絵を右脳で描く

折角の夏休みだし、違ったジャンルの本でも読もうかと思ってジュンク堂に行き、普段は行かない美術書籍などがあるフロアーに行き、最近、絵を描くのが上手になりたいなぁって思っていたから、デッサン入門のような本があるのではと思って、デッサン関係の棚を探していたら、自分の思い描いていたのが、見つかった!

前にこのエントリーでもちょっと触れた脳の右側で描けっていうやつの本があって絵を右脳で描く—「描く能力」が劇的に向上というタイトル。

買ったのは昨日だったけど、他の本を読んだり、長瀞の写真をFlickrにアップしたりして時間なくなったので、今日さっそくこの本読みながら、右脳で描くことにチャレンジしてみました。

これが本にあった見本
06-08-30_20-41.jpg

これが、本のやり方にならって描いた絵
06-08-30_20-42.jpg

右脳をつかっているからかどうかはよくわかんないけど、ひじょーーに疲れた。書いた紙がRHODIAの小さめのやつだったからちょっと書きづらかったから、それが原因かもしれないから次は大きめの紙で描いてみよっと
[PR]
by h5y1m141 | 2006-08-30 20:55
<< 超一流じゃなくても「成功」できる 夏休み >>