持ち歩く手帳を変えることにしました

a0033832_20531980.jpg

以前(たぶん)初めて手帳を持ち始めましたというエントリで手帳について触れましたが、この前日経アソシエの成長し続ける人の ノート術という特集に情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」のエッセンスが書かれていたこともあり、自分の手帳の仕組みを見直す事にしました。

見直そうと思ったのは、普段のアナログ情報が
■超整理手帳を活用
・朝起きた時の気持ちを書き留める
・その日の走った距離を記録
・その日にたべたご飯の記録

■メモ用紙(主にRHODIAのA4のやつを活用)
・勉強会や読み終えた本のまとめ
・その他考えごとをしている時のアイデア

という感じで、用途別にバラバラになっており、特にメモ用紙は、まぁ後で必要になることがあまり無いだろうと思ったのと、あったとしてもどのように整理しておけばいいか全くアイデアなかったので、使い終わったら捨ててました。

うまい仕組みが考えられれば、折角まとめたものだから保存はしときたいなぁーと、どこかで思っていたので、情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」のPC使ってアナログ情報の索引を作成して検索しやすくする仕組みというのを取り入れれば、自分としてはかなり有効な気がしたので自分流にアレンジしました。

自分の中では、デジタル情報で特に外部に公開してもさしつかえないアイデアや書評的な内容はこのブログでまとめてきたこともあるので、アナログ情報の索引情報はこのブログにまとめておくことにします。

今まではデジタル情報中心で管理していたけど、最近思うのは自分の所有しているMacのモニターの解像度の問題もあるけど一覧性とか、全体をおおまかに把握したいというニーズには適さないのと、アイデアを図表使ってまとめる時にもやっぱり適さないので、こういう部分はアナログ情報で処理して、それらを後で見返せる仕組みをデジタル情報をうまく取り入れれば良いんだなぁって思っています
[PR]
by h5y1m141 | 2008-08-30 21:22
<< 「食」を通じて、生きる力につい... しょぼい自分を大物に見せる技術 >>