<   2006年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

外部への意識

日頃、色々な人とあって、その方のキャリアカウンセリングをしているけど、もちろん、自分自身のキャリアというものも常には意識はしていて、内向きにならずに、外の世界についても自分なりにアンテナを張っているつもりでいます。

以前、ちょっとした繋がりで知ったミラクル☆キャリアさんのこのエントリーで社会起業家セミナーというものが開催されるようなので、
社会起業家は、個人のアイデアと実行力により、ソーシャル・イノベーションを起こす人々だと特徴を挙げることができます。 組織の中で新たな価値観の創造に挑戦している人々、そして、新たな生き方、働き方を選んだ人々の目指すところを、皆様と共有したいと思います
とのことで、特に「組織の中で新たな価値観の創造に挑戦」という個所が自分としては結構気に入った言葉だったのでさっそく申し込んでみた。

懇親会ってちょっと苦手なんだけど、折角の機会なので、そっちも参加してみよっかなぁとおもってます
[PR]
by h5y1m141 | 2006-03-31 21:30 | 仕事ネタ

お金との付き合い方

会社のBLOGのこのエントリーでお金のことについて書いたけど、実際自分が転職する際に前職でかなり給与がよかったのもあって、正直下がるのは覚悟していたけど、その時点で色々とお金のことについて勉強していたし、日頃の生活サイクルから、最低限いくらだったら今までと同じような生活ができるのかは見当をつけていたのと、うちの奥さんもきちんと理解してくれていたから、転職もすんなり出来たのかと思う。

※ちなみに、前職給与と比較すると、15%位は減少しました

そんなわけで、自分の体験談的なことも交えて、会社のBLOG でお金のことについてのちょっとしたネタを提供していこうかと。
[PR]
by h5y1m141 | 2006-03-30 22:30 | おかねのこと

50突破

おかげさまで、1日あたりのアクセス数が、今日、始めて50を突破した!

数字繋がりで、今月読んだ本を振り返ってみたら、なんとか10冊突破していた。今読みかけのキャズムあと1/3くらいで終わるのでうまくいけば、今月は11冊になるかも
[PR]
by h5y1m141 | 2006-03-30 00:02

派遣会社満足度調査

人材ビジネスとかっていう雑誌の記事を今日読む機会があったので、そこで「派遣会社満足度調査」についての興味深い内容があった。

昨年の秋口くらいに1ヶ月間の期間で、インターネットを利用した派遣会社の満足度調査をしたそうで、男女比は1:9、回答数は 約1000人。今回は3回目だそうで、1回目は約300人だったそうなので、およそ3倍強の回答数が得られたそうです。

細かい調査結果をすべてメモしたわけでないのですが、それなりに満足度の数値は高いものの、条件付で評価しているというものが目に付き、個人的には特に以下の点がとっても気になった。
  • 営業担当者がよい場合に、知人、友人に口コミでその派遣会社を勧める

  • 自分の希望職種があう場合に、知人、友人に口コミでその派遣会社を勧める

単純に、給与がよいからとか、有名企業だからそういう考えは(まぁ当たり前だろうけど)期待していないのがよくわかったし、「営業担当者がよい場合に」というのは、仕事に就いてからのフォローをきちんとして欲しいというこれもある意味当たり前の期待をしているのかなぁと。

実際に自分も派遣社員としての経験が圧倒的に多いので、この辺りの意識というのはよくわかるし、出来れば新年度から、こういう派遣スタッフの方のキャリアパスのサポートをするという意味で、営業とは違った視点で、定期的なフォローが出来ると、顧客満足度向上できそうだから、機会があれば、来期の仕事の1つとして会社として取り組みたい。
[PR]
by h5y1m141 | 2006-03-29 23:58 | 仕事ネタ

一休み

a0033832_14105877.jpg年度末ということもあって、今月は休日出勤で対応しないといけないことが多くって、今日はその休日出勤の代休を取ってスーホルムカフェで、一休み。

今日は気分的には温かかったのと、みんなが働いているときに昼間っからちょっとだけビール飲んで優越感に浸ろうかなぁーと思ったけど、グッとこらえて、ペリエ+レモン入りで、ノドをうるおした。

最近、仕事の合間に、こればっかり飲んでいるからか、ペリエ+レモンがものすごくおいしく感じた
[PR]
by h5y1m141 | 2006-03-28 14:10

IT 業界もジダネスとパボネスになりつつある予感・・

変なタイトルをつけてしまったけど、まずはその説明から。

ジダン
というスーパースター達(ジダネス)とパボンというクラブの下部組織から育てた生え抜きの若手選手達(パボネス)でチームを基本的には構成しようというサッカーのクラブチーム(レアルマドリード)の選手補強政策のことです。

その補強政策において、マーケティング的にはあまり旨みがない、つまり、一般的にはそれほど有名でないので関連グッズの売上とかにはあまり貢献しない中堅どころの選手を、のきなみ放出してしまいました。(代表的な選手はマケレレという選手です)

このジダネス&パボネス は、フロレンティーノ・ペレスというクラブのお偉いさんが提言していたものだったのですが、結構色々な所で、批判されていましたし、この政策を取ってから必ずしも結果を残していたわけではありませんでした。(その責任を取るためかわかりませんが、先月、この会長は辞任しました)

で、ここからが本題。

最近、IT系の求人情報を見ていて感じるのがジダネスとパボネスのどちらかをあまりにも企業側が望みすぎているような気がしているかなァト。

どういうことかっていうと、ジダネスに相当する人たちというのは、例えばものすごくスキルのある人で、月額で60万以上稼げるような人たち。

具体的には、SIerでかなり大規模なネットワークの設計ができたり、音声系やストレージ系ネットワークなどの、これからどんどん普及しそうなネットワーク技術に精通している、etc・・・

対して、パボネスに相当する人たちというのは、20代後半までの、俗にいう第二新卒の人で、まぁそこそこITスキルがあれば、年齢面を考慮して採用してくれます。

企業にもそれぞれ事情があるのは、実際に現場で働いていたのである程度は理解できます。
ただ、あまりにも偏った選手構成、じゃなかった、社員構成にしてしまうと、そもそもその社員をマネージメントする人材が正直、世の中には数多くいるとは思えない。

結局はこれらの社員をうまく使いこなすことができず、現場は火が吹いてしまって、とりあえず人を投入するのだけど、火を消せる社員はそういう所には、好き好んでいかないだろうから結局は、若手を投入して、人海戦術で乗り切ろうとするのだけど・・・

人材市場には、中堅どころのマケレレに相当する人が、かなり大勢いるので彼らの使いどころなり、トレーニングしてあげることで、企業も十分強くなれると思うんだけどね。

ちょっと愚痴っぽい内容になってしまったかもしれないけど、嘆いていても、何も始まらないので、役に立つかどうかわからないけど、自分の今まで持っているノウハウを、もう1個のブログでしばらく、書いていこうかと思います。
[PR]
by h5y1m141 | 2006-03-22 21:44 | 仕事ネタ

最近のお気に入りBLOG

WingLife Diary というブログを書いていただいている羽生さんはどのエントリも共感できる内容が多く、私もだけど、うちの奥さんもかなり羽生さんファンになりつつある。

そうそう羽生さんは、はてな でもブログ書いているので、興味ある方はどうぞ。
[PR]
by h5y1m141 | 2006-03-22 20:53 | 仕事ネタ

150という不思議な数字

仕事がら、最近「口コミ」というものがやけに気になっていて、ちょっと古い本なんだけど、なぜあの商品は急に売れ出したのかっていう本を2週間ほど前に読み終えた。

その本の中で集団生活、150人限界説という個所があって、どれくらいの規模の集団生活を営んでいるのかというものをイギリスの人類学者ロビン・ダンバーが調べた所、ほぼ150人という結果が出たみたい。

さらに、21の狩猟、採集社会を綿密に調べたら、村落の平均人口は148.4人になることを突き止めたそうです。

これと同じパターンがなんでも軍隊組織にも当てはまるそうで
軍事組織の立案者たちは長年の経験から、機能的な戦闘部隊の構成員は実質的に200人を超えることはない、という一般原則に到達している

だそうです。

本当かな??って思っていたんだけど、ここで知ったんだけど、
トリンプの社員は120人でこれは18年前とほぼ同じ数字だそうである。一方、売り上げは18年間で5倍に伸びている。スピード経営の成果であるとし「社員のIQを5倍にしたり、労働時間を5倍に増やすのはまず不可能ですが、スピードならやり方しだいで5倍にできる」と説明する
とあったし、がっちりマンデーの3/12に松井証券の社長が出ていたけど、なんでも少数精鋭で社員数こちらの情報だと148名とのこと。

また、自分の経験に照らし合わせてみると、前の会社にいたとき、当初は120人だったようなきもするけど、会社がどんどん成長して、あっという間に300人、400人となっていくにつれ、なんか会社全体が以前に比べて見えなくなってきたなぁと感じたのも、このロビン・ダンバーの150人限界説なのかな。
[PR]
by h5y1m141 | 2006-03-19 21:55 | 仕事ネタ

たまに行くなら、こんな店

a0033832_18171150.jpg初台駅近くのお店のランチに行ったけど、値段(1500円ほど)の割に、味、接客、雰囲気と三拍子揃った、とってもよいお店だった。

人をもてなすお店として、こんな感じのお店をいくつか知っておくと、いざっていうときによいかも。
[PR]
by h5y1m141 | 2006-03-19 18:19 | 読書メモ

あすなろBLOG

このエントリでも書きましたがこのブログの関係者でもあるので、当日参加していただいたブロガーの方の反応がどうだったのかちょっと気になっていたので、普段使っているFreshReaderで、「あすなろBLOG」をキーワードに登録しておいたら早速以下2つの3つのエントリ見つけました。

近江商人 JINBLOGさんが
ここからの企画次第でどう転ぶかはまったくわからない、というところでしょうか。
と書かれているように、あすなろブログという「器」は出来上がったので、コンセプト通りのサイトになるように、がんばらねば。
[PR]
by h5y1m141 | 2006-03-19 17:45 | 仕事ネタ