フェルマーの最終定理

会社のブログでも触れたのですが、フェルマーの最終定理を今日やっと読み終えたのですが、小難しい分野の本を
専門的な数学を事細かに説明せずとも、数学上の業績の偉大さをこれだけ説得力をもって訴えうるというのは、たいへんな力量である。フェルマー関係の本や数多く刊行されているけれども、”フェルマーの最終定理”の証明が数学全体にとってどういう意味をもつのかをドラマティックにわかりやすく描いているという点で、本書の面白さは群を抜いている。(あとがきより)
という言葉通りだと思います

暗号解読を読み終えたときも感じたのですが、著者のサイモン・シンのすごい所が、専門家にとっては当然理解がしやすいけど素人にはなかなかそう簡単には理解しづらい領域のことについてわかりやすく説明がされているだけではなく、それをとりまく人間の葛藤とかという部分について丁寧な描写がされているという点がすごいなぁーって素直に思える

次はビッグバン宇宙論 読む予定です
[PR]
by h5y1m141 | 2007-10-12 22:50
<< 現代の貧困―ワーキングプア/ホ... テレビはインターネットがなぜ嫌... >>