カテゴリ:メモ( 9 )

今日のネタ帳

マフィン
日頃チェックしている情報のなかで、1つのエントリを書くほどではないけど、後々参照したり、これをベースにして、1エントリになるようなネタというかメモっておきたいことが、結構あって、ネタ帳としてまとめておきます

自信をもてないあなたへ―自分でできる認知行動療法
認知行動療法について少し深く知りたいと思って借りたので、そういう意味で自分のニーズとちょっとあわなかったけど、タイトルにある「自信が持てない」というのがどういう部分から生じてるのかを自問自答出来る本かなぁと思う。(図書館の返却期間が来たため、読み終わらなかった)

■日経アソシエ2008/04/01号でサイバーエージェントの藤田さんが書かれていたこと

IR関連の情報を社内に告知するときにもいろいろ工夫されているそうで、文章が上手な社員を担当にして、面白い内容にしたてているそうで、
社内報でも読んで面白いキラーコンテンツを作っています。事業の失敗例を「日経ビジネス」の人気コラム「敗軍の将、兵を語る」のような形式で書いたりしています。
〜中略〜
「情報を発信しました」「全員が閲覧可能な場所に置きました」では、情報共有の目的は達成できません。
伝えるというのを厳密に考えると、単に事実をつらつら伝えるのではなく、相手にとって興味をもつ内容をどれだけ書けるかが重要で、こういう意識は社内の情報共有で大切なポイントかも。

■日経アソシエ2008/04/01号でワタミの渡邊さんが書かれていたこと

ワタミファームという有機野菜の生産や販売を行っているそうですが、それに関連してこんなことを書かれています。
毎年、土が育って豊かになることを実感します。バランスシートの項目として「土」なんてうまく表現できないので、近視眼的な投資の尺には合わないかもしれません。しかし長期的に見た時に、良い農産物が生産出来るようになります。すべてが土で決まると言っても過言ではありません。

以前、うちの近所で、農家の方の指導に元、市民農園のような感じで野菜栽培していたことがあって、その時に、その農家の方も、土が全てであり、代々受け継いだ土こそが財産ということをお話しされていたことを思い出した
[PR]
by h5y1m141 | 2008-05-13 11:02 | メモ

ちょっとだけPerlの勉強しました

一昨日、会社帰りにWEB+DB PRESS Vol.39を購入したのですが、連載記事のRecent Perl Worldで、綺麗なコード+ノウハウの関係という内容で、シェルスクリプトを最初はとりあえず動かせるレベルのものから徐々にリファクタリングして、綺麗なコードにしていくという内容で、実行するスクリプトも、コマンドラインでサーバ情報を取得するという面白そうな内容だったので、本を読みながら昨日はコーディングの勉強してました。

いくつか、つまづいた所をピックアップすると、Mac 上で開発しているので、Linux上だと
#!/usr/local/bin/perl
となる所は、OS Xだと
hoyamada-mac:~/bin hoyamada$ which perl
/usr/bin/perl
ということなので
#!/usr/bin/perlとしないといけないことに最初気づかなかったのでここを修正。

今回の連載記事で想定している環境は
簡単のために、サーバのOSはLinuxであると限定します。またサーバにはSSH公開鍵でログインできることを前提とします。
ということで、sshできる環境はVMWare上のLinuxがあるので、OKなんだけど、公開鍵でログインできるようにしていないから、本の通りコーディングして実行しても

Permission denied (publickey,password).

という結果になるので、Net::SSHの処理の所を工夫するか、公開鍵でログインできるような設定に変更しないとダメだね....

あとコーディングしていて、いっつもPerlのソースでわかんないのが
my $cpuinfo = shift;
というようなソースの場合のshiftの部分の所と

if ($line = ~ m/^model name\s+:(.*)/)

の$line以降の正規表現の所。
あとは、本筋とは離れるけど、CarbonEmacs上でコーディングしていたんだけど、バージョン管理のためのPCL-CVSというのをたまたま見つけて、試しに使ってみて、変更履歴も以下のように確認できました。

revision 1.6locked by: hoyamada;
date: 2007/06/24 07:52:28; author: hoyamada; state: Exp; lines: +2 -2
xxxxxxx

最近、ブログを書く時に、基本的にはCarbon Emacs上で書いたやつをコピペすることが多いんだけど、意味も無くこのCVSの機能使ってみようかなぁ。本当はSubversion使いこなしたいんだけど、元々こいうバージョンコントロールのツールの使いこなしに慣れていないから、このPCL-CVSから徐々に慣れていくというのもありかなぁと思いつつ、全くまとまりが無い文章になってしまった...
[PR]
by h5y1m141 | 2007-06-25 21:19 | メモ

イラン 世界の火薬庫

やっとイラン 世界の火薬庫を読み終えました。

中東地域の状況をおおまかにつかむという意味ではちょうど良い本だと思いますが、中東情勢って、対民族、対宗派(イスラム教でもスンニ派 vsシーア派)という観点での対立もあるし、後は親米か反米なのかという切り口なんかで考えても、こういう本だけで全体を理解できるほど簡単ではないんだなぁと改めて気付かされました。

ちなみに、なんでこのような本を読んでいるのかっていうと、元々は資源インフレという本を読んでからエネルギー問題にちょっと関心を持つようになって、日本の場合に中東の石油資源に頼っている部分がかなりあるけど、その中東情勢っていうのが新聞なんかの報道でイマイチこうわかんないことが多くって、シーア派―台頭するイスラーム少数派なんかや今回読み終えたイラン 世界の火薬庫なんかを読むようになりました。

この本読んで、2つ勉強になったのが、1つは革命防衛隊という存在がイランの中ではかなり影響力があるっていうことと、もう1つは地政学的な観点で各国の思惑があってそこで対立しているように感じました。

最初の革命防衛隊ですが、
革命防衛隊は、イラン革命の急進的で戦闘的なイデオロギーをそのまま継承し、強硬な外交スローガンを唱えつづけている。また、軍備の拡大とともに治安維持活動を厳重に行い、イラン・イスラム政権と一体の軍隊であり続けている。まさに革命防衛隊は、体制の支柱であり、イスラム共和国が継続しているのもその存在や活動によっている。(P.77より)
ということでその存在はイラン内ではかなりのものがありそうで、実際2005年にアフマディネジャド大統領が選出されるのですが、この人は革命防衛隊出身だそうです。

この革命防衛隊の影響力について米欧諸国は
1990年代中期になると、アメリカをはじめとする米欧諸国や、その中東における同盟諸国によって「イラン脅威」が声高に唱えられるようになった。この「イラン脅威論」の重要な要因として革命防衛隊の急進性がある。(P.59より)
ということで、イラン脅威の根底にあるものがこの革命防衛隊という認識みたいです。

もう1つの地政学的な観点の方ですが
イラン人の多くはイランがペルシア湾岸や南西アジアで優越した国力を持つべきであると考えていて、イラン革命は、イランがイスラム世界の知的な面において指導的な立場にあることを示すものだったと考える人が少なからずいる。
つまり、イラン政府によるウラン濃縮活動の継続はイラン人のプライドを表すもので、さらにイランが核兵器を保有することになれば、イランは世界でも核兵器を持つ希少な国になり、国際政治におけるイランの地位は格段に向上することになると考えているのだ。(P.32より)
というスタンスがまずイランにはあるけど、それに対しての周辺諸国の位置づけがかなり複雑。

パキスタンは、シーア派を異端児扱いするデオバンド派が信仰される国。インドと対立しているが、インド、イランとに挟まれている関係で、イランとの敵対関係は望ましいものではないそうです。

サウジアラビアではワッハーブ派が信仰されているそうで、デオバンド派はこのワッハーブ派の思想的影響を受けているそうです。イランとサウジアラビアの関係が良好でないのは、イラン革命後にホメイニがサウジ王政に対して痛烈な批判を浴びせたことがその要因となっているそうです。

パキスタンで信仰されているデオバンド派の原理主義者はパキスタンからアフガニスタンで台頭していて、タリバンはデオバンド派の組織らしく、イランにとっては脅威だけど、対テロ戦争でタリバンの脅威がなくなった。ただアフガニスタン経済を支えているアヘンの収入が反政府勢力に流れているかもしれないということがあり、イランとアフガニスタンとの間では緊張関係がある

こうやって書いてみても頭の中でその対立関係がイマイチ見えづらいというか入りくんでいてやっぱり一筋縄ではいかないですね。
イラン  世界の火薬庫
イラン 世界の火薬庫
posted with amazlet on 07.06.21
宮田 律
光文社 (2007/05/17)
売り上げランキング: 4802
おすすめ度の平均: 4.0
5 イランを通じて正しい世界理解を
3 アフマディネジャドのイラン

[PR]
by h5y1m141 | 2007-06-21 11:33 | メモ

Linuxの勉強しました

今日は会社がお休みだったので近所のカフェでMacとLinuxサーバHacks―プロが使うテクニック&ツール100選を持参してちょっと勉強していました。

サーバーが今何をしているかの手がかりを得るには、単にps ax を実行します。
〜中略〜
inetdが接続を待ち受けているプログラムについては、 grep -v ^# /etc/inetd.confか、あるいはもっと端的にnetstat-lpを実行して(P.3)より
ということで、ためしに、grep -v ^# /etc/inetd.confしたのですが、inetd.confがないとおこられてしまった。

もしかしたら、TCP Wrapper つかっていなかったのかな?これはインターネットに繋がる状況になったら調べる必要あるね。chkconfigコマンドによる自動起動の設定を読んだら、Vine Linuxでは/sbin/chkconfigでサービスのコントロールしているみたいでした。

以下↓/sbin/chkconfigの実行結果抜粋
nfs 0:off1:off2:off3:off4:off5:off6:off

setuidやsetgidされたバイナリの場合、状況が非常に悪くなることがあります。ディストリビューションの管理者は、基地のsetuidやsetgidされたバイナリの不正利用をすべて確実に解消すべく精を出していますが、1〜2ヶ月ごとに予期していない不正な利用方法が新たに登場しているように思います。(P.27より)
とあってfind / -perm +6000 -type f -exec ls -ld {} \;とすることで、setuidビットやsetgidビットがセットされたファイルをすべて検出できるとのことで実行したら
-rwsr-xr-x 1 root root 18252 9月14日 2006 /sbin/unix_chkpwd
-rwsr-xr-x 1 root root 11112 9月14日 2006 /sbin/pam_timestamp_check
-rwxr-sr-x 1 root root 3816 11月15日 22:55 /sbin/netreport
 〜中略〜
-rwsr-xr-x 1 root root 37648 9月20日 2006 /bin/ping
-rwsr-xr-x 1 root root 30744 6月13日 2006 /bin/su
という感じで出力された。
ちなみに
setuidビットを無効にすると、コマンドはもはや一般ユーザからは使用不可能になりますが、rootユーザではきちんと動作します。(P.27より)
ということで、本書でかかれていた不要と思われるものをピックアップ。
/usr/bin/atとかはatコマンドを使う必要がない状況なら無効にしてもよいのかも。無効にするにはchmod a-s /usr/bin/atだそうです。
あとは、pingコマンドだけど、ユーザにこれを使わせるかどうかを検討してみてもよいと思うので、自分のVMWare上のやつでは無効にしました。コマンドはchmod a-s /bin/{ping,ping6}とすることで、/bin/ping,/bin/ping6の両方が無効にできるっぽいです。

あと気になったのが、/usr/bin/write。これはちょっと引用すると
writeは他のユーザの端末に書き込むため、ttyグループにsetgidする必要があります。これは一般的には安全な操作ですが、他のユーザの端末に不正なデータを書き込んだり、大量に書き込んだりする不届きな人に悪用されるおそれがあります。(P.28より)
ということで、状況によっては無効にしてもいいのかなぁ。

ここで挙げたことは当然絶対的なものではなく、サーバをたてる時に常にその用途を考えて、用途上不要なものは利用しないというのがまずは大事なのかと。
いづれにしても、知らないことが多いので、まだまだ勉強の余地がとっても多いなぁ。。。

LinuxサーバHacks―プロが使うテクニック&ツール100選
ロブ フリッケンガー Rob Flickenger 山口 晴広 イメージズアンドワーズ
オライリージャパン (2003/11)
売り上げランキング: 79170

[PR]
by h5y1m141 | 2007-05-22 21:14 | メモ

ブログの引越し

このエントリで知ったのけどlog2mtというツールでエキサイトブログの過去データを
エクスポートできるらしいので、早速試してみた。

エクスポートは、デフォルトスキンしか対応していないみたいだったので
スキン変更してやってみたけど、吐き出されたデータはなぜか空白・・・・

まぁ引越しするつもりないからいいんだけどね。
[PR]
by h5y1m141 | 2006-01-21 22:55 | メモ

PSP にまつわること

一時期ほったらかしにしていたけど、ここ数ヶ月は1日1個以上のペースでブログつけていたので、気がついたら、200件突破していた。(これは201件目)自分の性格からして1,2ヶ月で飽きるような気がしたけど意外に長続きしているなぁと思った。

で、肝心の本題のPSPにまつわることで、よくチェックしているPSP Freaks さんのブログでちょっと興味深いエントリがあったので、メモ

PSP用Webブラウザ

PSPのリミッターをどうとらえるか
[PR]
by h5y1m141 | 2005-03-28 13:19 | メモ

PSPで動画を見る方法

うちには無いのであんまり意味無いけど、こちらでPSPで動画をみる方法が書いてあったのでメモ
[PR]
by h5y1m141 | 2005-02-08 14:49 | メモ

[エコロジー]ペレットストーブ

ペレットストーブは、部屋の空気を汚さず、石油ストーブなどに比べ、温室効果ガスの排出量も少ないらしい。また、ペレットストーブは、朽木やおがくずなど、本来活用できずに捨てていたようなものをかたまりにした木質ペレットを燃料にしている。

難点は、製造コストがかなり高い(数十万円台~)

<参考情報>
・ペレットストーブを販売している会社

・内子小に廃材を利用したペレットストーブ導入(愛媛)

[PR]
by h5y1m141 | 2005-01-27 10:58 | メモ

[少子化関連]フランスの保育事情について

お金について考えたことさんが少子化関連の話の中で他国(フランス)で提供されている保育サービスについてかかれれていたので、メモ。
フランスの保育事情について
== 一部引用 ==
日本ほど労働時間が長くない
== ここまで ==

いまの会社の方たちを見ると、日本の方は1日あたりの労働時間のみならず、年間通してもあまり休まない傾向にある気がしますが、外国(特にヨーロッパ)の方たちは、1日当たりの労働時間も日本ほどは長くないだろうし、長期休暇も日本では考えられないくらいとりますから、このあたりは実感としてわかる。

フランスの保育事情その弐
に対してのantiECOさんのコメントが興味深かった。やっぱり国が代わると文化、風習などいろいろ異なるというのがあらためてわかった。

<おまけ>
国民性についてのジョークについて書かれているページをExcite翻訳で訳してみました。

食料難における世界的な調査


Aworldwide調査は国連によって指導されました。 行われた唯一の質問は以下の通りでした。

「他の国々における食料難の解決策に関するあなたの最も正直な意見を与えてくれますか?」

調査が完全な失敗であった、:

アフリカでは、彼らが、「食物」が何を意味したかを知りませんでした;

西欧では、彼らが、「不足」が何を意味したかを知りませんでした;

東欧では、彼らが、「意見」が何を意味したかを知りませんでした;

中東では、彼らが、「解決策」が何を意味したかを知りませんでした;

南米では、彼らが、何が意味されていた状態で「喜ばせるか」を知りませんでした;

アジアでは、彼らが、「正直」が何を意味したかを知りませんでした; そして

合衆国では、彼らが、「他の国々」が何を意味したかを知りませんでした!

[PR]
by h5y1m141 | 2005-01-25 09:18 | メモ