<   2008年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

激動のトルコ

a0033832_21165795.jpg


少し古いですが、サッカーのヨーロッパ選手権(EURO2008)でトルコが戦前の予想に反してかなり活躍したのと、中東地域におけるトルコの位置づけっていうのが何となく知りたいと思っていた時に、新聞の書評欄で取り上げられていた激動のトルコ―9・11以後のイスラームとヨーロッパを随分前に読み終えていて、内容を簡単にまとめておいたので、自分用にメモ。

EUの仲間入りを果たしたいという長年の夢がトルコにあるそうで、一方EUとしても、若年層が多く労働力確保という意味以上に、地政学的に対中東/イスラム圏という観点から重要な位置づけにあるトルコは本来内に取り込みたい所だったようです。

EUの理念としては、かつての敵を内に取り込むというものがあったそうで、それを行うことで長期の安定を図ってきたという歴史があるようで、こういうのは全く知らなかったのでそれだけでも勉強になったのですが、そういうEUの理念というのが、少しゆらぎつつあって、結果的に、トルコがEUに加盟することに対して、反対する国が増加しているそうです。

その背景に各国のそれぞれの事情があり、大きく分けて「経済問題」と「文化の違い」という2つ。

まず経済問題については、失業率の上昇で、その背景に移民の増加があってそれが目の敵にされているということで、この本を読み終えたのが3ヶ月ほど前ですが、その頃にくらべてEU圏内の経済面の低調傾向からすると、ここしばらくはこの問題は解決しないでしょうね。

あともう1つの文化の違い。

9.11以前は、EU各国の中で、多文化を受け入れる風潮があったそうですが、9.11を境にして、モノ(単一の)カルチャーという流れが主流になってきて、ムスリムに対する嫌悪感が増えつつあり、イスラム教 vs キリスト教 という図式が”結果的に”成り立ってしまっている所があるみたいです。

これ1冊で、トルコのことについては深く知ることはもちろん出来ないですが、EUに加盟したいという長年の夢がそう簡単には実現出来ない様々な事情が理解出来た意味では、入門書として読むには丁度良かったかなぁと思います

激動のトルコ―9・11以後のイスラームとヨーロッパ
内藤 正典
明石書店
売り上げランキング: 295235

[PR]
by h5y1m141 | 2008-11-27 21:14 | 読書メモ

ナポリへの道

日本におけるケチャップの具体的な使用例のひとつであるナポリタンは、ケチャップが日本にとりこまれただけではなき、必要にして十分な工夫と一体化させられた上で完璧に使いこなされ、日本そのものとなっている、という事実だった。(53ページより)
という記述が本書にはあったのですが、さも昔から日本で当たり前のように存在しているような、しかもイタリアンではなくナポリタンという名のケチャップ炒めパスタとでもいえそうなこの不思議な食べ物にちょっとしたノスタルジーを著者は感じているように思いましたが、自分なんかは、そういのが感じられない世代。

ナポリタンって聞くとお弁当の横の冷たくなった付けあわせのイメージが最初に出てきてどちらかというとネガティブなのが頭に思い浮かびました。

もう1つ違ったイメージとして、喫茶店に父親と一緒に、出かけた時に見かける何となく気になる美味しそうなご飯という相反する感情も想起させるけど、今の時代の人やそれ以前の人にとってナポリタンという日本的な食べ物に対する印象がどんなものかなぁーって、思わせるちょっと不思議な本でした。(何故これを図書館で予約したかそれすら忘れてた)

ナポリへの道
ナポリへの道
posted with amazlet at 08.11.25
片岡 義男
東京書籍
売り上げランキング: 6390

[PR]
by h5y1m141 | 2008-11-25 23:00 | 読書メモ

何故、かれらは走るのか?

ケニア! 彼らはなぜ速いのか
忠鉢 信一
文藝春秋
売り上げランキング: 1304

マラソンなどの長距離陸上種目においてのアフリカ選手の速さの秘訣として

「脂肪を効率よくエネルギーに変えることができる」
「身長に比べて、膝から下が細く長いので、無駄なエネルギーを使わずに済む」

などと、色々な理由があるのかもしれませんが、何故速いかというのは遺伝というのはあまり関係がないようで、
何がランナーを走らせているのか(P.222より)
という部分を理解するのが大切であり、彼らにとって走ることは、夢であり希望でもあるという部分を認識すると共に、彼らが本来持っている「競争意識」というメンタリティーをしっかり理解することが大切なようです。

冷静に考えると、いったい何のために、マラソン選手は走っているのかというのを理解するのは、簡単そうで、実は難しいのかも。

一流選手になれば、金銭面でそれなりの待遇を得られるかもしれないけど、その待遇を得るために、日々節制しなければならず、しかも、まだ年齢が若いような場合だと、まわりは遊んでいたりするのに、自分はあえてそういう状況とは違ったことをしなければいけないわけで、一流の選手になるには、肉体的な優位性以上に、それ相応のメンタリティーを備えている必要があるんでしょうね。

そうそう、個人的には
速さの秘密はメンタリティーにあるという自分なりの結論を私は気に入ってもいる
〜中略〜
スポーツが異なるメンタリティーを持った人間が競い、ぶつかり合う姿だと見ればどうだろうか。オリンピックの魅力が増してくる。スポーツの面白さに深みが増してくる。(P.277より)
という箇所がとても印象に残ったのですが、本書は、ケニアの選手の速さというものに迫る内容で、マラソンに関する記述になっているのですが、他の競技にもこの考えは通じるように思えて、あくまで個人的な意見ですが

・オランダサッカーの強さ/弱さの根底にあるもの
・日本が団体競技においてそれほど優秀な成績を残せない一方で、個人競技においてはまぁまぁの成績を残せている
・アメリカ、中国といった大国のスポーツに置ける強さ

というのは、各国の人達が持っているメンタリティーの違いが影響しているんじゃないかなぁー

※偶然かどうか著者はこの本以外にも、「オレンジの呪縛」(会社のブログでこの本について触れたので気になる人はこちらのエントリを)の監修もつとめており、このメンタリティーというのは、何か本質的な部分が共通するように思う
[PR]
by h5y1m141 | 2008-11-22 18:48 | 読書メモ

写真日記

■すっきりした晴天
a0033832_72831.jpg


一昨日、出社前に代々木−北参道−原宿−渋谷というルートで久しぶりに歩いて、空気が澄みきっているからか、すっきりした晴天でした

■はまっているもの
a0033832_7295856.jpg

ハンバーガーではなく、栄養学にはまっています。やっぱりハーフマラソン走るには、日頃の練習もだけど、日頃どんな栄養をとって体を作る(というかケアする)のが大切なのかと思って、今発売されているTarzanと、図書館で見つけた栄養学の本をとりあえず集中的に読むことにします
[PR]
by h5y1m141 | 2008-11-21 07:31

自分のことを客観視するのは結構難しい

a0033832_2056124.jpg


週末は、以前にブログを通じて知り合いになったume3_からのお誘いで、彼も町田OFF会 というエントリ書いていますが、町田で、美味しいベルギービール(しかもシメイの生とか)を飲みながら、結局4時間ちかく、IT業界のこと(特にインフラ関連)についてあれこれ語ってきました。

うちの奥さんからは、

「ネットワークのOFF会って言っているけど、本当はなんかのアイドルのオフ会なんじゃないの」

と、行く前にずっと突っ込まれていたのですが、そんなことはさておき、かなり濃密な話が出来たかなぁと思います。

ume3_と会うのは、3回目ですが、前回会ったときに凄いなぁーと思ったのが、自分の考えをしっかり持ちつつも、自分とは違った考えを自分の中で租借しようとする姿勢が伝わるし、上のエントリ見てもらうとわかる通り、4時間近くしゃべっていた内容を結構しっかりと”覚えている”所。

自分も普段の仕事柄、その場で話している内容はメモ取らないで覚えることは慣れているけど、お酒を飲みながら、しかも長時間にわたる内容は流石に覚えらんないので、そういう意味では自分には、まだまだ足りない部分が多いってこういう形で気付かされました。

そうそう、このエントリのタイトルに自分のことを客観視するのは結構難しいって書いたけど、ume3_が
客観的に自分を見る機会なんてない
と書かれている通り、当たり前だけど、普段仕事をしている中で、自分を常に客観視することってそう多くはないだろうし、実際にそういう場面に陥ってから、そういう機会を持つだろうけど、最近つくづく思うのは、1人で自分を客観視するのは、難しいかなぁって思います。

それよりも、どんな人でもいいから、自分が考えていることを考えがまとまっていなくってもいいから、思いつくまま話すことで、それが自分の頭の中で自然と整理されていくし、実際日々自分が仕事している中で、基本路線としては、相手の話を80%くらいずーーーと聞いていて、途中2、3つ相手の整理を促すための質問を投げかけて、おしまいっていうスタンスだから、そういう経験をふまえていえば、自分を客観視することについてあれこれ悩まず、誰かに相談するとか、とりあえず話を聞いてもらう人をみつけるのが一番。

こと転職については、どこの人材紹介会社でも無料キャリアカウンセリングをやっているし、そういうのは、どんどん活用するべきだし、やっぱり人と人との相性があるから、1つの会社に限定せず、2、3つ行った上で最終的に自分にフィットする会社のエージェントとつき合うのが良いと思っています。

※ちなみに、自分が対応する場合にはここだけの話だけど他社も含めて色々見るべきとアドバイスしています。
[PR]
by h5y1m141 | 2008-11-17 21:16

iPhoneで味わい深いモノクロ写真を撮る

a0033832_2242313.jpg

iPhoneで上品なモノクロ写真-Vint B&Wというエントリで知ったので早速インストールして撮影したら確かに味わい深いモノクロ写真が撮れるかも。

iPhoneのカメラはイマドキのケータイにくらべると、性能的にはイマイチだけど、こういうアプリのおかげで、味がある写真が撮れるのがいいですね。
[PR]
by h5y1m141 | 2008-11-11 22:42

無事完走!

a0033832_734868.jpg

最初は予定通り、六分強のペースで走ったけど途中から右膝に違和感を感じたので骨盤を動かすことを意識していたらペースが上がってきた

んで結局、後半は心拍数も180位のペースになって最終タイムは57分位と洞爺湖の時と変わんなかった。

しかし最初は、緊張で心拍数160に上がっていたからどうなるかと思ったし膝も違和感感じたりしたのに無事にゴール出来て良かった!
[PR]
by h5y1m141 | 2008-11-10 07:34

第27回ねりま光が丘ロードレースの目標は?

第26回ねりま光が丘ロードレースで5kmエントリして完走したけど、明日は10kmのコースにエントリしています。

来月の宮崎のハーフマラソンに向けての前哨戦という位置づけなので、今回は、完走目的というよりは、20kmを走るくらいのペースで余裕を持った走りができるかというのを意識したいけど締め切り時間が70分ということもあるので、6分30秒/kmとして、65分前後で完走するのを目標にします。

なんか、こう書くと、ちょっとプロっぽいと思ったけど、明日は寒そうー
[PR]
by h5y1m141 | 2008-11-08 22:15

ミーハーだけど、今日オープンした新宿の

Book 1st行ってきました。iPhoneから撮影した写真かなりボケボケですが、入り口付近はこんな感じでした(ってよくわかんないですね、これじゃー)
a0033832_2118589.jpg


ルミネ1,2のBook 1stは、店舗は決して大きくないけど、独自の品揃え(特にアート関係の充実)で、たまーに行く事があったのですが、新しく出来た新宿西口の店舗は、品揃えのセンスは、従来のBook 1st路線を継続しつつ、かなり広いお店でした。

以下、気に入ったポイント

・本の見せ方は、ちょっとジュンク堂っぽいというか、背丈の高い本棚を使って、表紙をうまく見せるようなレイアウトになっていて、本が探しやすい

・北欧コーナーという女子受けしそうな本棚

・実用書コーナーの、2009年の手帳コーナーが結構充実していた。(内藤忍さんの投資手帳というのが置いてあって意外と使えそうな感じ)
[PR]
by h5y1m141 | 2008-11-06 21:30

アメリカでは格差は”つくられた”ものらしい

a0033832_7573724.jpg

超富裕層と貧困層の二極化が激しいアメリカにおいて、その格差の原因が色々言われるそうですが、
研究者の間では、技術革新が不平等と格差の最大の原因ではないという説が広まっている。技術革新ではなくて、結局アメリカ政治が右にシフトしたことで、平等を促進してきた規制や制度が損なわれ、そのことが不平等と格差を拡大するうえで決定的な役割を果たしてきたと理解されるようになった(P.13より)
とあるように「格差は作られたもの」ということのようです。

本書では、現代のアメリカの状況だけではなく、過去においても、現代と似たような構図が存在していたと書かれているのですが、それはいまだに、アメリカの中にある根強い人種差別というのが影響しているようです。

非白人層に対するある類の差別のようなものを背景として、
極端に右寄りな思想の人達⇄(こういう人達にとって)都合の良い政策を打ち出す政府

という関係が成り立ち、都合の良い政策として、税制面において、富裕層の方が得をするような政策を出す事で、そういう人達からの政治献金を得やすくなるようですが、こういうことを念頭において、今回のアメリカの大統領選挙を見てみると、今まではちょっとわからかった争点のようなものが少し見えそうな感じ。

このブログ書いている時点ではまだ結果は出てないですが、さっき見た所だと、7ポイント差でオバマ有利とのことで仮に、非白人層のオバマが勝利した場合に

「今までの極端な右寄りの政権ではなくなり、比較的国民にとって平等な政策が出てくるのかなぁ?」
「超富裕層に対する政策(特に金融面)に変化が生じるのかな?」
「今までだったら超富裕層の支持基盤っていうのがある程度明確だったようだけど、政治活動をするのにあたって必要となる政治献金はどういう団体から集めることが出来るのかな?」

というような素朴な疑問も湧いてきたのも事実。

この本を読んだ事で、こういう疑問を感じる事が出来ただけでも、読んどいて正解だった
格差はつくられた―保守派がアメリカを支配し続けるための呆れた戦略
ポール・クルーグマン
早川書房
売り上げランキング: 996
おすすめ度の平均: 4.0
5 経済格差は、グローバル経済化が理由ではない
4 政治のイニシアチブによる格差
4 なぜアメリカはこんな酷い国になってしまったのか
5 ポール・クルーグマン吠える
4 日本は?

[PR]
by h5y1m141 | 2008-11-05 07:40