タグ:ビジネス ( 60 ) タグの人気記事

「募集効果」狙い宣伝合戦に拍車

a0033832_23191389.jpg
日経新聞で「募集効果」狙い宣伝合戦に拍車という記事で
人材の「売り手市場」は各社に追い風だが、利用者を増やし続けるないと競争から脱落しかねないとの危機感が背景にある。
と転職情報サイト各社が、著名人をつかっての広告合戦が盛んになっている背景について触れていました。

エンジャパンが爆笑問題つかったCMやっていて、個人的にはあれ好きなんだけけど、こういう宣伝合戦をやっている限り、体力勝負(つまりは、資本力のある/なしの勝負)になるんじゃないかとちょっと心配。

転職サイトの@typeの例が出ていたけど、
電車内や駅での広告など広告宣伝費は既に月1億円前後に達する。これは4年前のほぼ100倍だ。
ということで、これだけの予算をかけて、はたして、どれくらい狙っている人材が獲得できるのかな?

ちなみに自分だったら、広告宣伝費にこれだけ予算投入しないで、まずは、転職サイトのシステムに少し予算をかけて、以下のような機能実装させるんだけどなぁ。

- 現在参照される数が多い(欲を言えば問い合わせの多い)順でソートされる機能
- アマゾンのようなリコメンド機能
※webアプリ開発のエンジニアという求人だったとしても、受託開発なのか、自社のインターネット関連サービスに関する開発なのかとかで、話が変わると思うから、こういうリコメンド機能みたいなのがあってもよいんじゃないかなぁ
[PR]
by h5y1m141 | 2006-11-24 22:44

GABA上場

a0033832_10184884.jpgここしばらく新聞のチェックしていなかったので、今朝いつものように早起きしてまとめて新聞チェックしてきになった記事を切り取ってまとめて読んでいたのですが、以前通っていたGABAという英会話教室が、マザーズ上場することになったみたい。

日経の記事にもあったのですが
会話能力や受講目的から生徒ごとにふさわしい授業内容を設定するのが特徴
で実際、自分が通っていた時にもGABAが提供する教材以外にも、自分が教えてほしい内容があれば、教材を持ち込めば説明してくれるということを、言われたので、実際に仕事で英語を使わざるを得ない状況に陥った人にとっては、こういう英会話スクールは結構有効かも。

ただ、マンツーマンなので、40分ほどずっと英語しか話せないというのは、かなり疲れるので、英語に抵抗感がある人は、ある程度覚悟して通った方がよいかも(これはGABAに限らないけどね)

あと、 先生の質が通う時間帯によってかなり変わり、自分の場合には、出勤前の時間帯で通っていたことが多かったけど、その時間は、それなりの年配の方もいて、会話自体もためになることが多かった。

ただ、たまにどうしても休みの日しか予約がとれない時に休日に行ったことがあるんだけど、その時間帯で通う生徒が若い人が多いせいか、先生も若い人が多く、どうしても会話がカジュアルになりすぎ、個人的なニーズに合っていなかったので、通学目的がかなり明確になっている場合には、通学する時間帯はかなり重要なポイントかも

おまけ:
GABAの公開価格は26.5万円、仮条件の上限を下回るそうです。
[PR]
by h5y1m141 | 2006-11-23 10:32

時間をお金で買う

普段、目にする情報になんとなく偏りが出ているような気がしていて、これじゃちょっとまずいかなぁと思って、1,2週間くらい前からですが、日経新聞で気になる記事があったら、まとめて切り抜きだけしておいて、後でまとめて読むような習慣付けを始めました。

で、掲載された日付は忘れたのですが、売れ筋で見る消費という記事で
家事に費やす時間を節約したい女性の「時短」のニーズの強さは意外な商品の売れ行きからも読み取れる。
とありさらに
自炊が面倒なときのために買いだめしている
~中略~
短時間で負担も軽くする商品が消費をつかむ。
というようなことが書かれてました。

結婚する前には、ほぼ毎日自炊していたから、こういう心情はよくわかるなぁ・・・

実際、疲れている時なんかは、作るのもだけど、その後の、片付けを考えるとちょっと嫌になるから、そんなときにはヴィドフランスでパン買ってきて、それを食べておしまいっていうこともやってたし。

こういう時の心理として、購買する際の金額が多少高くても、それを使うことで、その後のメンテナンスというか、後片付けが楽できたり、時間が節約できるのならば、惜しげも無く、お金を投資できるし、こういう視点で色々モノゴトを考えると何か、ビジネス上のチャンスってどこかにあるのかなぁって思った
[PR]
by h5y1m141 | 2006-11-16 22:42

柔軟な労働時間を求めて

a0033832_2044239.jpg
ここんところ、日経の「雇用ルールを問う」という連載記事が気になっているのですが、金曜日に柔軟な労働時間を求めてというタイトルで興味深い記述がありました。
通信のソフトバンクテレコム。携帯パソコンを活用して仕事場所を自由にした。労働時間も社員の意思で調整でき「子供を寝かしつけてから仕事」も可能。
うちは、まだ子供いないけど、周りの人などを見ている限り、子供が出来てから保育園がなかなか確保できなかったり、あるいは、急に子供の具合が悪くなったりするなどして、会社を遅刻/早退せざるをえないような人がまだまだたくさんいると思うけれど、こういう風に労働時間を社員の意思で調整できるような仕組みを可能な限り取り入れる企業が増えていけば、もっと活力が生まれると思うんだけどね。

さらに続けて
「時間配分を工夫して休職せずに大学院の学位を取った社員もいる」(人事担当者)
というのがあって、こっちは個人的にはとても興味が引かれる内容で、可能だったら、もう一度大学に行って、心理学を学びなおしたいと思っているんだけど、今のような会社の仕組みだと、どう考えても無理だよなぁ...

成果主義が普及しつつあるけど、いまだに、労働時間を基準にした評価制度が主となっている感じだと、結局は上記のような柔軟な労働は実現しないんだろうけど、そこから議論を一歩深めてもっと柔軟な労働が広まってほしいなぁ
[PR]
by h5y1m141 | 2006-10-28 20:44

録画したくなるCM

もう1つBRUTUSから。

各業界の発明&開発状況についてまとめてあるページがあって、その中に広告についての記事が
最近、CMがスキップされると広告業界は戦々恐々としているんだけど、逆に「録画したくなるCM」がどういうものかを考えるときだと思う。業界がピンチの時って発明の可能性がゴロゴロしているから、今は広告がもう一度進化するチャンスだと思います。
というようにありました。

個人的には、最近のHDDレコーダーの普及で、CMスキップされるから、TVのCMはかなりやばいって思っていたけど、なるほど、たしかにこういう考え(録画したくなるCM)というのに悲しいことに気付かなかった。

前にテレビCMとwebとの連携というエントリで「たらこキユーピー行進」篇というのを取り上げたけど、あういうのがもしかしたら人によっては録画したくなるCMかもしれないし、自分の中では、NikeのCM(特にサッカー系のやつ)が、まさに録画したくなるCMかなぁ。

ただ、家には、HDDレコーダー無いので、録画したくなるCMというよりは、YouTubeでチェックしたくなるCMというのが正解かも。
[PR]
by h5y1m141 | 2006-10-16 21:58

会社の看板を背負って書く難しさ

DESIGN IT! w/LOVEさんの住さんのブログエントリーと渡辺さんのセミナーでの講演の紹介というエントリーで
普通にブログで自分の考えてることを書きましょうだったり、ほかの人のブログで気になるものがあればトラックバックして自分の意見を伝えて上げましょうとか、
とあったのですが、自分の考えていた事をインターネットによる満足度調査の概要でまとめて、会社の人達にもこういう感覚みたいなものを知ってもらえればとおもって、会社で書かせてもらっているブログでほぼ同じ内容を書きました。

「月刊人材ビジネスの記事を取り上げるのは、ちょっとまずいのでは」

という指摘を多少うけたので、最初に書いた記事を削除して、新しく書き直しました。

別に、自分の意図は月刊人材ビジネスの記事に対して、どうこう言っているつもりではないし、自分が言いたかった事は記事内容についてではなく、あういう調査結果を読む際に、なんとなく眺めるのではなく、自分なりのモノの見方を持ってもらえればと思って書きました。

実際、他の方(仮にSさん)からは、

「なんで書きかえたの?」

って言われて理由を言ったら、

「きちんと読めば、あのエントリーの意図がどこにあるのかわかるのにね...」

と言っていただけたので、当初の内容であまり誤解を与えるような書き方をしていたわけではないと思って、多少はホッとしましたけど、またDESIGN IT! w/LOVEさんのエントリーを引用っせていただくと
実はそれが大企業にとっては、「思い切った」「尖りすぎた」ものとして認識されてしまう可能性をもったマーケティングの歴史=文脈をもっているわけです。
とあるとおり、私の会社は大企業ではないけれど、普段からブログを書いている自分や上記のSさんを除いたみんなの感覚としては、あのエントリーは「思い切ったもの」と感じてしまうのかなぁと。

会社の看板を背負って書くというのが、自分の書いた文章の表現はもちろんなんだけど、引用した記事等が、会社にとってのステークホルダーなのかどうかというのも考えないといけないのかなぁとちょっとだけ気付かされました
[PR]
by h5y1m141 | 2006-10-15 09:19

周りの人からの影響

日経ビジネスの10.2号で人材沈没という特集があったので買ったのですが、その内容よりも、なんとなく気になったのが、全く特集とは関係ないページで、本のベストセラー。

何が気になったかというと、東京と大阪でのベストセラーが全く異なっている所。それぞれ5位まの売れている本を抜粋すると以下のようになっています。

東京 (丸善丸の内調べ)
1位 キャノンの仕事術
2位 小沢主義
3位 大地の咆哮
4位 日本の電気産業 再編へのシナリオ
5位 誰が日本を救うのか

大阪 (大阪 旭屋書店本店調べ)
1位 社員が進んで働くしくみ
2位 大地の咆哮
3位 最強の勉強術
4位 なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?
5位 無防備列島

調査期間は8月11日から9月10日までらしいから、それなりの数値は取れていると思うけど、詳細な数字がないので、正確な事がわからないけど、大地の咆哮以外は、東京、大阪それぞれに全く異なるものが売れているから、地域によって全く関心となる対象は変わるのかな?

※ちなみに6位から15位までのデータを眺めても、かろうじてなぜ、社長のベンツは4ドアなのか?がそれぞれの地域でランクインする以外は共通で売れているものが見つかりませんでした。

インターネット上で情報が入手しやすくなっているし、ネット上などの口コミ情報もある程度手に入りやすくなっているにも関わらず、なんでこんな感じで地域毎に差がでるのかなぁと不思議に思ったけど、情報の入手元として信頼しやすいのは、うまくいえないけど、物理的に距離の近い人(家族、友人、会社の同僚あたり)なのかな?

ふと、自分に置き換えてみたら、最近始めた散財.comはうちの奥さんから勧められたものだし、ナイチンゲールの沈黙を今日の帰りがけに会社の人から、勧められて、買ったりしているから、リアルな世界での周りの人からの影響は大きいのかも。
[PR]
by h5y1m141 | 2006-10-11 23:04

小型のフィットネスクラブ

昨日の日経の夕刊に出ていたけど、駅から近くて、お手軽に通える小型のフィットネスクラブの記事がでてました。
広さはコンビニエンスストアとほぼ同じ。運動時感は一回約30分で、シャワーもない簡素な施設がほとんど。
記事でとりあげられていたのは、クイックシェイプというやつで、料金は5000円台という料金設定。
たしかブルーオーシャン戦略に出ていたけど、会社の戦略を見直して、バリューイノベーションというものを達成するために、既存の戦略要素の中で、加える、増やす、減らす、取り除くという4つの観点で、戦略を見直すことで、レッドオーシャンから抜け出せて、ブルーオーシャンに行けるということで、この場合だと、取り除く(シャワールーム)ことによって、従来のような敷地面接を必要とせず、利便性の良い所に出店できるようになって、利用者側にとっての利便性を高めているけど、値段が5000円台 というのが、ちょっと割高な感じがするなぁ。

カーブスという、やはり同じ戦略を取っている所もあるけど、正確な値段がwebサイトに記載がなかったけど、そっちもやっぱり5000円台のような感じらしい。

お手軽感を出すとなると、もう少し安い(せめて3000円台)だったら、ちょっと試そうかと思うんだけどね。
[PR]
by h5y1m141 | 2006-10-08 11:50

推薦(レコメンデーション)エンジン

a0033832_22285979.jpg求人情報というエントリを書いたけど、なんかちょっとヒントになりそうな記事が今朝の日経に出てました。

求人情報じゃないけど、音楽について「推薦」してくれる、レコメンデーションエンジンについてで、
利用者が好きなアーティストや曲名をサイトに入力すると「それならこれも気に入るはず」と類似の曲を自動的に選び、次々とパソコンに流す。
というもので、アマゾンの「この商品を買った人はこんな商品も買っています」という機能と同じような機能を提供してくれるサービス。

上記は、音楽を対象にしているけど、これをそのまま求人情報に活用できそうな気がしたんだけど、一番肝心なことを忘れていた。

音楽の場合、自分自身の好みは、自分自身でかなりの確率で、「的確に」把握しているから、自分のフィルターに叶うものであれば、こういう推薦エンジンはとっても有効に機能するかと思う。

一方で、求人の場合に、その人自身が、自分自身のスキルというものをきちんと把握できているかどうかが、結構怪しくて、実際、日々仕事をしていて感じるのが、どちらかというと、自分の能力を過小評価しがちな感じがするため、過小評価したフィルタを通した求人だと、推薦エンジンは有効に機能しないのかなぁと。

ちょっとお酒飲みながら書いていて、頭があんまり機能していないからうまくまとまんないけど、いづれにしても、推薦エンジン機能だけではダメっぽい気がしてきた。
[PR]
by h5y1m141 | 2006-10-04 22:29

物流の凄さ

2、3週間くらい前から、うちの近所のコンビ二の品揃えがなんとなく少ないなぁって思っていたけど、まぁ気のせいだと思い込んでました。

そしたら、1週間位前なんだけど、コンビニの入り口に「19年間ありがとうございました」という張り紙がしてあって、どうも今月一杯でお店を閉める事になったみたいで、おそらく2、3週間くらい前から、商品の補充をちょっとづつ控えていたのかもしれない。

ちょっと不謹慎な表現だけど、災害にあった際に、モノが不足するという感覚に近いのかなぁと思っていて、普段はコンビニ行けば、モノにあふれているけど、その裏では、実はものすごい頻度で商品の補充をしているだろうし、当然そのための物流網も整備されているだろうから、こういう状況を目の当たりにして、日本の物流ってすごいんだなぁと気づきました。

おまけ:
モノが補充されなくなってきたなぁと顕著に感じたのは、紙パックの飲料系のものや、パン類、後は新商品として発売されているはずのペットボトル飲料やビールなんかが補充されなくって、雑誌なんかは、(再販制度のためかどうかわからないけど)今でも最新のものは店頭に並んでます
[PR]
by h5y1m141 | 2006-09-25 22:41