OUTPUTのモト

a0033832_21483252.jpg書籍名をメモらなかったので、タイトルを忘れたのですが、この前、本屋で立ち読みした本で、アイデアや企画をどのようにしたら出せるのかというようなことが書かれていた本に、このようなイラストがありました。

INPUTがベースとなって、OUTPUTとして企画案なり、アイデアなりというものが出てくるわけであって、INPUTされていない領域についてOUTPUTをだすのは、無理ではないかというようなことが書かれていました。

最近、社内の人向けにコンピューターネットワークに関しての勉強会をやることになって気付いたのですが、勉強会やるための資料作成の段階で、どういう言い回しをすれば、みんなが理解できるのかを想像したりする際に、まさにこの絵のように、自分の今までのINPUTをベースとしてアイデアが出てきた感じがします。

ついでに言うと、人に何かを教えたり、説明したりする際に、相手の理解度に会わせて、話す必要があるのですが、中途半端なINPUTしかないと、臨機応変なうまい説明ができなかったりして、ちょっと悔しい想いをしたりします。(実際、今日も勉強会で説明したのですが、どうもいい説明ができなかったみたいで、みんなのアタマの中は「???」という文字だらけだったっぽい.....)
[PR]
by h5y1m141 | 2006-12-07 22:01
<< 第1感 「最初の2秒」の「なん... 検索キーワードって世相を反映している >>