり影響があるために、この家畜糞尿の有効利用として、プラントを構築してそこから出るガスを有効利用するバイオマスという流れになったそうです。

そうそう、家畜糞尿につなげて1つ興味深いデータを紹介すると、デンマークも日本同様に農業従事者は減少傾向にあるそうで1970年に、約13万あった農家戸数、20万人いる農業人口それぞれ、三分の一程度に減少している中で、食料自給率は、牛、豚、鶏などの動物性タンパク質だけで約300%確保している、「農業輸出大国」とのこと。

国内外の状況に合わせて常に機械化と合理化、農業従事者の教育を通じて農業経営の改善をはかってきた、一貫した農業政策の存在がうかがえます。

デンマークという国 自然エネルギー先進国 P.25より
という記述にある、機械化、合理化も風力やバイオマスを利用したエネルギー源を国外に頼らないために、安価に供給できる体勢が整ったからこそこそ、実現できたのかなぁと思います。

ちなみに、
日本の供給電圧は世界の中でも最も低く、電気料金は世界中で最も高額です。デンマークやドイツでは一般家庭に配電している電圧は400ボルトですが、日本は100ボルトであるため、農産加工機械のように高電圧を必要とする電動モーターが使用できないこと、使えたとしても高い電気料金を支払うため、その分生産者価格が高くなります。

デンマークという国 自然エネルギー先進国 P.218より
ということで著者の方も、日本農業の問題の背景に、この電力問題が大きいと述べています。

単純に国の規模が異なるのでそのまま比較することは出来ないと著者の方も書かれていますが、とはいえ、県や道州レベルという規模で考えると、北欧での取り組みというのは参考になるし、知っておいても損は無いかなぁって感じました。
[PR]
by h5y1m141 | 2008-02-02 10:34 | 読書メモ

頭脳勝負―将棋の世界

前から将棋には興味があって、駒の動かし方はなんとなくは知っていたけど、その肝心の駒をどのように動かすのがよいかという戦術的な部分についてまずは概要だけでも知りたいなぁーと思っていて、なんとなく気になった頭脳勝負―将棋の世界 (ちくま新書 688)という本を読みました。

サッカーのフォーメーションに流行りがあるように、将棋の戦術にも流行りがあるという感じで解説したり、あと面白いなぁと思ったのが、駒の価値を点数化して考えているらしく、桂が5点で銀が7点そして、”と金”は、元々は歩なので仮に相手に取られても大した影響がない、一方で、使い勝手がよいということで10点みたいな感覚で指していたりと、棋士の方がどのような考えで将棋を指しているのかなんとなくですが、垣間見えた感じがします。

著者の方は20代の若手の方で、若い頃からインターネットに慣れ親しんでいる影響なのかご自身のブログも持たれているからか、本書は比較的読みやすく、著者の方も将棋ファンを結構大切にしているんだなぁーというのがなんとなく感じられました。

というのも、ある取材で、ブログで対局前に自分がどう過ごしていたのかというような手の内をあかすような書いて勝負に影響しないのかということを聞かれた際に
自分のブログによってますます将棋が好きになる人、あるいは将棋に興味を持ってくれる人がいるというメリットのほうが大きいと思っています。
頭脳勝負 P.87より
と書かれている辺り、プロの棋士として、勝負に勝つというのはもちろん、その勝負を楽しんでいるファンがいるというのをどこか意識されているというのが感じらたからです。

自分のようになんとなく将棋に興味をもっていた人間で、もう少し将棋の世界について知ってみたいという人にはオススメかも。

頭脳勝負―将棋の世界 (ちくま新書 688)
渡辺 明
筑摩書房 (2007/11)
売り上げランキング: 13103
おすすめ度の平均: 4.0
3 題名に合った「頭脳勝負」の本にして欲しかった
4 半日で読みきりました。
4 どの層が読んでも楽しめる稀有な将棋本

[PR]
by h5y1m141 | 2008-01-29 10:57 | 読書メモ

水はなんにも知らないよ

科学的に立証されているようでいて、実際には、インチキだったというようなことがあるかと思いますが、そういったニセ科学の1つとして”水”をあつかったビジネスの科学的な根拠の無さを正面からとりあげています。

本書で取り上げられていたような怪しい”水”の例として、波動水、マイナスイオン水、クラスターの小さい水、etc..というものは、水自体の効能をあれこれと説いているみたいですが、試験管での実験や、動物の実験のレベルでは、多少は効果が見られたとしても、実際に人間での臨床実験がきちんとされた結果があるわけでもなく、ある部分を誇張したり偽ったりしていることがほとんどのようです。

生理的に考えて、もしも本当に普通の水よりも吸収がよい水があるとすると、身体によいはずがありません。むしろ身体が大きなダメージを受けてしまいます。私たちは普通の水の中で生き、成長し、進化してきました。私たちの細胞内はホメオスターシスという機構が働いて、ある一定のバランスになるようにいつも調整されています。それが急に吸収のよい水のなか身体がさらされると、生物体内のバランスが崩れて病気になってしまいます。

水はなんにも知らないよ P.65より
ということのようで、別のページにも書かれていたのですが、人間が1日にとる水分量と排出される量が2.5リットル程度で一定になっているみたいですが、もしも過度に吸収されるようなことになれば、確かに上記で書かれているようなことが生じても不思議じゃないでしょうしね。

本書は、この科学リテラシーの大切さについて説いており、著者の方はそのために色々と啓蒙活動をされているそうですが、人間にとって水は生きて行く上で欠かせないものだけど、そんな水を、科学風な説明を交えて、悪巧みしようとする人というのは、世の中にはいると思うので、科学風なモノにひっかからないように、きちんとした科学リテラシーを身につけておくことが大切なんでしょうね。

※おまけ
本書読み終わって、ふと思ったのですが、こういうあやしい”水”に騙されてしまう要因として、自分よりも地位の高い人はそれだけ数多くの情報にアクセスしやすく、そういう人の意見を聞くのが、自分のためになるから、考えずに反応してしまうという「権威のもつ影響力の強さ」がその背景にあるように思うので、そのあたりについて影響力の武器[第二版]の第六章も合わせて読むと面白いかも

水はなんにも知らないよ
左巻 健男
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2007/02/25)
売り上げランキング: 1292
おすすめ度の平均: 4.5
5 並べて売ってました(笑)
5 水に関して流布する不正確な情報について、科学的な根拠で答える
5 やっと出ました

[PR]
by h5y1m141 | 2008-01-27 12:00 | 読書メモ

脱・道路の時代

現在、道路特定財源見直し問題 というYahooニュースで関連情報がまとまっているように道路特定財源について議論がされているみたいですが、その議論の前段階として、
人びとは、なぜ「道路は必要だ」と考えるのか。「必要」とは、裏を返せば、何かに困っている、あるいは、不便・不安を解消したいからである。
〜中略〜
しかし、ここで冷静に考えなければならないのは、これらの不便・不安が本当に現在の道路政策の延長で解決できる問題なのか、他にもっと優れた方法はないのだろうか、という点である。

脱・道路の時代P.12〜P.13より
と、各地域で抱えている問題に対しての解決策が、「道路整備」でそもそもよいのかという所が出発点ではないのかなぁと脱・道路の時代を読んで気づかされました。

道路に限らず、鉄道や、(別エントリで書く予定ですが、日本の空を問うという本で提言されている)飛行機などを含めた、全体の交通インフラとして、そもそもどうあるべきかという全体像が見えないまま、個別に話をしていても効率的なインフラ整備は難しいのかなぁと個人的には感じましたし、著者の方は、道路特定財源については、公共交通なども含めた形で「交通会計」として一元化という形で、本書のP.84で提言しています。(*)

また、道路だけを取り出して考えたとしても、結局それを利用するのは人間なので、人間が生活する地域、仕事をする地域というのを踏まえて全体設計した上で、必要な所の道路整備をするのが、適切なやり方なのかなぁと思います。

ヨーロッパの多くの国では、住宅街が無秩序に郊外に広がらないような規制を設けつつ、民家が少ない地域に幹線道路を整備して、都心部への不要な車の流入を防ぐということをしており、都市計画に関する所も、道路整備をする上で欠かせない点のように感じました。

東京周辺のように、正直これ以上は道路造っても、それほど高い効果が望めるかどうか疑わしいと思える一方で、それ以外の地域では、本当に必要とする所も実際あると思うのですが、その場合も”造るありき”ではなく、”用途(使う)ありき”のほうが、本来あるべき姿のような気がしてならいのですけどね。

(*)「交通会計」として一元化以外の選択肢についても下のように書かれていましたが、少なくとも暫定税率廃止というのは、それに伴う弊害が大きいように思えますね

・暫定税率解消
燃料価格低下で自動車利用が促進されて、渋滞や環境負荷増大と負の側面が大きい

・自治体へ税源委譲
自治体の道路政策が現状のままでは合理性、透明性を欠いた道路建設促進の懸念

・暫定税率を環境税化
燃料価格自体は変わらず、自動車の使用に影響は及ぼさない。(ただし環境税を大気汚染対策などに利用すれば効果がある)

脱・道路の時代
脱・道路の時代
posted with amazlet on 08.01.20
上岡 直見
コモンズ (2007/10)
売り上げランキング: 212525
おすすめ度の平均: 4.0
4 「造る」から「使う」へ、そして「ムダ」な道路とは

[PR]
by h5y1m141 | 2008-01-20 20:28 | 読書メモ

影響力の武器[第二版]

人間が社会生活をする上で、毎回自分で積極的に考えて、

「この場面ではこうするべきかも」

といちいち考えていたら、正直大変であり
実際、人間の行動の多くは自動的、紋切り型のものです。なぜなら、たいていの場合、それが最も効率的な行動の形態であり、また、場合によってはそうすることが必要でさえあるからです。

影響力の武器 P.12より
と書かれているように、無意識に取る行動は、ある種合理的のようです。

このように自動的に行ってしまう行動というのが人間にはいくつかあるそうで、この影響力の武器[第二版]いう本は、アメリカの心理学者の研究成果をまとめた本で、自動的な行動の裏に隠されたいくつかの法則性について実際の実験結果やこの本を読んだ人読者からの手紙での実際の体験談などを交えた構成になっており、かなり分厚い本(400ページ超)で読み応えがある本ですが、購入して正解でした!

本書で書かれているテクニックに該当することを使っている人と、今日話す機会があったので、本書で書かれている事例と照らし合わせてみます。

<状況>
・あるトレーニングジムの無料体験レッスンに参加。
・現在、キャンペーン期間で今だと、入会金は無料で、月会費も割引になりますよという勧誘を受ける。さらにキャンペーン期間対象者は、先着順となっており、先ほど1名申し込んだので、残り4名

<解説>
最初の無料体験レッスンは、どんな所でも見かけると思いますが、人間が何か恩恵を受けると、何か借りができたように感じてしまうという返報性のルールにあたります。

その次のキャンペーン期間を実施しており、残りがあとわずかという部分については、
手に入りにくくなるとその機会がより貴重なものに思えてくる

影響力の武器 P.379より
という希少性のルールにあたります。

特に後者については、洋服を買いに行って、いま店頭に出ている分が最後ですというようなトークを聞くと思うのでよくあることだと思うので、これは結構王道かなぁと思います。

ちなみに、このトレーニングジムには申し込まなかったのですが、理由はそのお話をした人が、致命的なミスを、最後の勧誘のトーク中にしてしまっていていて、希少性のルールが成り立たないことに途中で気づいたからというのが理由なのですが、トレーニング自体の効果を感じられたのは事実なので、例えば家or会社から近い所にオープンしたら、お値段高いけど、その価値があるというのは事実なので、そうなったら申し込もうかなぁ。

影響力の武器[第二版]
影響力の武器[第二版]
posted with amazlet on 08.01.17
ロバート・B・チャルディーニ 社会行動研究会
誠信書房 (2007/09/14)
売り上げランキング: 287
おすすめ度の平均: 5.0
5 思わずどきっとしました
5 名著「影響力の武器」の邦訳第2版。さらに内容が充実しており、一読をお薦めします。
5 マインドコントロール関係の必読書。

[PR]
by h5y1m141 | 2008-01-17 20:40 | 読書メモ

病とフットボール

エコノミークラス症候群のことについてページが大きく裂かれていることは無いのですが、本書読んで知ったのが、この病気は、一生付き合っていかなければいけないそうなのと、一歩間違うと、生命の危機にすぐに直結する位の病気のようです。

しかも厄介なことに、病気が発症した際に、血栓を溶かすための薬を一定期間は飲まないといけないそうですが、薬の副作用で、出血した時に、血が固まりづらいということで、サッカーという接触を伴うスポーツ選手からすると、結構致命的なことのため、発症した場合にしばらくは、プレーが出来なくなるようです。

病気を患った影響なのか、元々の考えなのかはわかりませんが、
何か自分にとって妨げがあるときは、弱くなりがちです。そこでがんばれる人は、自分をしっかり持っている。自分を理解できている人だと思うのです。自分自身もそうでありたい。自分に何が起こっているのか、何をすべきなのか、そういうことをすべて受け止めてやっていきたい。

病とフットボール P.46より
と書かれているように、今の自分の置かれている立場を理解して、その状態で、何をするべきかというのを常に考えているように感じられました。

その中で、特に高原選手のサッカー選手としての一番最大の目標は、ワールドカップで自分のパフォーマンスを最大限に出して、結果を出すということかなぁと思いました。

実際、
2002年はエコノミークラス症候群を発症してしまい出場できず、2006年は大会直前の練習試合でケガをしてしまい、全力で戦うことが出来ませんでした。自分にとってのワールドカップを、これで終わりにしたくないという気持ちがとても強いのです。
〜中略〜
今度のアジア予選、そしてワールドカップは、前回のような中途半端な状態ではなく、万全の状態で戦いたい。そのために、自分はどうすべきなんか。そのひとつの答えとして、近い将来、日本に戻ってプレーをすることも考え始めています。

病とフットボール P.165からP.166より
と書かれていますが、最大の目標を実現するために、今やるべきこととして何が最適なのかを常に考えていて、今回フランクフルトから浦和に移籍になったけど、万全の状態で戦うために下した決断なのでしょうね。

ぜひ浦和で活躍をしてもらって、Jリーグ、ACL、そして、ワールドカップ予選突破&本戦での活躍してもらいたいですね。
病とフットボール―エコノミークラス症候群との闘い (角川SSC新書 (016))
高原 直泰
角川SSコミュニケーションズ (2007/12)
売り上げランキング: 861

[PR]
by h5y1m141 | 2008-01-14 21:10 | 読書メモ