<   2007年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

伝説のホテルマン「おもてなし」の極意

以前何かで、著者の方が「ミスターハンドシェイク」と呼ばれていたキャピトル東急ホテルの名物ホテルマンであるというのを聞いた事があったので、伝説のホテルマン「おもてなし」の極意
を読みました。

そのあだ名通り、著者の加藤さんはお客様とお会いになる際に握手をされるそうですが、キャピトル東急の前進の東京ヒルトンホテルが、海外での豊富な実績のあるヒルトングループによる日本で最初のホテルというのもあり、お客様が外国の方が多かったというのもあるかもしれませんが、それだけが全てではないそう
握手は信頼の証です。そして私にとって、握手はお客様に心を開いていただくための最初のアプローチなのです。握手を通して、お客様に「どうぞ、私に何でもご相談ください」ということをお伝えしたいのです。(はじめにより)
ということのようです。

このあたりの信念からもお客様にとってどのようなことをするのが最善なのかというのを常に考えて行動されてきたそうですが、そういう行動が時としてまわりからすると、煙たがられたり、あるいは嫉妬を生んだりしたそうで、職場でのいじめみたいなものも経験したそうなのですが、ホテルが外資系で完全な実力主義だったそうなので、そういう逆境にもめげずに、自分の信念を貫いたそうです。

全般的にはこういうホテルマンや、ホテル自体をとりあげている本なんかで読んだことがある内容が多かったので、それほど目新しい発見みたいなものはなかったけど、以下の文章は自分の今の仕事に役立ちそうなので、メモ。
すべてのお客様にご満足いただけるおもてなしをするためには、いろいろな経験を積み、人を見る確かな眼力と判断力が必要です。そんなプロのホテルマンになるためには、失敗やトラブルを乗り越えて、お客様と常に正面から向き合い、自分がお客様のために何をすべきかを考え、行動することが大切だと私は思います。(P.135より)


伝説のホテルマン「おもてなし」の極意
加藤 健二
アスキー (2007/05/10)
売り上げランキング: 52094

[PR]
by h5y1m141 | 2007-05-31 06:42 | 読書メモ

リハビリメイク 生きるための技 を読みました

記憶が曖昧なのですが、TVでたまたま、たけしの本当は怖い家庭の医学を見ていたら、かづきれいこ さんという方が出ていて話している内容が気になったので、リハビリメイク 生きるための技という本をためしに、借りました。

自分をよりきれいに見せるための、いわば”お洒落メイク”ではなく、好奇の目で見られたり、外観で差別されないためのメイク、つまり、”日常を生きるためのメイク”を切実に求めている人たちーにメイクを教える場は、それまでほとんどありませんでした。(P.9より)
ということできれいな人が、より綺麗に着飾るためのメイクはあっても、不意の事故、病気等により外見が変わってしまった人がこれから生きていくのに必要となるためのメイクというのが無いと感じた著者の方が自分自身も色々と苦しんだ(*)ことから、いまのようなリハビリメイクというのをあみだしたそうです。

医療とメイクをつなぐ人材を育てたいということで著者の方が主催するスタジオで現在約200名が学んでいるそうですが、知識や技術だけではなく、医療的な要素もあるために、人間性の深さが重要ということで、この辺りは自分のやっているキャリアカウンセリングに少なからず共通な感じの印象をうけました。

また、
そして何よりも、自分の苦しみを克服してきた人は、今現在苦しんでいる人の心の中にスッと入っていくことが出来るのです。これは、リハビリメイクの施術者にとって重要な資質です。(P.38より
これが、もちろん著者の方もこれがすべてといっているわけではないですがやはり、こういう部分はキャリアカウンセリングにおいても欠かす事ができないかと思っていますし、実際、自分自身、今までの仕事上で経験した悩み、苦しみ、失敗なんかをなんとか乗り越えて今の自分があると思うけど、そういう事って日頃お会いする人で共通点が結構あるため、自分が経験したそういうことを、ちょっとでも活かしてもらえればと思ってお話ししているつもりなので、なんだかこの辺りはとっても共感できました。

その人がもともと持っている「美しい部分」を強調すれば、視線はそちらに移る。その結果、本人も周囲も、患部にそれほど目が行かなくなる。(P.53より)
メイクにかぎらず、やっぱり人って自分の苦手な部分、弱い部分だったり、ネガティブなところを、やたらととりあげようとする傾向があるかもしれないが、そういうところではなく、本来もっている良い部分にフォーカスする意識が大切かなぁと。(最近特にこの点について思う事が多かったので、一番心に響いた気がする)

(*)生まれながらにASDという心臓の病気を患っていて、気温が下がる冬場になると極端に血流が悪くなるために顔が真っ赤になるというのに長年悩んできたそうです。大人になって手術してから治ったそうです。
[PR]
by h5y1m141 | 2007-05-26 22:20 | 読書メモ

Linuxの勉強しました

今日は会社がお休みだったので近所のカフェでMacとLinuxサーバHacks―プロが使うテクニック&ツール100選を持参してちょっと勉強していました。

サーバーが今何をしているかの手がかりを得るには、単にps ax を実行します。
〜中略〜
inetdが接続を待ち受けているプログラムについては、 grep -v ^# /etc/inetd.confか、あるいはもっと端的にnetstat-lpを実行して(P.3)より
ということで、ためしに、grep -v ^# /etc/inetd.confしたのですが、inetd.confがないとおこられてしまった。

もしかしたら、TCP Wrapper つかっていなかったのかな?これはインターネットに繋がる状況になったら調べる必要あるね。chkconfigコマンドによる自動起動の設定を読んだら、Vine Linuxでは/sbin/chkconfigでサービスのコントロールしているみたいでした。

以下↓/sbin/chkconfigの実行結果抜粋
nfs 0:off1:off2:off3:off4:off5:off6:off

setuidやsetgidされたバイナリの場合、状況が非常に悪くなることがあります。ディストリビューションの管理者は、基地のsetuidやsetgidされたバイナリの不正利用をすべて確実に解消すべく精を出していますが、1〜2ヶ月ごとに予期していない不正な利用方法が新たに登場しているように思います。(P.27より)
とあってfind / -perm +6000 -type f -exec ls -ld {} \;とすることで、setuidビットやsetgidビットがセットされたファイルをすべて検出できるとのことで実行したら
-rwsr-xr-x 1 root root 18252 9月14日 2006 /sbin/unix_chkpwd
-rwsr-xr-x 1 root root 11112 9月14日 2006 /sbin/pam_timestamp_check
-rwxr-sr-x 1 root root 3816 11月15日 22:55 /sbin/netreport
 〜中略〜
-rwsr-xr-x 1 root root 37648 9月20日 2006 /bin/ping
-rwsr-xr-x 1 root root 30744 6月13日 2006 /bin/su
という感じで出力された。
ちなみに
setuidビットを無効にすると、コマンドはもはや一般ユーザからは使用不可能になりますが、rootユーザではきちんと動作します。(P.27より)
ということで、本書でかかれていた不要と思われるものをピックアップ。
/usr/bin/atとかはatコマンドを使う必要がない状況なら無効にしてもよいのかも。無効にするにはchmod a-s /usr/bin/atだそうです。
あとは、pingコマンドだけど、ユーザにこれを使わせるかどうかを検討してみてもよいと思うので、自分のVMWare上のやつでは無効にしました。コマンドはchmod a-s /bin/{ping,ping6}とすることで、/bin/ping,/bin/ping6の両方が無効にできるっぽいです。

あと気になったのが、/usr/bin/write。これはちょっと引用すると
writeは他のユーザの端末に書き込むため、ttyグループにsetgidする必要があります。これは一般的には安全な操作ですが、他のユーザの端末に不正なデータを書き込んだり、大量に書き込んだりする不届きな人に悪用されるおそれがあります。(P.28より)
ということで、状況によっては無効にしてもいいのかなぁ。

ここで挙げたことは当然絶対的なものではなく、サーバをたてる時に常にその用途を考えて、用途上不要なものは利用しないというのがまずは大事なのかと。
いづれにしても、知らないことが多いので、まだまだ勉強の余地がとっても多いなぁ。。。

LinuxサーバHacks―プロが使うテクニック&ツール100選
ロブ フリッケンガー Rob Flickenger 山口 晴広 イメージズアンドワーズ
オライリージャパン (2003/11)
売り上げランキング: 79170

[PR]
by h5y1m141 | 2007-05-22 21:14 | メモ

最近のお気に入り

色々と考え事とか、勉強していてちょっと疲れたなぁと思った時にデイリーポータルZを読んで気分転換するのですが、「笑っていいとも!」ごっこはかなりはまった。

定食屋になぜか多い相田みつを風の詩を鑑賞するもかなりくだらなかったなぁー(と思ってさっきまた読んじゃった)

週明けからくだらないエントリですが、どうしても書きたかったので...
[PR]
by h5y1m141 | 2007-05-21 23:54

新聞社―破綻したビジネスモデル

新聞社―破綻したビジネスモデル
を読みましたが、タイトルを控えるのをわすれましたが、以前読んだ本で、新聞はビジネスとして今後かなり危機的というようなことを読んだことがあったのですが、その理解をもう一歩すすめてくれる内容かなぁと思います。

現在新聞の置かれている状況がどうなっているのかというと、広告収入が激減しているそうで
広告主が、予算を新聞広告から折込チラシやテレビスポットに移してしまい、「広告が取れない」というより「広告が(よそに)引っ越してしまった」のです。(p.35より)
という状況です。

「まず部数ありき」という感じで、収益という部分については意識の有無に関わらず二の次という感じらしく、
各産業、あるいは会社別の決算、経営状態に多くの紙面を割く新聞が、自社と同業他社の決算となると、ほとんど報道しない。
〜中略〜
新聞社は、私の知る限りすべて非上場。資本金も10億円を超えるのはわずか4社で、ほとんどの社が財務省への有価証券報告書を提出する義務もなければ、公表する義務もない。(p.39より)
ということで正確な数字がわからないそうですが
産業としてとらえた概数ですから、各社別に見ればバラつきがあります。それにしても販売経費率が40〜50%強とは、相当なコスト高体質です。(P.19より)
とあるように、あまり良い状況ではないみたいです。

今後のありかたについては、最後に記載があり
「事件や役所の発表は通信社にまかせればいい。その要員とコストを独自の取材にあてたら」というのが私の主張でした(P.180より)
ということで、単に事件や事故を伝える記事については、共同通信を利用して、もっと掘り下げた解説のような記事に記者を配置し、それが新聞に求められていることではと書かれていましたし、これは個人的にも共感できます。

実際、ふだん自分が新聞読む時って、独自の視点で書かれた記事のほうに目がとまるし、事件や事故の報道については、わざわざ新聞で情報を得ようとは思わないしね。自分の実感と近いことがちょっと書かれていたので引用すると
関西の大学院生数人が1週間ほど毎日新聞のメディア局に研修に来た。
〜中略〜
新聞は”発見メディア”だということ。ページをめくっていくと、予期せぬ発見がある。「なるほど」と思うニュースにも出会う。それに比べてインターネットは”検索メディア”、関心のあることをより深く調べられる(P.207より)
ということで、こういう意識を持った人が読者にいるというのを前提とした紙面作りをしてみると新聞もかわってくるのかもしれないですし、
海外メディアの報道に、「朝日新聞によると」とか、「読売新聞が伝えた」という引用や転載は極めて少ない。日本の新聞が、「ニューヨークタイムズがどう書いたか」をやたらと気にするのと対照的です。(p.213より)
という状況も変わるかもしれないですしね。
[PR]
by h5y1m141 | 2007-05-20 21:31 | 読書メモ

新聞社―破綻したビジネスモデル

新聞社―破綻したビジネスモデルを読みましたが、以前読んだ本で、新聞はビジネスとして今後かなり危機的というようなことを読んだことがあったのですが、その理解をもう一歩すすめてくれる内容かなぁと思います。

現在新聞の置かれている状況がどうなっているのかというと、広告収入が激減しているそうで
広告主が、予算を新聞広告から折込チラシやテレビスポットに移してしまい、「広告が取れない」というより「広告が(よそに)引っ越してしまった」のです。(p.35より)
という状況です。

「まず部数ありき」という感じで、収益という部分については意識の有無に関わらず二の次という感じらしく、
各産業、あるいは会社別の決算、経営状態に多くの紙面を割く新聞が、自社と同業他社の決算となると、ほとんど報道しない。
〜中略〜
新聞社は、私の知る限りすべて非上場。資本金も10億円を超えるのはわずか4社で、ほとんどの社が財務省への有価証券報告書を提出する義務もなければ、公表する義務もない。(p.39より)
ということで正確な数字がわからないそうですが
産業としてとらえた概数ですから、各社別に見ればバラつきがあります。それにしても販売経費率が40〜50%強とは、相当なコスト高体質です。(P.19より)
とあるように、あまり良い状況ではないみたいです。

今後のありかたについては、最後に記載があり
「事件や役所の発表は通信社にまかせればいい。その要員とコストを独自の取材にあてたら」というのが私の主張でした(P.180より)
ということで、単に事件や事故を伝える記事については、共同通信を利用して、もっと掘り下げた解説のような記事に記者を配置し、それが新聞に求められていることではと書かれていましたし、これは個人的にも共感できます。

実際、ふだん自分が新聞読む時って、独自の視点で書かれた記事のほうに目がとまるし、事件や事故の報道については、わざわざ新聞で情報を得ようとは思わないしね。自分の実感と近いことがちょっと書かれていたので引用すると
関西の大学院生数人が1週間ほど毎日新聞のメディア局に研修に来た。
〜中略〜
新聞は”発見メディア”だということ。ページをめくっていくと、予期せぬ発見がある。「なるほど」と思うニュースにも出会う。それに比べてインターネットは”検索メディア”、関心のあることをより深く調べられる(P.207より)
ということで、こういう意識を持った人が読者にいるというのを前提とした紙面作りをしてみると新聞もかわってくるのかもしれないですし、
海外メディアの報道に、「朝日新聞によると」とか、「読売新聞が伝えた」という引用や転載は極めて少ない。日本の新聞が、「ニューヨークタイムズがどう書いたか」をやたらと気にするのと対照的です。(p.213より)
という状況も変わるかもしれないですしね。
[PR]
by h5y1m141 | 2007-05-20 21:31 | 読書メモ

はてなでブックマークされました

会社のブログで、頭がいい人のメンタルはなぜ強いのかを読みましたというエントリを書いたのですが、多少狙って書いたこともあって、はてブで今の所、26人の方からブックマークされました。
a0033832_2041834.jpg

これだけブックマークされるのはかなりうれしいですねー

ちなみに、上記エントリでもちょっと触れたのですが、「頭がいい人」のメンタルはなぜ強いのかでいう「頭がいい人」が実践していることが多数あったのですが、その中でTIPSとして5つほどきになったものとして

・休むこと自体を楽しむ
・勝ち負けを気にする趣味は避ける
・”いい子”の仮面をとって、自分らしく振る舞う
・ストレスに対して「過保護」にならない
・ストレスの原因を違う視点から捉えてみる

かとおもったのですが、上記の2.についていうと、私は以前はサーフィンやっていたのですが、経験のある人はご存知だと思いますが、サーフィンって、1つの波に1人しか乗れないというルールが原則的にあるのですが、人が集まる所だと、勝ち負けを競うように波の奪い合いになるため、だんだんとそういうのに嫌気がさしてきて、自然と海から離れていったので、そういう点では正解だったのかなぁーと思うけれど、ただ、サーフィン自体が嫌いになったわけではなく、以前長期滞在したマウイにまた行けるなら、そこでリラックスしてサーフィンしたいと思っているしね。

「頭がいい人」のメンタルはなぜ強いのか
保坂 隆
中央公論新社 (2006/11)
売り上げランキング: 67075

[PR]
by h5y1m141 | 2007-05-17 20:41

すごいフリーキック

今朝、なんとなくTVでスポーツコーナーを見ていて、U22の日本代表と香港との試合でグランパスの本田選手のフリーキックみてびっくりした。

最初は、相手選手にぶつかったのかとおもったけど、YouTubeでよーく見てみたら、あり得ない角度で変化してゴールしていた。

本田選手のブレ玉って結構有名なはずで、今回のがブレ玉かどうかわかんないけど、いづえにしてもすごいねー

ちなみにYouTuebeで、予想通りというかロベカルのあのフリーキッククリスチアーノ・ロナウドのブレ玉のやつもあった
[PR]
by h5y1m141 | 2007-05-17 20:29

ヘッドスパ体験しました

a0033832_21284489.jpgこの間、髪を切った時に、

「うちの美容室で、ヘッドスパをやっていて、かなりポイントも溜まっているからよかったらどうです?」

と勧められて、昨日母の日で実家に帰ったその足で、普段お世話になっている美容室でヘッドスパ体験してきたのですが、かなり気持ちいいー

最近、暑くなってきて色々な所でクーラーが入り始めてから、どうもこめかみの周辺と首の辺りにハリを感じていたけど、なんか頭全体がスッキリした感じで、もっと早くに知っておけばよかった。
[PR]
by h5y1m141 | 2007-05-14 21:29

「寝だめ」<「2度寝」

「脳力」をのばす!快適睡眠術を読み終えましたが、割りと頭がよくなる照明術と内容的にかぶる所もあったけど、かなり待ったかいがあったかも。

そもそも睡眠不足になるとどうなるかっていうと、
人間が進化の過程の後の段階で獲得した脳ほど睡眠不足でダメージを受けやすい(P.30より)

だそうで、特に脳の前頭連合野の働きが悪くなり、この部分は理性、思考力、創造力などをつかさどっているところみたいなので、集中力もなくなりやる気がおきなくなるそうです。

そんな睡眠不足をさけるために、普段の生活で取り入れられそうなことが紹介されていました。

例えば週末に寝だめをすることが人によってはあると思いますが、体内時計のリズムが狂ってしまい、結果月曜日には、グルココルチコイドというホルモンの分泌量が足りず、起床に伴うストレスに対処できないためにつらい状況になって、月曜日は憂鬱っていうことになるそうなので、寝だめではなく、午前中に昼寝(というか2度寝)がいいいみたいです。

睡眠についてちょっと悩んでいる人にはオススメの本ですね。
[PR]
by h5y1m141 | 2007-05-12 22:21 | 読書メモ