<   2006年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

海のテロリズム―工作船・海賊・密航船レポート

海のテロリズムは、2006/07/28に読破してエキサイトブログのライフログという機能でメモ書いていたんだけど、ライフログって検索できないから、ブログで公開することにしました。

マラッカ海峡付近は、海賊多発地帯ってなんかで読んだ記憶があったけど、その辺りのことについてかかれていて、マラッカ海峡は、周辺諸国(シンガポール、マレーシア、インドネシア)がそれぞれ警備、監視をするそうで、特定の国の管轄でおこなっているわけではないそうです。

そうなると経済的に貧しい国(上記の場合だとインドネシアが該当)と、そうでない国(これはシンガポールが該当)との間の、監視体制にも差がでるのは当然なのと、マラッカ海峡周辺には、大小様々な島が存在しているみたいで、海賊の隠れ家にとってはぴったりの島があり、しかも村ぐるみで、海賊行為を行っている場所もあるみたい。

なんで、村ぐるみでそういう海賊行為を行うのかというと、根底にあるのは、”貧しさ”だそうで、貧しい村のひとは、海賊がもたらす盗品、金品などを享受することで、自分達の生活をなんとか維持でき、その代償として海賊を隠まっているそうです。

海賊は自分たちが奪った一部をこういう村人に渡す代わりに、隠れ家を手に入れることで、自分達の商売を実行できるというWin-Win の関係が成り立っているみたい。

日本の場合、直接海賊から、襲われる危険性はないけど、石油などの商品を海運に頼っている以上、ヒトゴトではない問題なんだということにちょっと気付かされたし、この本を読み終わった後に、最近ニュースで取り上げられた北海道沖の漁船の拿捕とかもあったりしたから、日本周辺の海でどんなことが起きているのかをなんとなく知りたくなるきっかけになる本かも。
[PR]
by h5y1m141 | 2006-08-31 22:01

超一流じゃなくても「成功」できる

超一流じゃなくても「成功」できるという本が、新聞の広告に出ていてちょっと気になっていて、最近難しい本ばっかり読んでいて息抜きに買って読みました。

長谷川投手は、本の中でもご自身で書かれている通り、超一流のピッチャーではなかったけれど、メジャーリーグで9年間もの間、活躍をされてきたけど、本を読んでいて、その秘訣っぽい能力として、

1.自己把握力
2.自分自身で適切な目標を設定能力
3.調整能力(よくアジャストって言われるやつ)

のような印象をうけましたが、結構内容的には、仕事にも通じる所があるようにも思った。

というのも、まずは、自分自身の能力を過小評価でもなく、過大評価でもなく、適正に自己を把握。そして自分に足りないと思う部分に関してちょうどよい目標を設定し、これをくりかえすことでうまく、現実の環境にうまく適合しているというのは、日々の仕事の場面でも少なからずみんな似たような境遇に出会うようにも思うし。

ちなみに、英語に関してちょっと意外だったのは、たしか入団記者会見で、結構流暢に自己紹介をしていた記憶があったから、前から普通に話せていたのかと思ったら、実はそうでもなかったらしく、実際入団して1,2年くらいはあまり同僚とも話せなかったようで
信じられないかもしれないが、一年目や二年目など、「しゃべり」の自分が食事が進む間、ずっと黙っていた。そのうちチームメートが、
「おい、シゲ、お前もなんか言えよ」
と言ってくるほどだった。
と書かれていました。

あと、英語に関して、重要な点を挙げていて

多くの日本人が「英語が話せない」と思っていることには、言葉が出来ないということだけでなく、「アメリカの習慣に慣れていないから」という面も多分に含まれている。
という部分で、これは自分が前の会社で外資系にいてとっても苦労したので、こういう部分は、実感がわくし、こういう部分をいかにして楽しむことができるかどうかでメジャーの活躍の度合いっていうのも変わってくるのかなぁ。
[PR]
by h5y1m141 | 2006-08-30 22:50

絵を右脳で描く

折角の夏休みだし、違ったジャンルの本でも読もうかと思ってジュンク堂に行き、普段は行かない美術書籍などがあるフロアーに行き、最近、絵を描くのが上手になりたいなぁって思っていたから、デッサン入門のような本があるのではと思って、デッサン関係の棚を探していたら、自分の思い描いていたのが、見つかった!

前にこのエントリーでもちょっと触れた脳の右側で描けっていうやつの本があって絵を右脳で描く—「描く能力」が劇的に向上というタイトル。

買ったのは昨日だったけど、他の本を読んだり、長瀞の写真をFlickrにアップしたりして時間なくなったので、今日さっそくこの本読みながら、右脳で描くことにチャレンジしてみました。

これが本にあった見本
06-08-30_20-41.jpg

これが、本のやり方にならって描いた絵
06-08-30_20-42.jpg

右脳をつかっているからかどうかはよくわかんないけど、ひじょーーに疲れた。書いた紙がRHODIAの小さめのやつだったからちょっと書きづらかったから、それが原因かもしれないから次は大きめの紙で描いてみよっと
[PR]
by h5y1m141 | 2006-08-30 20:55

夏休み

06-08-29_10-26~00.jpg夏休みで旅行に行っていたから、しばらくブログはお休みしてましたが、家から2時間くらいの長瀞に行ってきました。写真撮りまくったので、その一部を外部のサービスをつかってスライドショーにしてみました。
[PR]
by h5y1m141 | 2006-08-29 20:46

千円札は拾うな

このエントリーでちょっと触れた千円札は拾うなだけど、他所の部署の人の机に平積みになっているのをたまたま見つけたので、よかったら貸してもらえないかと思ってお願いしたら、あっさりとOKしてもらったので、今日の電車の中&帰りにちょっとだけ寄り道して読み終えました。

タイトルにある千円札は拾うなというのは、千円札を拾おうとすると目線が下がってしまいもしかしたら、そのことで見えていないこと(もしかしたら、実は目線をおとさなかったら1万円を見つけるかもしれないし)を見過ごす可能性があるのではというようなことを著者の方はいっています。

いくつか共感できる所があって

− 四半期決算の落とし穴
− お金&時間の使い方を学ぶのが大切

というあたりかな。

四半期決算の落とし穴というのは、会社で使える年間予算を四半期毎に区切ってしまうと、どうしても短期的な利益を追求しがちになってしまい、そうすると年間1億使えたとしても、1/4づつに分けて結果として、2500万円の予算で勝負するようなことになってしまう戦略に陥ってしまい、そうすると

1億を一度に使う戦略 vs 2500万円を4回にわけて使う戦略

ということになってしまうため、どちらが大きなリターンを得られるかは明白であるというようなことが書かれていました。

作物栽培じゃないけど、土作り→種まき→育成→収穫のサイクルがあまりにも短くなりすぎると、いつかはよいモノが取れなくなるのと同様に、四半期決算だとちょっとサイクルが短すぎて、きちんとした戦略がないままに、とりあえず目の前のものを刈り取っていくという感じがしているのと、ちょっと体力勝負的な感じがするから、もうすこし長いサイクルで物事を見てもよいのではという考え方を示しているようなきがする。

※このあたりは、ブルーオーシャン戦略に書かれいた内容に通じるものがある

お金に関しては、正しい使い方というのがあるわけではないけど、上手な使い方があるということが書かれてました。

これは会社経営に限らず、自分の資産形成においても、通じるものがあると思っていて、まだ年齢が若い段階では、多少、資産運用に失敗したとしても、それほど大打撃になるわけではないから、若い段階では余裕資産の範囲で、ある程度色々な金融商品に実際に投資したほうがいいかなぁと。

ちなみに、「株に投資したほうがいいよ」といいたいわけではなく、株も含めた金融商品にはそれぞれ固有のリスクがあって、元本割れしない銀行の定期だって物価上昇率以上の利率が得られるわけではないから、今みたいに多少物価上昇懸念がある時には果たして良い選択なのかどうか考えたほうがよいわけだし、それに加えて税制面のこともきちんとしっておかないと、せっかくの儲けも税金でもっていかれる可能性も十分にあるんで、いまのうちから、自分の身近な所で、上手な使い方を学ぶのが大切だと結構感じています。

あと、時間の使い方については、自分の時間の使い方を日頃どれだけ意識していて、自分の時間を得るための出費はおしまないのが大切というようなことが書かれていて、このあたりは、結構わかるなぁって思った。

全般を通して言わんとしている内容は、世間の一般的な常識を疑ったり、固定観念から抜けだそうというような内容のことで、自分としては、なんとなくどこかで読んだようなことが多い感じだったために、すごーく目新しいことが書かれているわけではないけど、ページ数がそれほど多くはないので、普段あまり本を読まない人にはちょうど良いくらいの内容かも。
[PR]
by h5y1m141 | 2006-08-22 22:48

ブリティッシュハンガー使ってみて

早速今日初めてつかったけど、これと組み合わせて使うカバンが意外に重要な気がする。

というのも実際に使うシチュエーションを考えると、今みたいに暑い日に、片手に上着を持つとベトつくのを防ぎたいという状況で、カバンにちょっと引っ掛けてっていうのが一般的かと

そうすると、普通のブリーフケースタイプのカバンの場合で持ち手が長いものだったりすると、カバンの位置が割と地面に近い位置に来るために、その状態でブリティッシュハンガー使うと、もしかしたら、上着の一部が地面にくっつく可能性があるかも。

カバンの種類としては、自分がつかっているような、トートタイプのもので、肩からかけるようなタイプに引っ掛けて使うなら、地面にくっつくこともないので、そういうカバンと組み合わせるのがよいのかも

06-08-20_11-12.jpg
[PR]
by h5y1m141 | 2006-08-22 22:16

高速なFirefox

元は、(ひ)メモ - 最適化されたFirefox - マカー向けさんのこのエントリーでしったのですが、Optimized Firefox 1.5.0.6 for G4, G5, and Intelということで、Intel Macに最適化された Firefoxがあるって全く知らなかった。。。

早速ダウンロードして使ったけど、たしかに表示が今までと比較にならないほど早い。体感速度としては1.5倍位はあるんじゃないかな
[PR]
by h5y1m141 | 2006-08-22 22:05

「ながらバー」急増中

先週の日経の夕刊で「ながらバー」急増中という記事が出ていて

静かに気取って読むだけではない。どうせなら好きな模型を眺めながら、本を読みながら、あるいは動物とふれあいながらグラスを傾けたい。そんな欲張りなオトナたちをひき付ける「ながらバー」が都会に増殖している。

とあって、前から本を読みながらちょっとだけお酒飲めるお店ないかなぁとおもっていたので、こういうのは、うれしいね。記事にとりあげられていたこちらのお店では、蔵書3000冊もあるそうで、結構普段、自分がチェックしないジャンルの本が多いから、こういう所で思いがけない本に出会えるのかも。

お店のメニューみたら、カレーが数種類あるみたいだから、カフェ感覚で使えそうな感じなので、もうすぐ夏休みだから、ちょっと行ってみようかな。
[PR]
by h5y1m141 | 2006-08-21 21:59

発想力を高めるために

06-08-21_12-43.jpg
IT Mediaの紙を使った発想法
普段使わない部位を使う、普段やらないことをする、普段行かないところに行く、などです。だいたい、普段と同じことをしていてアイデアが出ないのですから、普段やらないことをしなくてはダメです。

と書かれていて、今日たまたま立ち読みした、千円札は拾うなにも、男性は30歳を超えると、馴染みのお店ばっかり行くようになってしまい、考えが固まってしまうというようなことが書かれていたので、最近気になっていたんだけどこちらの整骨院で岩盤浴してきました。

別に岩盤浴したから、明日からバリバリとアイデアが湧き出るわけじゃないけど、普段行かない所にいくと、なんか新鮮な気分で、先週ちょっと忙しかったせいか、煮詰まっていた感じもすっきりしてきた。

ちなみに、岩盤浴体験してみた感じでは、最初の10分くらいは、あんまり汗をかくこともなかったけど、その後から滝のように汗をかきはじめ、30分経過したころには、全身汗だくになってました。

しかも、終わってからかなりお肌スベスベ&腰がちょっと重い感じもスッキリして、これはクセになりそう。
[PR]
by h5y1m141 | 2006-08-21 11:02

鉄則!企画書は「1枚」にまとめよ

鉄則!企画書は「1枚」にまとめよっていうのを昨日読んだんだけど、細かいテクニック的な部分は別にして、結構普段でも使えそうだなぁと思ったのが、

「誰に読ませる」

という箇所。

まぁ当たり前といっちゃえば、それまでなんだけど、相手の経歴をきちんと知った上で、企画書を書くのが大切ということが書かれていた。

別に企画書にかぎらないけど、仕事上で何かしらの文書を書く時にも考え方は十分利用出来るかなぁと思い、例えば、自分が、会社の誰かから「web2.0の時代において求められる人材に関して」というような企画書のようなものを仮にもらったとすると、web2.0の定義的なものはもちろん、技術的にどのようなものが利用されているかもわかっているんで、その企画書の中で、web2.0の背景とか技術的な説明がズラズラと書かれていたら、間違いなくその部分は読み飛ばして、結論に該当する部分しか読まないと思う。

企画書に限らず、何かのレポートをまとめるとか、相手にメールする時など相手がどこまでは理解しているのかを踏まえて、その部分は思い切って割愛するというような意識で文書を書いてもいいんではないかなぁと。

※ちなみに本書の中で、相手の経歴を知らない/わからない場合という時には、業界紙や専門誌などで、相手の経歴を知るのがまず大切というように書かれていました。まぁ内容が、「企画書」という部分についてのものだから、この辺りはなかなか一般に適用づらいかもしれないけどね。
[PR]
by h5y1m141 | 2006-08-20 11:52