<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

うちの近くの桜

光が丘の桜

昨日はよい天気だったこともあって近所の光が丘公園で1時間ほど走っていて、まだ満開とはいかないまでも、なかなか良い感じの咲き具合だったので、iPhoneでパチリと撮ってきました。

写真見てもらうとわかる通り、意外とiPhone内蔵のカメラは出来が良くって、特に屋外の風景写真だったら中々の出来映えで取れるので、こういうジョギング中に音楽聞きつつ、気に入った風景があれば撮影できるので使い勝手は良いですねー

とはいえ、接写は苦手なので、独自のマクロレンズ作ったりしないと思ったような写真が取れないのでそれがネックかもね。
[PR]
by h5y1m141 | 2009-03-30 21:32

社内営業をちょっとだけやってきました

基本的なスタンスとして、社内営業のような活動ってあまり好きではないのですが、とはいえ、ある程度その必要性というのも感じているのも事実でもあったりするので、今日は社内営業(というか単に近くに住んでいる人同士の飲み会)してきました。

うちの会社って、年齢面のギャップがかなり大きく、下手すると干支が一回り異なる世代もかなり多いのでこういう飲み会を通じてお互いの人となりを知るのはやはり大切なんだなぁと改めて気付かされた感じ。

※とはいえ、しょっちゅう参加するほど肉体的にも精神的にもついていけない部分もあるので、適度な距離感で接するのが良いのかなぁ。
[PR]
by h5y1m141 | 2009-03-26 23:39

壊してまた作り直す

以前に書いたエントリ
WindowsのWSH上でPrototype.jsを利用するやり方がわかったので、普段の仕事を効率化させるツールがあともうちょっとで完成しそうなんだけど、いままでコツコツ勉強していたおかげかもしれないけど、急に視界が開けた感じがしてて、イイ感じに機能毎に分ける事が出来てきた。
と書いたけど、色々あってスクラップ&ビルドすることにしました。

別に問題なく動いているんだけど、なんていうか色々な機能を付け加えるのにものすごく勝手が悪い作りになっているので、このままの状態で機能追加していくと、増改築を繰り返す旅館のような状態になるのは目に見えているので、折角つくったものだけど、考え直す事にしました。

考え直すにあたって、増補改訂版Java言語で学ぶデザインパターン入門という本をものすごく昔に衝動買いしてずっと積ん読状態だったけど、今の自分のタイミングでこの本を読むのがまさにピッタリだったので、デザインパターンについて勉強しながらどのパターンを適用すればいいのかを試行錯誤してます。

とりあえずソースを晒すとこんな感じ。(あーちなみに、WindowsのWSH上でPrototype.jsを利用することが前提で考えています)


--model.js--
var parentModel = Class.create({
connectDB:function(sql){
var _obj = function(){};
var strConnection = "File Name=C:\\udl\\xxxx.udl";
var objADO = new ActiveXObject("ADODB.Connection");
objADO.0pen(strConnection); // 注)Openは数字のゼロになっています。
var objRS = objADO.Execute(sql);
return objRS.getRows().toArray();
}
});

--staff.js--
var Staff = Class.create(parentModel,{
initialize: function(sql){
var _rs = this.connectDB(sql);
this.name = _rs[0];
},
getName:function(){
return this.name;
}
});

--Order.js--
var Order = Class.create(parentModel,{
initialize: function(sql){
var _rs = this.connectDB(sql);
this.order_cd = _rs[0];
this.info = _rs[1];
},
getOrderCD:function(){
return this.order_cd;
},
getInfo:function(){
return this.info;
}
});


基本的なDBへの接続処理はmodelで定義されていて、それを継承する形でそれぞれのモデルを定義するイメージで、Staff.jsもOrder.jsもmodel.jsを継承。継承の機能はPrototype.jsの1.6の書き方でやってみた。

あとは、main.wsfというファイルの中で、prototype.js、model.js、Staff.js、Order.jsというのを読み込んで

var strSQL = "SELECT name,cd "
+ "FROM xxxx "
+ "WHERE cd = '123456789'";
var user1 = new JCStaff(strSQL);
WScript.Echo(user1.getName());

とすると、欲しい情報が取得できるって段取りまで出来た。

昔から、user1.getName()みたいな形の書き方が出来るようになりたいなぁーと思ってたので、我ながら成長を実感した今日この頃。もう眠いので今日はここまで。

増補改訂版Java言語で学ぶデザインパターン入門
結城 浩
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 16922
おすすめ度の平均: 4.5
5 好評のため改訂増補しています。
5 初級者から中級者へ
2 実践的ではないです
5 とてもわかりやすかった。
5 Javaの文法を理解した人へ。

[PR]
by h5y1m141 | 2009-03-24 23:46

ピンポイントにオフィス空間を冷やすサービスをコクヨが提供

IMG_0082
※写真と本文は関係ないですがエントリに関連する写真をチョイス。

コクヨはオフィス内の3.3平方メートル程度のスペースを活用し、社員向けのリフレッシュ空間をつくるサービスを23日から始める。季節に応じて、春は花粉の影響を低減させたり、夏には瞬間的に体を冷やしたりするなど異なる機能を持たせる

コクヨ、オフィスでもリフレッシュ 1坪空間でひと息より一部抜粋


上記ニュースは元は今朝の日経新聞で知ったんだけ、こういうサービスがもっと普通に広まって欲しいなぁ。

少し話しがそれるど、うちの会社のビルの空調はものすごくおかしくって、ここ数日暖かくなったせいかすでに「冷房」が入っています...何を根拠に冷房って言っているかというと、8:50から17:30までは自動運転になっていて、17:30以降は自動的に空調が切れるんだけど、それから部屋の中の空気がちょうど良い加減になるんだけど、それまでの間はものすごく寒い.. 今日なんか外も中もほとんど変わらないけど、夕方になってちょうど良い室温になった気がする。

うちのオフィスのことはとりあえず本題から離れるので、ここいらで、話をコクヨのやつに戻すと、夏場なんか営業の人が外出先から戻ってきて、すぐに涼みたいという気持ちがある一方で、内勤中心の人からすると、外出する事無く冷え冷えのオフィスの中で寒い思いしてというのが、おそらくどこの会社でも繰り広げられているかと思います。

日本のような高温多湿の環境でクールビズが定着しつつあるとはいえ、未だにスーツ着用するのが前提という商習慣が根本的な問題とはいえ、それがそう簡単に改まらない以上は上記のようなサービスが一般に広まっていけば、みんなにとって快適なオフィス空間が出来るのではないでしょうかね。
[PR]
by h5y1m141 | 2009-03-23 21:51

理想的なお弁当

RIMG0206

また弁当ネタですんません。

でも今日の出来映えはおそらくここしばらく作ってきた中でかなり完璧な出来映えで、理想的なお弁当って言ってもいいんじゃないかと思うくらいの完成度の高さ。

何を持って理想的かっていうと

・おかずとご飯の彩り → 単色ではなく、様々な色が混在していて見た目として奇麗
・バランスの良さ → 10品目近くあるのと、脂質、タンパク質、糖質のバランスもかなり取れているはずなのでバランスとしても良い

という部分で。

写真だけだとわかりづらかもしれないので、メニューとしてはこんな感じ

・あさりの佃煮の混ぜご飯
・プチヴェールの塩ゆで(プチヴェールの詳細はこちらのサイトに詳しく書かれてます)
・豚のスペアリブと人参、豆、白菜の葉のトマト煮込み
・牛肉、玉葱、ヒラタケの煮物(バルサミコ酢+醤油+砂糖をそれぞれ2:2:1で適当に作ったサッパリした感じの最近お気に入りのタレで煮込んだ)

これだったら500円くらいで売れるんじゃないの?
[PR]
by h5y1m141 | 2009-03-17 22:31

最近作ったお弁当

RIMG0177

3月は忙しいのはわかっていたけど、ここまで忙しいとは思わなかったなぁ..あとは、どうも花粉症っぽく体調もイマイチな感じもあってなんだかものすごく久しぶりな更新になりました

書きたいネタはそれなりにあるけど、とりあえず今回も弁当ネタでお茶を濁しとくけど、これはこの前作った肉団子と白菜のスープ煮の残りと、アスパラの胡麻和え、後は牛肉とズッキーニのマリネの炒め物という3品詰めて持ってきました。

弁当にしてから、毎週の食費がかなり押さえる事が出来ているのと、比較的内臓の機能がアップしたような感じで胃が重たいと感じることが最近まるでなくなったなぁ。
[PR]
by h5y1m141 | 2009-03-12 21:19

あと、もうちょっとで完成しそう

RIMG0137

写真と本文が全く関係ない話題になるけど、何が完成しそうかっていうと、時間を見つけてはここ最近ずっとプログラムを書いています。(今回はそういうネタなので、以下興味ない人はスルーしてください)

WindowsのWSH上でPrototype.jsを利用するやり方がわかったので、普段の仕事を効率化させるツールがあともうちょっとで完成しそうなんだけど、いままでコツコツ勉強していたおかげかもしれないけど、急に視界が開けた感じがしてて、イイ感じに機能毎に分ける事が出来てきた。

sendMail.js :メール送信のみを担当する
ManageSQLLists.js : 実行したいSQL文を管理するためのクラス
staff.js : ユーザ情報を管理するためのクラス
memo.js : ユーザ情報にひもづく詳細情報を管理するクラス
dummy.js :Prototype.js をWSH上で利用するためのおまじない(?)が唱えてあるクラス
prototype.js: 説明するまでもないとても大切なやつ

というのがあって、 main.wsf というファイルを準備して、上記ファイル群を読み込むようにしておいた上で

var myStaff = new Staff();
var sql = new ManageSQLLists();
var staffinfo = myStaff.search(sql.getStaffInfoByRegisterDate());

というおまじないを唱えると欲しいユーザ情報が取得出来てさらに

var objMail = new sendMail();
var MsgBox = new InputBox();
var MailSubject = 'テストメール';
var MailBody = '総数' + staffinfo.length +'\n\n' + staffinfo.map(
function(p) {
return tpl.evaluate(p) + '\n';
}).join('\n') + '\n';
var MailFrom = 'xxxx@xxxxxx';
var MailTo = 'xxxx@xxx.xxx.xxx';
var LoginPasswd = MsgBox.prompt();
objMail.send(MailFrom, MailTo, MailSubject, MailBody,LoginPasswd );

ってやると、取得したユーザ情報が、指定されたメールアドレスに送信できるっていうのが、出来たよー

何の事やらさっぱりわかんない内容でごめんなさい。

でも、自分としてはここ1ヶ月ほどちょこちょこ勉強してきた事が一気に繋がった(特にmap(function(o){ WScript.Echo(o.name);})って記法がスラッとイメージできるようになった)感じがしていて、とってもうれしくてつい書いてしまいました。

メール送信する仕組みだけではなく、ついでなので、取得した情報を奇麗なUIで見れるようにWebの画面も今作り込んでいて、そうすれば

・更新情報については、メールで簡単にチェック
・全体を眺めて、各ユーザ情報についてはWebの画面でチェック

っていう感じの使い分けができるのと、あと別の仕組みも作っている(Amazonのレコメンドの機能を参考にしたやつ)ので、それが加わると、とりあえず最強なツールになるけど、あと2ヶ月くらいでそこまで持っていきたい。

※ただここまで書いといてなんだけど、今動いているプログラムのリファクタリングもしたいし、そもそもしっかりとしたテストを書いてないから、JSUnit の仕組みも入れたいし、今書いた一部のクラスの似たメソッドがいくつかあって、モヤモヤしているので、そこもどうにか手を入れたいし...と色々気になる事があるなぁ。
[PR]
by h5y1m141 | 2009-03-02 21:22