タグ:読書メモ ( 186 ) タグの人気記事

これからの時代にどうやって資産形成するべきか?

資産運用のために色々関連書籍読んできましたが、銀座クラブホステス、会社経営者の顔を持つ著者が書かれたグローバル化時代の資産運用―ハッピーリタイアメントを目指しては、これからの時代にどうやって資産形成するべきかという点で、有益なヒントを得られたように思います。

この本がいいなーと思ったのが、以下の3つ。

1.金融商品を身時かなモノへの例え方が絶妙
2.金融商品のリファレンスとして有効
3.資産運用に本気で取り組まないといけないリアル切羽詰まった状態でリアルである

順に説明すると、最初の1.の部分についてですが、たとえ話としてわかりやすかったのが2つあるのでちょっと紹介します。

これかの投資先については、国単位ではなく、企業もしくはセクター別に国際競争力があるグローバルなモノに投資するのが良いとし、サッカーで言うと、国単位のワールドカップではなく、各国の優秀な選手がぶつかり合うチャンピオンズリーグに相当するということを書かれていて、サッカーを少し知っている人だとこの例えがピンと来るかと思います。

また、アービトラージ(裁定取引)ということについても、銀座のママらしく、海外のブランド品の人気のあるバッグを例にして、パパにおねだり(?)してもらってバッグ購入資金を調達して、海外で購入して、それを日本のリサイクルショップなどで購入した金額にプラス上乗せした代金で売ることで、プラスの上乗せ分儲かるというような形の例えをされていましたが、同じ商品でも市場が異なれば、こういう価格のゆがみが生じており、そのゆがみに着目した取引である裁定取引をうまく説明してくれていると思います。

2.についてですが、著者の方が書かれていますが、この本で取り上げられている情報は、各Webサイトにのっている情報とのことですがそういう情報を効率よく調べる手間を考えたら、1500円程度で情報がきちんとまとまっていることも考えるとそれだけでもお得かなぁーと。

3.については、銀座のホステスで給料が高いといっても労災、年金があるわけでもない上に30歳後半になるとホステスとして働くことが限界になるそうで、その後の人生設計のためにも
わたしにとって資産運用は「したほうがよいもの」ではなく、「しなければならないもの」だったのです P.14より
とのこと。

こういう資産運用についての本で一番重視しているのが、自分の資金でどれだけ「本気」で実践してきたのかという部分かなって思っており、そういう点では、銀座のママということで投資に費やす金額はかなりの額であると推測するものの、その必死さという部分は上記の通りかなり切羽詰まったもののようですし、そういう方が自分自身の失敗もふまえながら書かれている点でこの本はオススメかなぁと思います。

グローバル化時代の資産運用―ハッピーリタイアメントを目指して (現代の錬金術師シリーズ 58)
浅川 夏樹
パンローリング
売り上げランキング: 4100
おすすめ度の平均: 5.0
5 ファンドマネジャーが書いた本かと思いました

[PR]
by h5y1m141 | 2008-06-22 17:46 | 読書メモ

仁志選手の野球観が知れる本を読みました

a0033832_10484051.jpg

仁志選手=ストレートにモノを言い、やんちゃな選手というマスコミの報道からのイメージがあって、その仁志選手が「プロフェッショナル」というタイトルの本を書かれていて、そのイメージと実際の彼とは違うのかなぁと思って読みましたが、やはり実際の仁志選手は本書から感じる限りでは、マスコミの報道から伝わるイメージとは異なるけれど、なんというか、不器用な所があって少し損をしてしまっているのかなぁーというのがこの本を読み終わった感想。

ただ、そういう部分をあれこれ書くのは、個人的にあまり好きではないのと、他に興味深い所があったので、そっちを中心にまとめます。

まず、少し意外だったのが、仁志選手自身、守備が上手という意識を持っていなかったということ。

普段、私はそんなに野球は見てないけど、スポーツニュースなんかで結果のハイライトは見たりするので、どういう選手がいて、どれくらい活躍しているかくらいはおおよそは知っていて、仁志選手が守備が下手という認識を持っているのが正直びっくり。事実、過去数年にわたって守備の上手な選手が受賞するゴールデングラブを取っているくらいだから、多少謙遜気味に書いているのかもしれませんが、そういう自分を客観視しながらも卑屈にならずに、自分自身に何が出来るのかを常に考え、
セカンドというポジションは、ある意味コーチが作り出す(P.55より)
と書かれているように、コーチとの二人三脚によって決して体格にも運動能力にも恵まれていないと彼自身が本書で書かれていますが、そんな彼がプロで長い間活躍できた要因なのかと思います。

考えるという部分で、1つ興味深いことをあげておくと、仁志選手が、守備において

「投げるために捕る」

というニュアンスのことを本書で語っているように、イメージした体の動きの中で、本質となる部分について的確に言語化できているあたり、彼がいかに日々考えているのかが知れるように思います。

個人的にスポーツ選手の考えはビジネスの場面で使えることが多いと思っているのと、単純にこういうジャンルの本が好きで読んでいるけど、この本に関しては、ビジネスマンよりも、野球をしている小さいお子さんを持っているお父さんだったり、少年野球の指導をしている監督のような人に何か考えのヒントになることがあると思うので、そういう人にオススメかもね。

プロフェッショナル (祥伝社新書 107) (祥伝社新書 107)
仁志 敏久
祥伝社
売り上げランキング: 19569
おすすめ度の平均: 4.0
4 甦った野球エリートが綴る栄光と挫折の記録、そして経験に裏づけられた技術論
3 野球選手が考えていること

[PR]
by h5y1m141 | 2008-06-17 10:49 | 読書メモ

言いたいことが言えない人

仕事がら、何らかの悩みを抱えている色々な人に会うことが増えてきて、自分の中でなんとなくそういう人に共通していそうな所がありそうかなーと思っていた時期に、この言いたいことが言えない人―「恥ずかしがり屋」の深層心理 という本に出合いました。

この著者によると、「言いたいことが言えない人」の根底にあるのが、

人からよく思われたいのだが、接したらよく思われないと思うから人を避ける。よく人を避けるから心ならずも孤独になる。

言いたいことが言えない人―「恥ずかしがり屋」の深層心理 P.142より
のようで、私自身も比較的この傾向が強く、読んでいてとてもドキッとさせられました。

著者によれば、自己実現に喜びを見い出すことで人間は自己を確立できるそうで、他人からの評価に頼って自分に無理をして、自分を大きく見せたり、良く見せようとしても結局自分の得意なモノは見つからず、自分に自信が持てないということにつながるそうで、これはなかなか核心ついてるなぁーと思わず唸ってしまった。

「言いたいことが言えない」で悩んでいる人にとって、自分がなぜそういうことで悩んでいるかという背景を理解できる点ではこの本はとても良いのですが、具体的にはこれから何をすればいいのかという部分でスッキリしない所があるので、そういう状況に陥ってる人にはあまりオススメできる本ではないかも....

むしろ、そういう状況にある人が、何に悩み、何に苦しんでいるか理解する手助けになるように感じられる意味では、中間管理職で、20代後半や30代の人を部下に持つような人(まぁそういう点では自分にはとても役立った)にオススメの本じゃないかなぁー

言いたいことが言えない人―「恥ずかしがり屋」の深層心理 (PHP新書)
加藤 諦三
PHP研究所
売り上げランキング: 4759
おすすめ度の平均: 4.0
4 まずまず
3 共感
5 この本に救われた
4 パンチは効いてます
3 帰結が「幼児期の親子関係のみ」ってのは納得出来ないけれど

[PR]
by h5y1m141 | 2008-06-08 20:45 | 読書メモ

会社のおかねのやりくりってどうなっているの?

というのに少しでも興味、関心を持っている人には、実況LIVE 企業ファイナンス入門講座―ビジネスの意思決定に役立つ財務戦略の基本はうってつけの本かと思います。

わたしは、特に会社で財務担当でもないけれど、これからのビジネススキルとして、よく「英語」「IT」、「Finance」という3つが取り上げられるからっていうわけじゃないけど、この類いの本は苦手意識を持たないようになるべく意識的に読もうとしてますが、そんな自分にとって、会社の成長に合わせた財務戦略というのを、多少当事者気分も味わいながら読めて、タイトル通り、企業ファイナンスの入門という位置づけとしては最適なのではと思います(他に関連するのを読んでないから、あんまり比較できず、すみません。。。。)

財務戦略を担うという視点でも読めますが、後半部分で、資金調達手段として、銀行借り入れ、社債発行、増資などのそれぞれの長所/短所についても書かれており、投資家としてこれから投資をしようとしている企業の財務戦略を読み解くヒントにもなりそうなことも書かれているので、2100円と少しお高いですけど、投資の勉強の教科書としても活用できると考えれば、お得感が大きいかなぁと思います。

実況LIVE 企業ファイナンス入門講座―ビジネスの意思決定に役立つ財務戦略の基本
保田 隆明
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 5675
おすすめ度の平均: 4.5
4 平易で良くまとまっている
5 現場が分かる本
5 ステージにあっており、非常にわかりやすい。

[PR]
by h5y1m141 | 2008-06-03 22:20

まずは、自分たちのことを客観的に知ろうとすることから始まること

少し古いですが、前日本代表のオシム監督の日本人よ!を読んでいて
まずは自分の頭で考えてほしい。日本人は世界最高のものを模倣している。まずはそれをやめるのだ。客観的に自分の力を見極め、そこから自分の道を探して欲しい。

日本人よ!P.41より
ということが書かれていました。

戦後、欧米諸国に追いつくことで経済大国としての地位を確立した日本という国で生まれ育った自分たちの感覚からすると、どうしても、他所の国にお手本を求めてしまいがちなのかなぁとふと思ったのですが、外国の方から、このように指摘してもらうことで、自分たちのことを客観的に知れるのかなぁと思うのと、何よりも自分達のことを客観的に知ることなしに、相手との力量の比較もできないだろうから、この言葉はシンプルながらも、考えさせられる言葉のように感じられました。

客観的に知るということこそが、オシム監督が言う「リスクペクトする」ことになるそうで、過大にも過小にも評価することなく、客観的な価値を見つける努力をすることが、日本人化なのでしょうけど、これってサッカーに限らず他の分野にも通じそうな哲学のように思い、オシム監督の放つ言葉は含蓄のあるものが多いなぁーと改めて感じました

日本人よ!
日本人よ!
posted with amazlet at 08.06.01
イビチャ・オシム
新潮社
売り上げランキング: 14730
おすすめ度の平均: 4.5
3 「日本人は求められた以上のことを試そうとしない」にドキッとした
4 真っ当なサッカー論
4 テレビの会見だけではオシムは理解しきれませんね?
5 オシム監督のサッカー観が分かります
5 こっちが本当のオシム

[PR]
by h5y1m141 | 2008-06-01 22:10 | 読書メモ

数学者からみた言語の捉え方

08-05-14_03

数学する本能―イセエビや、鳥やネコや犬と並んで、あなたが数学の天才である理由で展開されていた「数学がパターンの科学」という考えをベースに言語学においてもそのパターンの科学という視点から数学する遺伝子―あなたが数を使いこなし、論理的に考えられるわけでは解説をされているのですがこの辺りの話の展開が自分にまだ足りない知識があったりして、理解するのが難しかった...



とはいえ、せっかく読み終わったので、自分が比較的なじみある領域のGoogleのような検索エンジンを引き合いに少し自分の言葉でまとめてみると、検索エンジンは、インターネット上にある多数の情報を収集し、収集した情報にどのような内容のことが書かれているのか、適当な細かさの単語に分解した上で、「どういう情報について書かれているか」という見出しとなるようなものを生成しておきます。


この”適当な細かさ”というのが、各言語(日本語、英語、フランス語、etc....)の構造というかパターンを掴んでおくことで効率的に情報の解析もできるのでしょうし、事実、Googleは以前は優秀な数学者を採用することにかなり注力していたというのを読んだ事あるので、数学的な考えを適用する事で一見すると面倒なように思える事もかなり効率的に問題に取り組めるのかなぁと感じました。



人間の心をパターン(視覚的なパターン、音響のパターン、言語のパターン、活動のパターン、行動のパターン、論路のパターン、その他多数)を説明する装置として捉える見方を提言されており、こういうモノの見方を数学に携わっている人がしているんだというのが知れるのは、かなり刺激的かも。自分の知識として、言語学の予備知識が無いので、消化不良な所もあったので、本書でも少し出てきた言語学の第一人者のチョムスキーに興味を持ったので、チョムスキー関連本を来月以降読んでいこうかと思います。(今は読みかけの本が多く、ちょっと余裕がない)


[PR]
by h5y1m141 | 2008-05-28 23:25 | 読書メモ

裏で"仕事"をする人が支える駅弁大会

a0033832_18584421.jpg

30年以上も前から京王百貨店で開催されている駅弁大会ですが、これを楽しみにしている駅弁ファンだけではなく、この催事のために、かなり熱を入れて取り組む駅弁を作る業者の方、そして主催をする京王百貨店と、毎年2週間という限られた期間の中でこれらプレーヤーがくりひろげるという意味で、駅弁の甲子園という表現はなかなか的を得ているなぁと、駅弁大会 (光文社新書)という本を読んで感じました。

この駅弁大会は、毎回かなり趣向をこらしており、タイにココナッツミルクで煮たイカメシを駅弁として販売するが地域があるという情報を聞きつけて、実際に現地に行って確認をして、そのレシピを再現して、海外の駅弁として販売したり、またある時は廃線になった路線の駅の駅弁を参加させたりとその企画力もですが、実際にこういう企画モノを実際にきちんと運営するのが個人的にはとても難しく、重要だと思っています。

そういう部分でも、京王百貨店の運営チームの努力はなかなかのものですし、こういう舞台裏に必ずといっていいほど存在しそうな名脇役といえそうな業者の方が一番印象に残ったのでちょっとだけ紹介しておきます。

1人目は駅弁大会に参加している業者に対して、ごはんを納品する中央炊飯株式会社の社長の福島さんという方。

この方は期間中会場にいて、それぞれの業者の売れ行き具合を見ながら、ご飯の納品のタイミングを計ったりするのすが、この社長のすごいのは、まず必ず参加する業者の所を訪問して、お弁当を試食して、お米の配合を確認するそうですが、なぜそんなことをするかというと
お米屋さんからのデータをそのままおっしゃる方もありますが、各社ブレンドが微妙に違いますので、やはり実際に食べてみないと本当のところはわかりません。
ときには先方から貰ったデータとはまったく違った配合で、結果的に同じ味を出す、ということもあるという。

駅弁大会 P.116より
とのことで、こういう所がプロっぽいなぁーと、思ったのと、開催時期が1月頃ということもあって、その時期に雪が降ったことがあったそうですが、
「ウチは必ず届ける、ということでやってますから。どんなとをしてもとにかくご飯は切らしません」

駅弁大会 P.116より
ということで、ご飯づくりだけではなく、輸送の部分にいたるまでの意識の高さが、かなりプロフェッショナルな感じがします。

もう1人は、京王百貨店の食品衛生管理畑を一筋に歩き駅弁大会も第一回から見守ってきた内田駿一さんという方で、
人間の力が少しも進んでいない。むしろ機械や技術の進歩によって、人間力が相対的に落ちている。日本の職人さんたちが伝統的に培ってきた、清潔や整頓を大切にする文化が次第に失われてきえいるのです。これは大きな問題です
という警鐘を鳴らしており、憎まれ役を買って出て、しっかりと"睨み"を効かしているから、食中毒のような事故が起きてないのかなぁという気がします。

お客さんから見える所でもちろん、様々な役割のひとが、自分達の仕事をしていると思いますが、裏で"仕事"をする人がしっかりと支えているからこそ、何十年もこの大会を続けることが出来ているんでしょうね。
駅弁大会 (光文社新書)
京王百貨店駅弁チーム
光文社
売り上げランキング: 44776
おすすめ度の平均: 5.0
5 立派なドキュメンタリー

[PR]
by h5y1m141 | 2008-05-18 18:57 | 読書メモ

ロブスターにもGPS搭載

08-05-14_01
最近かなりハマッている数学ネタですが、なんでこんなに興味を持てるようになったのか自分でもちょっと不思議な所があるのですが、意外と身の回りの至るところに存在し、ほとんど脳みそがないと考えられている生き物までが数学をしているということもあるそうです。

結構突拍子もないような話にもきこえるかもしれないけど、自然界でもっとも完成された航海者と言われているらしいロブスターは、地球のそれぞれの地域で微妙に異なる地磁気を利用し、位置を特定しているそうですが、こういうのは最新のGPSもたちうち出来ないそうですし、フクロウは、獲物の位置を測定するのに数学の三角測量を利用しているそうです。

もう少し身近な出来事でいうと、海辺で犬と遊ぶ時に、海岸線に対して、ナナメの方向にボールを投げる時、犬は最初は砂浜を走って途中から海に飛び込みますが、最短経路でボールにたどり着く道筋を選ぶのに、解析学の知識がないと、最短経路を求めることができないそうで自然界の至るところに数学が隠れているようで、このあたりのことが数学する本能—イセエビや、鳥やネコや犬と並んで、あなたが数学の天才である理由で書かれてました。

数学が苦手と思う人と、最近の自分のように数学に興味を持つ人との間では、「数学」のイメージが異なるからなのかなぁとこの本読んでいて感じました。

実際、本書では身の回りに存在する数学を"自然の数学"と定義し、それと対局にあるのが"学校の数学"という表現をしているのですが、数学が苦手と思ってしまう場合には、この学校の数学にあたるものと考えれば納得いきそうだし、自然の数学というのは「パターンの科学」としてとらえ、さらに「数学をする」ことはパターンについて推論をおこなうことだと考えると、ロブスター、フクロウにも「数学」の能力があるというのは決して不思議なことでもないのかなー

数学する本能—イセエビや、鳥やネコや犬と並んで、あなたが数学の天才である理由を読んでいて、自分が学生の時にこういう教えを受けていたら、数学に対するイメージってかなり違ったんじゃないかなぁと思える内容なので、数学に苦手意識を持っている学生さんなどには、オススメの本です。


[PR]
by h5y1m141 | 2008-05-16 06:40

1日30秒でできる新しい自分の作り方

Chair Cafe

4月から続けていた勉強会がやっと終わりましたが、こういうのは、回数を重ねていかないと、慣れないのかもしれないですが、「1日30秒」でできる 新しい自分の作り方という本を読んだ感じでは、改善できるような気もしてきました。

こういう勉強会の時などに人間がストレス状態になるのは、認知行動療法の考えに基づき

刺激→評価→感情/身体

ということで、説明がつくようですが、最初の刺激というのは、ストレスの原因となる状況のことを指し、今回の自分の勉強会に直面するというのがわかりやすい例かと思います。

この刺激を通じて、次の評価の所で、本来なら些細な刺激であるはずが
・根拠のない決め付け
・過大評価/過少評価
・他人の気持を勝手に推測する読心
・自己関連づけ
・"べき"思考
・"どうせ"思考
といった、認知のゆがみが生じていると、その刺激を大きなストレスとして受けとめてしまうと、不安になる、気分が悪い、冷や汗が出る、心拍数が上がる…という感情/身体面の変化が生じるということに繋がるようです。

自分が下した決定に基いて、最終的に緊張状態が感情面や身体面に表われてくるため、この評価の部分について、どのように対処するのがポイントになるわけで、この対処するというのがコーピング(英語のcopeが語源とのこと)ということになるようです。

コーピングの基本というのは

・自分を知ること
・自分の感情の理由を知る

と2つがあるそうで、具体的にいくつかのテクニックが本書で取りあげられているのですが、「他人をほめる」「ストレスの引き算思考」というのがなかなか面白い考えだなぁーと思ったので関連する箇所を引用させていただくと、前者については
人間誰も完璧な人などいない。なのに私たちは、100のうち70あっても30足りないといってその30ばかりを凝視してしまいます。ほめ上手になることは視野を広くさせるということにもつながります。

1日30秒でできる新しい自分の作り方 P.99より
と書かれていたのですが、相手の良い所を見付ける工夫をすることで、自分の思考のクセの改善につながるのかなぁと思うし、後者については
「人生の中でイヤなことの総量はすでに決まっていてそのイヤなことが実際に自分の身に起きた時は人生のイヤ出来事総量が減った」と考える

1日30秒でできる新しい自分の作り方 P.114より
と、超プラス思考な感じもしますが、こういう思考を持つことで、"どうせ"思考から脱却できるのかなぁとも思います。

こういうメンタルトレーニングに興味がある人や、近いうちにプレゼンを控えているなんて人は、かなり気楽に読める本なので、読んでみてはいかがですか?

余談:いちばん最初の写真と本文は全く関係なく、以前使っていたケータイを解約して使い道がないので、最近デジカメ 代わりに写真撮っているので、ついでに載っけてるだけです。

「1日30秒」でできる 新しい自分の作り方
田中ウルヴェ京
フォレスト出版
売り上げランキング: 42
おすすめ度の平均: 4.5
5 「がんばらないで がんばりましょう」は「ヤル気よりソノ気」と比肩する名言
4 入門書として最適!
3 とってもスタンダードな自律訓練法
4 簡単に実践できるコーピング技術
4 おもしろいです〜

[PR]
by h5y1m141 | 2008-05-07 22:17 | 読書メモ

日本の「食」は安すぎる

08-05-05_01

スーパーのチラシ等で無農薬とか、有機栽培などの表示を見かけることがあると思いますが、ちょっと気になるのが、あまりにも安い値段で提供されていたりすると、

「これって本当かな」

と少しだけ疑ってしまいます。

別に偽装とかそういうことを言いたいわけではなく、たった2年間だけですが、以前に近所の農家の方の指導の下で、野菜栽培をしたことがあるのですが、正直野菜を育てるのがあんなに大変だとは思いもよらなかったので無農薬でやろうとした場合の手間を考えると、その分のコストが上のせされていないと、生産者である農家の方はやりきれないだろうし、そのコストを無視してとなると、必ずどこか(流通業者とか?)にしわよせが来ているのではということが言いたいわけです。

日本の「食」は安すぎる―「無添加」で「日持ちする弁当」はあり得ないで同じようなことが書かれており、豆腐、納豆、漬物、ハム…と多岐に渡ってそれぞれの「食」で、きちんとしたモノを食べようと思ったら、それなりの値段を払わないと、手にいれられないわけだし、消費者としてもそのあたりをきちんと認識した上で、真面目な生産者の人たちが作るモノを"買い支えよう"ということを書かれています。

食に限らず、個々の人が自分の利益を追求しすぎた結果、全体の利益が損われることがあるように思っているのですが、公共経済学とゲーム理論というページにもでてくる囚人のジレンマで考えれば、決して得にならないのかなぁって思っており、
あらゆる場面において「お客様の要望通りに」という、徹底的に消費者寄の態度ばかりが目につくようになってしまった。
〜中略〜
社会全体としても良い方向に進んでいないように思えるのだ。
日本の「食」は安すぎる P.200より
と本書でも書かれていましたが、一昔前のように、モノ不足な時代だった時は消費者が不利な立場に置かれていた時代では今はないわけだし、生産者と消費者とのバランスを考えなおしても良いのかもしれませんね。

[PR]
by h5y1m141 | 2008-05-06 22:47 | 読書メモ