<   2006年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

気分転換

a0033832_735384.jpg【事実】今日はとある用件で、グループ会社の企業に朝一からいくことになって久しぶりに大手町界隈に行きました。満員電車に揺られていくのは避けたかったので、普段よりもちょっとだけ早い時間に家を出て、大手町の1つ前の駅で降りて、いつもよりは少ないかもしれないけど、1駅分歩きました。【気付き】大手町界隈ってなんとなく街全体の空間が広々としていて、特に朝早い時間であれば、あまり人もいないから集中して本を読んだり、あれこれと考え事ができるので、気分転換になるなぁっておもった。
後、大手町まで歩いている途中、たぶん神田駅周辺なんだけど、朝早い時間(たぶんAM7:30くらいだったかな)から、なぜかお弁当やさんが空いていたけど、おじさんたちが朝ご飯を買うからかな?
【教訓】だれかのBLOGで読んだ気がするんだけど日常同じことをしていると、人間って飽きが生じるらしいから、たまには普段とは違うルートで通勤したり、今日みたく用件があって朝から違う所に行くって言うときには、気分転換になるし、思いがけない発見とかあるからそういうのを楽しむのが大事かなぁと。
【宣言】たまには、通勤ルートも変えるなどして、また違った視点で一日をスタートするような気分転換をうまくできる人間になりたい
[PR]
by h5y1m141 | 2006-06-29 07:35

アクセス解析結果

excite ネームカードを設置してから、どんなキーワードで自分のブログに来ているのかをチェックすることができるようになったけど、なぜか知らないけど PSP 関連のキーワードがとっても多い。

一時期PSP買いたいなぁって思っていたけど、結局PSP持っていないので、折角来てもらってもたいしたネタは自分のところのブログでは書いていないんだよね・・・

さっき、チェックした結果は以下のとおりで、「8位 札幌土産」というのが急遽ランクインしてきたけど、たぶんこれは、うちの会社の人がチェックしているのかなぁ??

1位 いちごいちえ
2位 PSPで動画を見る方法
3位 IGBTとは
4位 PSPでDVDを見る
5位 pspで動画を見る方法
6位 明日の記憶
7位 fika cafe
8位 札幌土産
9位 Null NetBIOS sessions
10位 PSPで動画を見る方法
[PR]
by h5y1m141 | 2006-06-26 20:58

ブログの効果

この間人と人とのつながりというエントリーで書いたけど、先日無事にセミナーは開催されて、当日は自分が紹介した9名含めて、30名くらいの方がご参加されました。

一昔前でいうところのオフ会のようなもののイメージって自分の中では結構ポジティブな者に変わってきていて、バーチャルでしか知らない人のつながりから、実際にリアルの場で会う事で、自分の中のネットワークがほんとうにゆるやかだけど、つながっていくような感じがしました。

しかし、以前なら、全く知らない人が集まるセミナーに参加するのは、とても気後れしてしまって、絶対に参加しなかったけれど、2年前からブログを書き始めてから、特に最近では日々アウトプットを出すために、インプットすることを心がけるという意識がついてきたのもあって、セミナーとかで、誰かと何か雑談するってなったとしても、それなりに色々とネタができてきたのは、自分としてはものすごい変化なんだなぁって気付かされた。

そして、途中で一度書くのを辞めた時期もあるけどもうすぐ2年もブログ書いている事に気付いて、よく継続できているなぁって思った。
[PR]
by h5y1m141 | 2006-06-26 20:19

Yahoo のAPIを使った検索

ウェブ検索Webサービスのサンプルをほぼそのまま流用なんだけど、Yahoo で、派遣 CCNPというキーワードを使ってのソース。

#!/usr/local/bin/perl

#use strict;
use LWP::Simple;
use XML::Simple;


# Set your unique Yahoo! Application ID
my $appID = "xxxxxxxxxx";
my $query = "派遣 CCNP";

# Construct a Yahoo! JAPAN Web Search
my $base_url = "http://api.search.yahoo.co.jp/WebSearchService/V1/webSearch";
my $type = "all"; #alternates: any, phrase.
my $results = 100;
my $language = "ja";
my $results_sort = "rank"; #alternate: date.
my $req_url = "$base_url?appid=$appID&query=$query&results=$results";

$req_url .= "&language=$language&sort=$results_sort";

# Make the request
my $yahoo_response = get($req_url);

# Parse the XML
my $xmlsimple = XML::Simple->new();
my $yahoo_xml = $xmlsimple->XMLin($yahoo_response, ForceArray=>['Result']);

# Set some variables
my $out;
my $result_count = 0;

# Add the column header
my $totalresult = $yahoo_xml->{totalResultsAvailable};

# Loop through the items returned
foreach my $result (@{$yahoo_xml->{Result}}) {

$result_count++;
my $y_url = $result->{Url};
my $y_click_url = $result->{ClickUrl};
my $y_modificationdate = $result->{ModificationDate};
(my $sec,my $min,my $hour,my $mday,my $mon,my $year) = localtime($y_modificationdate);
$year += 1900; $mon++;
my $y_mimetype = $result->{MimeType};
my $y_cache = $result->{Cache}{Url};
my $y_cachesize = $result->{Cache}{Size};
if ($y_url eq "xxxxxxx") {
$out .= "○.$result_count.$y_url\n";
} else {
$out .= "$result_count.$y_url\n";
}
}

print $out;
[PR]
by h5y1m141 | 2006-06-21 16:49

人と人とのつながり

【事実】社会起業家セミナーというエントリーで
社会起業家セミナーに参加されていた大学生達と知り合いになれたのは、なんか思いがけない収穫だった
って書いたけど、そこからかなーりゆるいものだけど、立教大学のゼミの方をご紹介してもらったのだけど、そこの方を通じて、うちの会社で今週に就活に関してのセミナーのお知らせをさせてもらったら、なんと学生の方からメールをいただき、9名参加したいとのこと。
【気付き】あんまり商売っ化みたいなものは自分としては出しているつもりは全くなくって、純粋に学生の方に、IT業界というものがどういうものなのかを知ってほしいという気持ちから、こういう行動を取ったのがよかったのかなぁと。
そもそも、社会起業家セミナーに行っていなかったら、あのときあった2人にあうこともなかったし、その後も、ゆるーくだけど、そのつながりを保ったことで、こういう結果になったのかなぁ。
【教訓】今の仕事柄、その時々の出会いというものを大切にして、自分に出来ることは特に見返りというものは求めず、出来る限りのことをしておくと、ふいにこういった形で結果が出ることがあるんだなぁと
【宣言】人と人とのつながりを意識している人でありたい
[PR]
by h5y1m141 | 2006-06-19 21:33

ちょっと勉強

MacでPerlの勉強しはじめているんだけど、さしあたって会社にあったSpidering hacksのLWP::Simpleを用いた簡単なデータ取得っていうやつを書いていたんだけど、本に書いてある通りにやってもうまくいかなかったんだけど、どうもPerlがLWP::Simpleのディレクトリを検索してくれなくてえらーになっていたみたい

なので、

BEGIN {
unshift @INC,'/Users/xxxxxx/.cpan/build/libwww-perl-5.805';
}

という一文を追加したらできた!

!/usr/bin/perl -w
use strict;
BEGIN {
unshift @INC,'/Users/xxxxxx/.cpan/build/libwww-perl-5.805';
}
use LWP::Simple;
use Encode;
use encoding 'shiftjis';
binmode(STDERR, ':raw:encoding(shiftjis)');
my $url = 'http://www.yahoo.co.jp';

my $content = get($url);
$content = decode('shiftjis',$content);
print $content;
[PR]
by h5y1m141 | 2006-06-18 21:38

ITエンジニアの意識

社内のかたから、とある会社が実施した、ITエンジニアの意識調査のようなアンケート結果を見させてもらったのですが、興味深かったのが、現在不安に思っているという解答欄。

全部をきちんと読み込んだわけではないけど、大抵の方が、常に最新技術についていかないといけないという不安感を感じているようで、そのための勉強&スキルアップというものにかなり追われているみたいです。

あと上記以上に興味深かったのが、人材会社を選ぶ際に重視するポイントで、トップ3の項目として
 1.対応が決め細やかである
 2.担当コンサルの人柄、能力
 3.ITエンジニアの仕事への理解

1,2は、対人という意味においては、ある意味当然の結果かと思ったけど、3.の部分については、この業界特有のものなのかなぁ・・

っていうのも、私は、元々ITエンジニアとして仕事をしていたから苦にならないけど、非経験者からすると、IT系の仕事ってなんだかよくわかんないし、特にネットワークインフラについては、目に見えづらいというのもあって、その仕事の価値というものは、その業界の経験がないと正直よくわかりづらいと思うから、お互い、つまり、ITエンジニア側も、人材会社の担当コンサルタントもお互いに共通の言葉で話しが出来ずに苦労しているので、ITエンジニア側として3番目にこの回答がはいったような気がするんだけどね。

ちなみに、回答数は、数百人以上あるので、それなりの信頼性はあるかなぁと。
[PR]
by h5y1m141 | 2006-06-16 20:57

無痛

家の隣の駅に住んでいる別の部署の人と、以前にばったり帰りの電車で会って、そのときに普段どんな本を読んでいるのかっていう話題になってそのときに、チーム・バチスタの栄光のことを教えてあげたら、最近読んだらしくって、たまたまこの前に会社で会ったときに

「面白かったですよ」

って言ってくれたのと、無痛っていう本が面白いと教えてもらいました。

ちょっと興味あるなぁと思っていたら、一昨日くらいに、なんと本を貸してくれたので、ものすごい厚い本だったけど、次の展開が気になるので、2日くらいで一気に読み終わった。

小説ではあるものの、現在の医療制度や、法の制度(作中でもでてきた刑法39条というもの)等について、ちょっと考えさせられるなぁっていうのと、全体的には次の展開がとってもきになって読み進めました。ただ、途中描写がかなりグロい所があって、そこは正直好きにはなれない所なので、もしも興味持ったかたがいたら、事前にそういう箇所があるんだっていう心の準備をしておいた方がよいかも。
[PR]
by h5y1m141 | 2006-06-14 21:18

インプレスキャリア

別のBLOGの方で、JANES-Way  サン・マイクロシステムズというエントリーを書きましたが、そこで
テクノロジーだけではダメで、その上にある、コミュニティーが良質であったりすると、色々な広がりが期待できそうで、そういう意味では、良質なコミュニティーを育てるような仕組みっていうのも今後のキーポイントになりそうな感じがしました。

ということを書きました。必ずしもこの話とは一致しないけど、IT系のニュースサイトのImpressWatchを運営しているインプレスキャリアというITエンジニアを対象とした人材紹介、派遣会社を設立されるみたい。

ImpressWatchは、私はほとんどチェックしていないけど、ある程度有益なコンテンツを元々持っていて、そこを日頃からチェックしているITエンジニアは一定数存在しているのと、おそらく自社サイトにどのようなジャンルのエンジニアが来ていて、どういうページをチェックして、そこからどういうページに推移しているかは、専用ツール入れているから、把握しているだろうから、あとはそういう人たち同士の横のつながりが気づけるコミュニティーがImpressWatchの中で出来ると、かなり手強くなりそう。。。

詳細はニュースリリース
[PR]
by h5y1m141 | 2006-06-14 20:50

感動! ブラジルサッカー

6月に入って、ライフサイクルイノベーションという本を買って読み始めたんだけど、ちょっと難しくって、なかなかスピードがあがんないので、気分転換に感動! ブラジルサッカーっていうのを借りて、昨日読み終えた。

内容的にはYeah!とかの雑誌の取材とかで読んだことがあるような内容だったけど、改めてブラジルサッカーの裏側みたいなものを知れた感じがする。

ブラジル代表(セレソン)の中には、貧困層出身者が多いっていうのは、アドリアーノの例とかで知っていたけど、彼ら共通しているのは、みんな自分たちの過去のつらさみたいなものがベースにあって、その上で自分の出身地域の人たちなどの貧しい人たちのためになんとかしたいというボランティア精神のようなものがすごいなぁって思った。

ちなみに、本文中でも触れられていたけど、ジーコも代表監督として日本で仕事をしているけど、たまにブラジルに戻って何をやっているのかってちょっと批判めいたことが書かれているらしいけど、チャリティー活動のようなことを当然のごとくやっていているみたい。

サッカーが商業化されつつあり、実際、富、名声を得た選手達であってもセレソンに選ばれるということをとても光栄に思っているみたいで、アマチュアリズムという言葉がふさわしいかわかんないけど、そういうようなものを感じた気がする。

ちょうど、時期的にはワールドカップで盛り上がっていて、優勝候補にあげられているブラジルだけど、この本を読むと、それぞれの選手のパーソナリティーみたいなものが知れて、また違った視点でブラジルサッカーを楽しめると思います
[PR]
by h5y1m141 | 2006-06-12 21:32