ビルゲイツの面接試験-ビジネス編

最近、他の方のブログを読む時間がなくって、この間まとめて読んでいた時に、ビルゲイツの面接試験-ビジネス編というエントリで面白いビジネスの問題が出てました。
【1】 チープ革命の波は企業だけでなく個人にまで押し寄せている。個人が会社に属さずにウェブでビジネスをして十分に食って行くことができる時代が来ようとしている。

【2】 クレジット・カード詐欺やフィッシング詐欺が増えた結果、消費者がオンラインで個人情報を与えることにとても慎重になっている。その結果、 Amazon、Walmartなどの「信頼できる大手e-コマースサイトでしかオンライン・ショッピングをしない」消費者が増えている。

まずは自分なりに整理してみたのですが、1について考えると、インターネットの普及により、ビジネスの立ち上げで従来必要としていた各種諸経費がタダとはいわないまでも、かなり格安になってきており、例えば一昔前ならば、仕事では書かせないWordやExcelというソフトもGoogle Docs & Spreadsheetsのような機能をつかえば、ある程度は代替えになるかもしれず、ウェブ上でビジネスをする上でのインフラがある程度は整ったのかと思います。

が、一方2について考える際、インターネット上のサービスというのは、消費者の立場からすると、信用=大手(というか知名度?)という図式が頭のどこかにあるために、個人がほそぼそとやるようなサービスには見向きもしないのではと思ってしまい、実際自分もいまだにネット上で何かを買う際には、結構保守的だからかもしれないけど、割と大手というか有名な所を頼ってしまいます。

こう考えると、個人がインターネットを活用してビジネスを始めるのに心理的敷居は低く、リスクも低そうなので、参入しようと思って、実際にそういうものを使おうとする消費者の側からすると、会ったことも無い、どこの馬の骨ともわかんないモノは使わないよーっていうことになるんではないかと。

実は、ここまでのまとめは、一昨日くらいまでにアタマの中でまとまったのだけど、これを解決する方法みたいなのがイマイチ思いつかなかったけど、ふと今朝、思ったのが、こういう個人がインターネット上で営んでいるサービスについて、どの程度の信頼性があるのかをある程度保証するサイトがあってもよいのかと思った。

リアルの世界だと新規にお取り引きをする企業が出た場合に、例えば、帝国データバンクの情報を元にするケースというのが少なからずあると思うけど、こういう仕組みを取り入れて、個人が運営しているインターネットビジネス自体を評価&それを、みんなで共有するサービスを提供するサイトがあってもよいのかも。

ただ、なんかこういうサービスっていうのがどっかにありそうな気がするなぁ....
[PR]
by h5y1m141 | 2007-03-02 21:49
<< 字幕.inのミクシィ まずは小さな世界で1番になる >>