タグ:ビジネス ( 60 ) タグの人気記事

ビルゲイツの面接試験-ビジネス編

最近、他の方のブログを読む時間がなくって、この間まとめて読んでいた時に、ビルゲイツの面接試験-ビジネス編というエントリで面白いビジネスの問題が出てました。
【1】 チープ革命の波は企業だけでなく個人にまで押し寄せている。個人が会社に属さずにウェブでビジネスをして十分に食って行くことができる時代が来ようとしている。

【2】 クレジット・カード詐欺やフィッシング詐欺が増えた結果、消費者がオンラインで個人情報を与えることにとても慎重になっている。その結果、 Amazon、Walmartなどの「信頼できる大手e-コマースサイトでしかオンライン・ショッピングをしない」消費者が増えている。

まずは自分なりに整理してみたのですが、1について考えると、インターネットの普及により、ビジネスの立ち上げで従来必要としていた各種諸経費がタダとはいわないまでも、かなり格安になってきており、例えば一昔前ならば、仕事では書かせないWordやExcelというソフトもGoogle Docs & Spreadsheetsのような機能をつかえば、ある程度は代替えになるかもしれず、ウェブ上でビジネスをする上でのインフラがある程度は整ったのかと思います。

が、一方2について考える際、インターネット上のサービスというのは、消費者の立場からすると、信用=大手(というか知名度?)という図式が頭のどこかにあるために、個人がほそぼそとやるようなサービスには見向きもしないのではと思ってしまい、実際自分もいまだにネット上で何かを買う際には、結構保守的だからかもしれないけど、割と大手というか有名な所を頼ってしまいます。

こう考えると、個人がインターネットを活用してビジネスを始めるのに心理的敷居は低く、リスクも低そうなので、参入しようと思って、実際にそういうものを使おうとする消費者の側からすると、会ったことも無い、どこの馬の骨ともわかんないモノは使わないよーっていうことになるんではないかと。

実は、ここまでのまとめは、一昨日くらいまでにアタマの中でまとまったのだけど、これを解決する方法みたいなのがイマイチ思いつかなかったけど、ふと今朝、思ったのが、こういう個人がインターネット上で営んでいるサービスについて、どの程度の信頼性があるのかをある程度保証するサイトがあってもよいのかと思った。

リアルの世界だと新規にお取り引きをする企業が出た場合に、例えば、帝国データバンクの情報を元にするケースというのが少なからずあると思うけど、こういう仕組みを取り入れて、個人が運営しているインターネットビジネス自体を評価&それを、みんなで共有するサービスを提供するサイトがあってもよいのかも。

ただ、なんかこういうサービスっていうのがどっかにありそうな気がするなぁ....
[PR]
by h5y1m141 | 2007-03-02 21:49

バリバリ働く女性のキャリア

今日は、グループ企業の方たちが、一同に介しての研修がありましたがその中でちょっと気づいたことがあって、例えば外資系の金融企業などで、バリバリ活躍しているキャリアウーマン(これ表現古いかな??)の方がある事情で辞めざるをえないということを知りました。

その事情というのは、自分の親の介護の問題で、例えば地方から出てきて、東京で就職したというような場合に、介護のために実家に戻っても、今まで活躍していたようなフィールドでの仕事がないということで、結局その人たちにとっても、今まで働いてきた中で築き上げたキャリアの損失という部分のみにとどまらず、そういう優秀な人材をうしなってしまうという意味では世の中的にも損失なのかもしれませんね。

介護の問題については、個人的には他人事ではないため、なんかちょっと考えさせられました。
[PR]
by h5y1m141 | 2007-02-23 20:40

ユナイテッドアローズ心に響くサービス

ユナイテッドアローズ心に響くサービスはすでに読み終わっていて、まとめるのを忘れたので、自分のためにメモ。

顧客満足度(CS)の向上を掲げるところがたくさんあるけれど、それが単なるお題目になっていて、実際には売上が一番という形になりがちだが、UAは現場を重視しており、それが制度に現れているかと思う。

入社時に高い志をもっているかどうかをさぐったり、そもそもその人のライフスタイルがどのようなものかをエントリーシートで記述させたり、することで、入社段階で一定基準を満たす人材採用

入社後については、元販売職の人材を配して、適切な教育を行ったり、みんながあこがれるバイヤー職になる場合には、あくまで異動であり、昇進という言葉は禁句であり、販売職がバイヤーの下という関係性を否定して、販売という仕事を一生の仕事ととらえている(しかも将来は販売職の執行役員というのも考えているらしい)

この類の本の場合あまりネガティブなことがかかれないかなぁとおもっていたけど、たとえばお客さまからのクレームについても事例がでてました。

UAがはいっているルミネで開催される接客コンテストである年に最下位だったことがあるというような普通だったらかくしたくなりそうな話もでており、このあたりは、会社として、こういう事実に正面から向き合い、どのように対応していくべきかが現れていて、実際ルミネの事例についてはその店舗の店長と、その担当エリアの幹部だけでなく、他のエリアの幹部も含めて、今後の対応について考えたそうです。

実際自分もGLRのでたまにスーツ買うけど、以前に購入に行った際に見た目の体系からおおよそのサイズを当てて、しばらくして、また店舗を訪れた際に、その時は買うつもりではなく単に試着だけのつもりだったけど、絶妙のタイミングで声をかけられ、しかもサイズを覚えてくださった事が一番感心したなぁー

3/15に会社の近くにGLRオープンするので、オープンして落ち着いた頃合いを見計らって、チェックしてみようかと思っています。
[PR]
by h5y1m141 | 2007-02-21 23:03

伊勢丹はなぜトップブランドになれたのか

07-01-30_21-08.jpg全く仕事に関連があるわけじゃないけど、年始にユニクロvsしまむら―専門店2大巨頭圧勝の方程式を読んでから、ちょっとアパレル業界系の本に興味がでてきたのもあって、伊勢丹はなぜトップブランドになれたのかをこの間の週末で読み終えたので、この前書き留めていた内容のメモをべーすにしてこの写真のW-ZERO3のキーボードでまとめてみました。(ここから下は、基本はW-ZERO3使って書いたけど、こうやって見ると自分でもよくこれだけの文書かけたなあとちょっとびっくり)

新宿は新しい地下鉄開通にともない、競争が激しいそうで特に高島屋は駅直結という利便性で一時は優位だったが、店員が少なく、結果接客面でのマイナスという状況にあるために、これからまきかえしを測るとのこと。

西口の京王は独自路線の戦略で自主MDで若い人にはダサイとうつるかもしれないけど、中高年女性には安心感のある品ぞろえということらしく、これはこれである意味正解なのかも。

もう1つの西口のデパートといえば、小田急があるけど、最近変化をしているそうで、伊勢丹出身の経営陣による巻き返しをはかり、それを後押しするように、親会社の小田急電鉄が資産から小田急百貨店を切り離して、営業に注力できる体制になったみたいです。

伊勢丹はどうかっていうと、売上高経常率が4%とかなり高い(地方の百貨店だとこれが1%を下回る場合もあるとのこと)状況で、それをささえている部分としては、以前からのファッションの伊勢丹というイメージも定着していて、実際自分も、たまにだけど伊勢丹メンズ館でお買い物したりすると、なんだかそれだけでちょっと優越感を感じるので、すっかり伊勢丹の戦略にハマっています。。

ちなみに百貨店の売り場構成として

ハコ:俗にいうブランドショップ
平場:百貨店オリジナル。商品はすべて買取で利益率高いけどリスクも高い

というものがあり、比率として個性のない店だとほとんどがハコになるそうです。現在の伊勢丹ではハコが7割で、将来(というか理想型)はこれを6割にもっていくことを視野にいれているそうです。

ハコはブランド力があるのと人件費はブランド側で持ち出しのため、百貨店側の負担もそれほど大きくなくしかもブランド力による集客力があるので、一見すると魅力が多いけれど、価格設定などに関しては、ブランド側の意見が強く例えば百貨店側で、全店統一のキャンペーンとかうちたくても、ブランド側ではそういうのにのっかると、ブランドの価値みたいなものが損なわれる可能性があるので、そういう部分の難しさがあるそうです。

あと、お客さんのデーターもブランド側で囲い込んでいるので、その点も百貨店がわとしてはデメリットとのことで、やっぱり話はそうは甘くはないみたい。

百貨店営業の基本として、お客さまに対して付加価値の提供、具体的には

1.豪華な雰囲気(高級商品)
2.コミュニケーション(リピーターを覚える、気持ちのよい笑顔など)
3.高度な商品説明(今年のトレンド、商品に対する様々な情報)

というのがあるそうで、伊勢丹の画期的なところとして、本来は格や実績を重んじる百貨店にあって、解放区という無名デザイナーも登用してデザイナーを育成する場として、伊勢丹も商品買取をしてリスクをとった売り場を作った点にあるっぽく、結果、アナスイのようなブランドが生まれたそうで、仕掛け人として、あの藤巻さんだったそうで、この辺りは業界的に、うとい自分としては、「へぇーすごいんだね。」ってちょっと感心しました。

きちんとメモっていないからかもしれないけれど、この本だけでは、伊勢丹の強さみたいなものがあまり伺い知れなかったので、他に出ている本が図書館にあれば読もうかなぁって思ったけど、アパレルつながりでユナイテッドアローズ心に響くサービスというのを、この前買ったので、まずはこっちを読んでからかなぁ
[PR]
by h5y1m141 | 2007-02-06 20:52

宣伝会議の特集:マーケティング視点で分析日ハム成功を自社に活かす

コムタン新聞の広告で知ったのですが、今回の宣伝会議の特集記事でマーケティング視点で分析日ハム成功を自社に活かすという内容があるみたいで、ちょっと面白そう。

まだ、読んでないから、完全にあてずっぽだけど、日ハムは北海道に移転してからエスキモーに氷を売るのようなことを実践したのかなって思ったんだけど、そういうことがかかれているのかな??

ちなみに、エスキモーに氷を売るは、タイトルの内容とは裏腹に、NBAというアメリカのプロバスケットボールで、ニュージャージネッツ(くわしくはウィキペディアを参照)という当時はあまり強くないチームで、いかにして、ビジネスをしていったのかというようなことが書かれていた本です。

かなり前に読んだので、メモをしていなかったのですが、当時のNABだとマイケルジョーダンのようなスーパースターがいたし、すぐ隣の地域のニューヨークにはパトリックユーイングがいたけど、肝心のネッツにはそこまでのスターがいたわけでもなく、チーム自体、大して強くもない状況だったにも関わらず、この本の著者の方のアイデアによって、チケットの収益がかなり良くなったというようなことが、たしか書かれていて、この本読んでから、かなり漠然とだけど、スポーツマーケティングに興味を持つようになったように覚えています。

明日出かける予定があるので、帰りに本屋で宣伝会議立ち読みだけして、面白そうだったら買ってみよっかなぁ。
[PR]
by h5y1m141 | 2007-01-05 22:50

Googleカレンダーと連携した求人情報ってどうかな?

今まで、自分の仕事の予定はOutlookの予定表をつかって管理していたのですが、Time HacksでGoogleカレンダーのことについて触れられていてから、すこしづつ使い始めたら、予定表を複数(例えば仕事用のカレンダーとプライベートのものとか)管理できることに気付いてから、ここ2,3週間くらいGoogleカレンダーを使い始めるようになってきました。

で、使い始めてみると、色々とGoogleカレンダーの機能に着目するようになって、一例としてlivedoorが提供している天気予報をGoogleカレンダーに取り込むというようなやり方があるのですが、さっきなんとなくTVを眺めていたらモバイトドットコムのCMやっていた時にふとひらめいたのですが、Googleカレンダーと連携した求人情報っていうのも、多少はありかなぁって思った。

どういうことかっていうと、モバイトドットコムで掲載されるような求人情報は、時間を切り売りするようなもので、自分の空き時間にちょっとアルバイトでもという際に、いちいちけんさくしなくっても、Googleカレンダーでスケジュール管理している人向けに、まとまった空き時間が出来た際に、自動的に空き時間にどんなアルバイトがあるのかを表示してくれるようなカレンダーがあって、それが自分に興味あるようなものだったら、そのまま応募できるような求人情報だったりすると、使い勝手としては良いような感じがしたんだけど、どうかな??
[PR]
by h5y1m141 | 2006-12-31 21:25

図書館がビジネス支援に乗り出す

06-12-23_12-08.jpg

またまた日経のネタなのですが最近図書館で、サラリーマン等に対してビジネス支援に力をいれているという記事が出ており、一部引用すると
図書館利用者と言えば、学生や主婦が通り相場。それが最近「ガラッと変わった」と三鷹駅前図書館の関幸子館長は指摘する。男性、それもミドルやシニアの利用者が増えている。
定年を迎える団塊世代が地元で企業などの活動に動き始め、会社員の資格取得熱も高まる一方。こうした層がビジネス情報を求めて図書館へ足を運ぶようになった
ということ。

たしか、以前にも千代田区の図書館の事例について取り上げていた記事を読んだことがあったのですが、自分の場合にも普段からよく図書館を利用(といっても、本を借りるだけだけど)しているから、こういうビジネス支援というのは、結構面白い試みだと思うし、比較的自分の行動範囲にある豊島区でも来年7月に東池袋に開設されるらしい新中央図書館でもビジネス支援が売りになるらしく平日22:00まで開いているみたいです。

利用者側の多様な要求に応えようと図書館のほうも色々なサービスを提供しようとしているみたいですね。
[PR]
by h5y1m141 | 2006-12-23 22:04

食糧資源の需給バランス

サンタの人形
今朝の日経の一面で食料世界が奪い合うというタイトルで
マグロやエビ、大豆やトウモロコシなど食糧の国際価格が高騰し、国内の食卓を直撃している。世界的な需要増に加え、原油高の影響で石油代替燃料などに穀物の用途が広がり、需給バランスが崩れたからだ。
という個人的に最近チェックしている食糧資源について興味深い内容の記事が掲載されていました。

会社の方で書いているブログのこのエントリでバナメイというエビがスーパーで売られるようになったことについて触れましたが、今朝の日経の記事によると、日本企業は、欧米やアジアの他の国との間で購入することができずに、競り負けているようなことが書かれていました。

需要面の視点から、書きましたが、一方で供給という観点から見た時に、水産資源については、手元にネタがなかったのですが、穀物については、前に日経の記事で切り抜いたものがあったので、それを一部抜粋すると
干ばつ被害の拡大を受け、オーストラリア政府は国土の約三分の一を「非常事態地域」に認定した。農家への減収分の補てんなど千億円規模も援助する。今年収穫する穀物も前年割れするとし、来年一月から四年ぶりに小麦を輸入する。干ばつは家畜用資料にも影響を与えており、牛肉や酪農品の国際市況価格を押し上げる要因になりそうだ。
ということで、2005/7から2006/6までの全世界での小麦輸出量の15%(世界ではアメリカの23%に次ぎ、カナダの15%と同率2位)を占めるオーストラリアの供給に異変が起きてるそうです。

こうやってみると、食糧資源の需給バランスってかなりくずれつつあるような気がしますね
[PR]
by h5y1m141 | 2006-12-23 13:03

一石二鳥な料理レシピ

a0033832_22195559.jpg
R25で東京都下水局のダイエットレシピというwebサイトの紹介があり、油をあまり使わない料理のレシピがいくつか書かれていました。

実際に、気になって東京都下水局のWebサイト見てみたら
からだにも下水道にもやさしい
というキャッチコピーがあって、油を極力使わないから、たしかに身体にもやさしい上に、極力水道管に油を流さないことによって、水道管自体も傷めないということで一石二鳥な料理レシピだなぁって思った。

やり方としては、例えば

「料理で使った油を下水管に流さないで!」

というような形で、注意を促すというやり方もあるかとは思うけど、そういうのって、なかなか効果をあげづらいのかなぁと思うけど、こういう風に、ちょっと視点を変えて、元々の下水道のことを考えるだけではなく、みんなにとって興味ありそうなダイエットという目的も果たせるというアプローチをとるのは、とても賢いなぁ
[PR]
by h5y1m141 | 2006-12-18 22:38

My Job Went To India 読み始めました

a0033832_2316914.jpg
ハンバーグのネタを書いた後に、IT系のネタを書いてちょっと申し訳ないのですが、週末に立ち寄った本屋でMy Job Went To India という本を今日から読み始めました。
話としては、IT業界のプログラマーの仕事が、どんどん海外に(具体的には、インドの会社に)シフトしつつあるので、そういう状況の中で、いかにしてプログラマーは生き残っていけばよいのかというようなことが書かれています。

まだ読み始めたばかりなのですが、
確実な仕事を追いかけるという戦略をとっていたのでは、ちょうどオフショアしやすい分野の人材として、オフショア開発者との全面的な価格競争に巻き込まれるだけだ。
という記述があって、そういう価格競争にまきこまれないようなアクションとして
技術スキルに対する現在の需要を徹底調査してみょう。社内公募とキャリアのwebサイトを利用して、需要の多いスキルと需要の少ないスキルを調べ、リストにまとめる。
とありました。

最近チェックしはじめたpop*pop職種別で平均給与の計算ができる『Indeed Salary Search』というエントリーでこの需要の多いスキルと需要の少ないスキルを比較して検索できるサイト(ただし英語)について紹介されていましたが、こういう考えを取り入れた転職サイトがあったら、求職者にとっては、よても役立つものになりそう。

人材サービスを手がけている企業のwebサイトだったら、求職者がどういう仕事に興味あって、実際にどの程度参照されているのかというログをトラッキングできそうな気がするから、そういう情報を全体で集計し、例えば

Java をつかったインターネットサイトの開発:求人数xx件 vs チェックされた数xx件
Javaをつかった業務アプリケーションの開発:求人数xx件 vs チェックされた数xx件

ってなことをやってくれたりすると、その求人サイトは、少し他所よりも気が利くサイトとしてみなされそうな感じがするんだけどね。
[PR]
by h5y1m141 | 2006-12-11 23:16