タグ:ビジネス ( 60 ) タグの人気記事

広告価値

前からずっと気になっているんだけど、最近TVのCMで、「続きはwebで」っていうやつ、あれってTVのCM価値を計ろうとしているのかな??

なんでそんなことを思ったかというと、HDDレコーダの普及によって、CMスキップされることが結構増えてきていると思うし、実施HDDレコーダーによるCMスキップで“損失”540億円という記事もでているくらいだから、数字の是非は置いといても、やはりTVのCM価値がどの程度のものなのか、広告主だったら知りたいと思う。

で、どっかの広告代理店とかが、「続きはwebで」っていう戦略を思いつき、CMを流した時間帯で、実際に検索エンジン経由で、自社のwebサイトに訪れたPVをチェックすることで、ある程度CMの価値を見いだそうとしているのかなぁとも思った。

TVのCM単体では、個人的には今後はあまり広告価値は低いものになるかと思うけど、ブロガーにとりあげてもらうためのネタとなるような位置づけにすることで、今まで以上に価値のあるものになるのかと思う。

※例えばNikeのロナウジーニョのやつとかね。
[PR]
by h5y1m141 | 2006-07-14 21:49

無料の功罪

よそのブログですが、ココログというniftyが運営している所があるのですが、どうもパフォーマンスが悪いらしく、大掛かりなメンテナンスをおこなうことになったそうで、そのメンテナンスに関しての状況が逐一こちらでアップされています。

ブログって大抵は、無料で開設できるけど、何かしらのオプションを利用しようとすると、有償でないと利用できないから、その分お金を払ってその対価として様々な特典を利用しているはずだろうから、少なくともお金を払っている人からすると、今回のようなメンテナンスになっても、自分の所は影響が無いか、あってもすごく限定的だという風に判断するかなぁと思います。

で実際にそのような形でココログのメンテナンスが行われているかって言うとどうもそれとは正反対というか、有償会員の方にかなりの影響が出ているみたいです。

特にインターネット上のサービスは無料で利用できるものが少なくないと思うのですが、そういうサービスを維持していくには、かなりのコストがかかるはず。

なので、サービスによっては、有料化しないとやっていけないものもあるんだろうけど、有料化によってお客様の期待度が今まで以上になってしまうと予想される以上、それに答えることが出来るほどサービスレベルが向上できるかどうか約束できないと思われるから、なかなか有料化には踏み切れないんだろうなぁって思った。
[PR]
by h5y1m141 | 2006-07-14 09:28

オフィス環境

POLAR BEAR BLOGさんのフリーアドレス用パーソナルスペースのエントリーで知ったのですが、進む職場の情報化、新たな労働態様と心身の健康というPDFファイルを先日読んだのですが、その中で、従業員の「燃え尽き症候群」のことが書かれていました。

ちょっと気になったので、このPDFファイル読んでみたところ、フリーアドレスが直接の原因ではなく、そもそもフリーアドレスが導入されることになった背景として、コスト削減への強い要求、フレックスタイムや成果主義が導入されているといったものがあって、そういう過度なプレッシャーから燃え尽きてしまっているのかと思いました。

私はこのPDFを読む前までは、フリーアドレスってそれほど悪いものでないと思っていたのと、実際前の会社はフリーアドレス導入していましたが、これを読んだ後だと、手放しに良いものともいえないのかも。

前の会社の際の職業を思い浮かべながらこれを受けてその結果が本日フィードバックされたんだけど、その結果見たら、かなりストレッサー(*)が高い結果が出ていたので、その裏づけになっている気がする・・

(*)ストレッサーは、ストレスに立ち向かう術のエントリーを見てください
[PR]
by h5y1m141 | 2006-05-25 15:02

社内Blog

今週はちょっとだけ忙しくてなかなか、書く時間がとれないので、なんだかすごく久しぶりのエントリーっていう感じがするなぁ・・

まぁ、そんなことは置いといて、タイトルの「社内Blog」のことなんですけど、前の会社でもあったのですが、喫煙ルーム(別名タバコ部屋)で何気なく話している会話ってかなーり、濃い情報が集ってました。

自分はタバコをすわないけど、上司が喫煙者なので、よく付き合ってタバコ部屋に行って、そういう濃い情報なんかをたまに仕入れていました。

こんなタバコ部屋で話されるちょっとした情報も社員同士のコミュニケーションを円滑にするものとして強ち(あながち)無視できないかなぁって思っており、そのための手段として、最近ちょっとづつ注目を集めている(と勝手に思っているけど)社内Blogかなぁと思っています。

そんな自分の考えを代弁してくれているかのようなエントリーを社内ブログコミュニティここで見つけました。ちょっと引用すると
所謂「喫煙ルームでの情報交換」のような偶発的な知識の交流が行われることを期待しています。そこから新たなアイデアが生まれ、それがタスク化されて具現化するきっかけになることを狙っています。
っていうのはまさに自分の考えていたことだったので、共感できた。

あとは
普段コミュニケーションがないことで、まれに議論に感情的なすれ違いが発生することもあります。
という部分も、最近の会社では、中途入社の方、派遣社員の方などいろいろな形で途中からその会社に加わった方達もいる状態である以上、多少は肩の力が抜けたコミュニケーションの場として、社内Blogみたいなもので、お互いの人柄みたいなものを知っておくことで、会議などの議論におけるこのような状況を、100%とはいわないけど、避けられるんじゃないかと思っています。

上記エントリーの内容で、ちょっとだけ技術的側面で興味引かれたのは、NotesベースのBlogなので、オフラインでの投稿が出来るというのは、面白いなぁって思いました。

というのも、例えば営業マンとかが、外出先でちょっと思いついたことをBlogに書こうとおもっても必ずしもネットワークに接続できる環境にあるとは限らないため、通常のWebベースのBlogだと、この点が課題になるけど、このNotesベースのものは、オフライン状態でも思いついたことを書いておいて、オンラインになったら、同期が取れる仕組みになっているというのは、ビジネスでの利用においては、結構ポイント高いかなぁって思いました。
[PR]
by h5y1m141 | 2006-04-20 19:44 | 仕事ネタ

折込チラシの価値

POLAR BEAR BLOGさんのこのエントリーでしったのですが、何でも日経広告研究所の調査によると、「新聞のチラシを見るのは好きか」という問いに対して、女性の約9割くらいは「好き」と回答したそうです。(男性は6割程度)

関心の度合いに差があるのも面白かったのですが、上記エントリーからちょっと引用させてもらうと
また同じ調査によると、チラシで「とても興味・関心がある業種」をたずねたところ、以下のような結果になったそうです:

【女性】

* スーパー … 77.4%(男性は14.8%)
* 外食産業 … 29.1%(男性は8.5%)
* 求人 … 24.4%(男性は6.3%)

【男性】

* 不動産、車、家電量販店で女性より強い興味を示す(割合不明)


と折込チラシのチェックするジャンルも男女差があるそうです。

最近は、うちの奥さんが帰宅が早くなったのもあって、料理する機会は以前に比べて減ったのですが、それでも長年の自炊の習慣(っていってもたかだか2,3年くらいだけど)からか、昔と変わらず、男のくせに、スーパーの折込チラシは、結構チェックするなぁ。

よく新聞とかでは、物価の上昇の度合いのバロメーター的な指数として、CPI(消費者物価指数)が取り上げられているかと思うけど、自分の中の物価上昇のバロメータは、近所のスーパーで売られているものかなぁ。。。ってこんなことが書きたかったわけじゃなかった。

書きたかったのは、このエントリーで前に書いたけど、やっぱり折込チラシの価値っていうのはある特定の人たちにしてみれば、価値のあるもののようなので、その情報の届け方を工夫すれば何か新しいサービスが出来たりするんじゃないかなぁ。

余計なおせっかいだけど、今のままだと、新聞の将来って大丈夫かな?
[PR]
by h5y1m141 | 2006-04-06 21:52 | 仕事ネタ

育児休業、父親の利用2.4%らしい

育児休業を利用している父親はほとんどいないというのをこのエントリで知りました。(元はベネッセの調査)
利用しなかった理由(13項目のうち3項目まで選択)では
「職場に迷惑をかけるから」が31.2%で最も多かったそうです。

やっぱりそうなんだね。家は今の所、子供いないけど、子供できたら、育児休業はできればやっぱり取りたいけど、こういう回答をするお父さん達の気持ちもわからないでもないので、もう少し柔軟な育児休業の仕組みってできないもんなのかね。

例えば、お昼からの半日出勤だけとか、在宅勤務とか、オランダのようなワークシェアリングモデル導入するとか、etc・・・

もちろん、これらを実施する際の障壁となるものもあるのは重々承知しているつもり。特に在宅勤務は管理職からすると、勤務実体把握しづらいとか、自宅から会社にネットワーク接続できるようにすることによる情報漏洩のリスクとか、在宅勤務者は若干疎外感みたいなものを感じることがあるかもしれないので、その辺りのメンタルケアとかね。

でも、育児休業で半年とか一年とか丸々休む or まったく休まずに奥さんに全部おまかせという二択くらいしかないという現状も、なんだかちょっとむなしい気がするなぁー
[PR]
by h5y1m141 | 2005-12-13 21:05 | 仕事ネタ

はてなマップ正式サービス開始で、新聞がなくなる日が近づいたかな?

ニュース記事はこちら

ベータ版で提供されていたはてなマップのサービスがいよいよ開始されたので、ちょっと使ってみた。
とりあえずこの間知ったFika Cafe の場所を登録して、CAFE というタグつけたんだけど、
まったく知らない人もそれぞれのお気に入りのカフェの場所とかを CAFE という
タグつけているので、ここを見たり、このフィードを自分のRSSリーダに登録しておけば、自分のしらなかったお店がみつかもしれない。

はてなマップつかって思ったんだけど、前にここで紹介されていた以下の文章をふと思い出した。
新聞は売り上げの4割以上が販売店に回る販売経費という構成になっている。これに加えて販売店は1世帯当たり年間3000枚もの折込チラシを挿入するビジネスを行っている。この折込みチラシ広告のビジネス規模は雑誌よりも大きい。折込みチラシはテレビ、新聞に次ぐ第3位の広告媒体なのだ。この部分はほとんど販売店の丸儲けになるという。数十万人がこの仕事に従事している。

現在ははてなマップ上には、地域に根ざしたような広告の類は出ていないけど、はてなマップみたいなもの使えば、新聞の折込に頼らずに、もっと機動的に情報を伝えたい人に対して効果的に情報を伝えられるんじゃないかなぁ。
そう思うと、新聞がなくなる日が近づいたのかな?
[PR]
by h5y1m141 | 2005-12-06 22:06 | 仕事ネタ

クローキング

今日はじめて知ったことば「クローキング」
こちらのページによるとクローキングとは

ロボット用と一般閲覧者を別々のページに誘導するような、スパム最高奥義です。

とのこと。

悪徳業者は、Googleなどで利用されている検索エンジンのロボット用のページを設けておいて、人間が検索エンジンつかって検索した際にヒットしやすくなるような対策を練っておき、人目につきやすくしておくが、実際に人間がアクセスするとどう考えても検索でつかったキーワードとは関係ないような広告がでまくるようなページが表示される。

こちらのページでも解説されているけど、人間がアクセスしたのか、Googleなどのロボットがアクセスしたのかを振り分けるのは技術的にとっても簡単。
[PR]
by h5y1m141 | 2005-03-30 10:34 | 業界動向

[メモ]非接触カードの戦い

IT Media の「電子マネー戦争 Suica とEdy は競合する」 というのを読んでいて思ったけどやっぱり電車に乗るのも使えるし、ある程度買い物もできるみたいだから、Suica の方が有利かな。しかも Suica は 私鉄、バスと共通化するみたいだから、万人の利用頻度が高い交通インフラを押さえられるのは有利かなぁ。そう考えると、Edy の方は少しSuicaと比較すると少し劣る気がするなぁ。

どちらが優位になったとしても結局基本技術として使われているのは Felica みたいだから、そういう点からすると、Sony はすごいなぁ。家電業界では最近はSonyブランドの優位性というのが薄れているみたいだけど、Sony Bank とかPSP などあるから、そのあたりでは期待できそうな気が。少し研究してみようかなぁ

参考になりそうな記事
携帯電話でSuica、2005年度後半に JR東日本
モバイルSuicaサービスは、ドコモのFeliCaケータイで利用可能になる
2005/02/01追記
ウィキペディア(Wikipedia)にFeliCaの説明あり

<おまけ>
携帯電話が便利になればなるほど、携帯電話向けのセキュリティ(強固な仕組みをつかった本人認証や携帯電話をねらったウィルス対策)を手がける事業が今後必要になったりして
[PR]
by h5y1m141 | 2005-01-29 22:53 | おかねのこと

[エコロジー]ペレットストーブ

ペレットストーブは、部屋の空気を汚さず、石油ストーブなどに比べ、温室効果ガスの排出量も少ないらしい。また、ペレットストーブは、朽木やおがくずなど、本来活用できずに捨てていたようなものをかたまりにした木質ペレットを燃料にしている。

難点は、製造コストがかなり高い(数十万円台~)

<参考情報>
・ペレットストーブを販売している会社

・内子小に廃材を利用したペレットストーブ導入(愛媛)

[PR]
by h5y1m141 | 2005-01-27 10:58 | メモ